THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブロガー。文字でエンタメを発信中

YouTubeとかツイキャスの動画配信者って防音の部屋で配信しているのだろうか

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

YouTubeやツイキャスの動画配信者って防音の部屋で配信しているのだろうか

おはようございます、M&Oです。

今回は動画配信者の配信を行っている部屋について書いていきたいと思います。

 

YouTubeやツイキャスやふわっちなど、いわゆる一般の人が気軽に動画を配信することが出来るようになっている昨今、多くの動画配信者が存在していて、人気がある人は芸能人をしのぐほどの人気を獲得しています。というか芸能人でもYouTubeに進出している人が結構出てきているほど、インターネットを通しての動画配信は勢いを増すばかりとなっています。

僕は3年前までパソコンを持っていなかった人間なのでこういったことには非常に疎かったのですが(スマホで観れるだろという話なのですが)知人の影響でツイキャスやYouTubeを観るようになっています。YouTubeは昔から観ていたのでYouTuberを観るようになったといった感じでしょうか。

面白いものもあれば正直言って全然面白くない人たちもいて、趣味嗜好が合うかどうかも大きな問題になるわけですが、単純にインターネットの動画の場合は観たくなければまったく観ないで済むわけで、テレビのようにうっかり観てしまう事もないのでやはりネットの世界は強いなぁと感じます。早送りも巻き戻しもいつでも自由自在ですしね。

そんな感じでツイキャスやYouTubeを観る機会が昔よりも断然増えているのですが、いろんな動画配信者の動画を観ていて大きな疑問を感じていまして。

そしてこれは多くの人が持っている疑問なのではないかと思うのです。

f:id:myprivatecomedy:20200122005718j:image

明らかに稼いでいる人はわかるけど有名じゃない動画配信者は騒音にならないのか

売れている動画配信者、ユーチューバーの人たちはかなりのお金を稼いでいるので、壁も分厚い防音がしっかりされているマンションに住んでいる人が多いと思います。分譲賃貸とかとにかく高そうな部屋だなぁと背景を見て感じることも少なくありません。

ホリエモンはあらゆるところから動画配信しているので、皆さん必ずしも自宅から配信しているわけではいないですし、スタジオ的なところから配信をしている人もたくさんいらっしゃいます。ただそういった方々はかなり稼いでいるひと握りの人たちなわけで、まだまだ閲覧数が少なかったりする動画配信者はほとんど収益が出ない中で動画配信を行っているわけで、金銭的に余裕がない人が多いと思います。そういった人たちはそうそう防音のしっかりした部屋に住めないと思いますし、防音設備どころか壁の薄い部屋に住んでいる可能性も非常に高いと思うのです。

そう考えるとあんなに延々と夜中に結構な大きな声で喋っているけど大丈夫なのか?と思ってしまいます。大きな声までいかなくて普通の声だとしても、夜中であればそれなりに隣に聞こえてしまうと思うのです。深夜にライブで配信を行っている配信者って多いので、なおさら近所の人は大丈夫なのだろうかと要らぬ心配をしてしまったりするのです。

というのも僕がもしも動画配信者の隣に住んでいたらかなり嫌だなと思うからです。だってもしもひっきりなしに喋っている声が夜中に聞こえてきたら、さすがにイライラしてしまうでしょう。そしてタチが悪いことにそれで生計を立てている場合、例えば管理会社に注意してもらったとしても、やめられないですよね。やめたら家賃が払えなくなるという悪循環に陥ってしまうわけで、ただの音楽を聴いていたりテレビの音が大きいなどの娯楽の騒音とは種類が違う気がします。

詳しく知らないけど僕が観るようになってから引っ越しをする配信者も何人か見てきているので、もしかしたら苦情が来て配信できなくなったから引っ越すみたいなこともあるのかもしれません。というかあっても全然不思議じゃないと思います。僕がもし隣に住んでいて夜中に毎日喋られたら申し訳ないですが管理会社に苦情を入れてしまうと思うので。昼間なら全然我慢しますけど。

これから先『動画配信者お断り』という入居審査ができるかもしれない

これから動画配信者ってどんどん増えていくと思います。お金を稼げるかは別にして誰にでも気軽にできるようになっていますし、自分の趣味や好きなものについて発信できることも魅力的ですし、それがマネタイズできるとなれば趣味でやるにしてもとても有意義な趣味になると思います。

しかしもしも配信者が増え続けて世の中に部屋で配信を行う人が増え続けたら、それだけ配信による騒音の苦情やトラブルも増えると思います。そうなるとトラブルなんてできる限り避けたいマンションのオーナーや管理会社は動画配信者は騒音トラブルの元と考え出す可能性も十分あると思います。

ブルーハーツの楽曲で『不動産屋に行けば親父がこう言った ギター弾きに貸す部屋はねぇ』という歌詞がありましたが『配信者に貸す部屋はねぇ』なんてことになりかねない気がします。

エンタメの形が変わっていくのは全然いいと思うのですが、それに応じた環境の変化も必要になってくると切に思います。

www.myprivatecomedy.net

                                M&O

映画のある生活を。まずは一か月無料でお試し。