THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブロガー。文字でエンタメを発信中

ダイナーズクラブのCMに出演の俳優永瀬正敏は日本映画界の功労者 ブレない個性

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ダイナーズクラブのCMに出演の俳優永瀬正敏は日本映画界の功労者 ブレない個性

こんにちは、M&Oです。

今回は日本を代表する俳優『永瀬正敏』さんについて書いていきたいと思います。

 

現在『ダイナーズクラブ』のテレビCMに出演している永瀬正敏さんですが、映画を普段ご覧になられない人は永瀬正敏さんのことを知らない人も多いかもしれません。特に若い世代の人にはかなり多いのではないでしょうか。

若い世代ではない人は永瀬正敏さんのことを知ってる人も多いのですが、永瀬正敏さんの話が出るとほとんどの人が『懐かしい』や『いま何やっているの?』といった発言をされます。僕はこういう感想を聞くと『ああ、やっぱり日本映画を観る人口ってそんなに多くはないのだろうか』としみじみ思ってしまうのです。

なぜなら永瀬正敏さんは現在もバリバリ精力的に映画に出演し続けているからです。

確かに単館系と言いますか、規模の大きくない映画に出演されることも多いですし、それは作品選びにこだわりを持っている永瀬正敏さんだから結果的にそうなっているだけであって、ご自身が魅力を感じている作品であれば大作系の映画にも多く出演されています。

永瀬正敏さんが日本映画に大きな貢献をしている俳優であることは間違いない事実ですし、思えば昔から永瀬正敏さんはそのオリジナリティあふれる活動とブレないこだわりで俳優人生を歩んできた人なのです。

作品選びのこだわりが映画のみならずCMでも際立っている俳優・永瀬正敏

永瀬正敏さんは『ションベンライダー』という映画でかなり早い年齢で映画デビューを飾っています。そこで映画の魅力に憑りつかれ映画俳優としてその後の人生を生き今に至るといった感じなのですが、永瀬正敏さんは作品選びが他の俳優と一線を画しているといった印象が非常に強い俳優で、規模の大きい小さいに関わらず、ご自身が魅力を感じたり面白いと思った映画には出演するといったスタンスをずっと続けている俳優なのです。

山田洋次監督の映画にも出演し(『息子』『学校Ⅱ』など)、日本アカデミー賞を受賞しながらも次作では大衆受けはしないであろう映画『死んでもいい』の出演を事務所の反対を押し切って果たしたりと、『普通はこうするでしょう』という常識に捉われない活動を続けてきている俳優です。

ご自身が面白いと思った監督の映画には例え無名であっても出演する人なので、永瀬正敏さんが出演してくれることで一気にその映画の注目度は上がるわけですから、これからの監督にとってはこんなにありがたい俳優はいないと思います。

ちなみに僕は永瀬正敏さんの『濱マイクシリーズ』が大好きです。後にテレビドラマになっているのですが、僕が好きなのは映画の方で三部作構成で作られているのです。

『我が人生最悪の時』『遥かな時代の階段を』『罠』という三部作になっているので、ご興味ある方は是非ご覧ください。一見の価値はありますし僕はかなりハマりましたので。

そんな稀有な存在の俳優・永瀬正敏さんですが、その個性はCMに出演する際も十分に活かされていまして。今回ダイナーズクラブのテレビCMを観た時に『ああ、やっぱり作品選びのセンスが抜群なお人だ』としみじみ思わされたのです。

思えば永瀬正敏さんが出演してきたテレビCMってどれもオシャレだったりコミカルだったりでセンス抜群のものばかりだったのです。

f:id:myprivatecomedy:20200121113330j:image

ダイナーズクラブのCMを見て永瀬正敏のこれまでの出演CMを振り返る

個人的にダントツ一番好きな永瀬正敏さんの過去の出演CMは『サントリーカクテルバー』です。このCMは面白いという印象が強いのですが、永瀬正敏さんがあえてダサいような演出の中で結局オシャレでカッコいいといった感じですごく好きなCMなのです。

『愛だろ、愛』のキャッチフレーズを覚えている人も多いのではないでしょうか。

f:id:myprivatecomedy:20200121114042j:image

f:id:myprivatecomedy:20200121114055j:image

また『サントリーBOSSコーヒー』のCMでもかなり面白い演出で印象を残してくれていました。

現ソフトバンクの『J-PHONE』も覚えているし、SEIKOの腕時計のCMもすごく覚えているし大好きでした。『愛してる!だけで発電する!』!みたいな感じのCMでした(笑)

『キリンファイア』のCMではクールでカッコいい顔を魅せてくれていて、レザージャケットに憧れたのはこのCMの影響だったようなきがします。

そして『日清カップヌードル』もかなり印象的なCMだったので覚えている人も多いのではないでしょうか。20世紀を振り返りながら永瀬正敏さんが合成で登場していたCMですね。エルビスプレスリーやジョンレノンと共演を果たしているCMです(笑)

f:id:myprivatecomedy:20200121114919j:image

挙げだしたらキリがないといった感じになってしまいました。ただ確実に言えることは永瀬正敏さんって『ありきたりなCM』には一切出演していないんですよね。

非常に強いこだわりを感じますし、お金的な面で活動してないということも強く感じます。

こだわりの活動の影響で永瀬正敏さんは世間一般で言うと少々コアな存在になってしまっているかもしれません。しかし永瀬正敏さんは今の若い世代にももっともっと知ってもらうべき俳優だと思いますし、永瀬正敏さんがこれまでいかに日本映画界に貢献してきたかももっと知ってもらいたいです。

www.myprivatecomedy.net

www.myprivatecomedy.net

                                 M&O

映画のある生活を。まずは一か月無料でお試し。