THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

これから先の受験や試験は『いかに効率良く検索できるか』を求めるべき

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

これから先の受験や試験は『いかに効率よく検索できるか』を求めるべき

おはようございます、M&Oです。

今回は『受験や試験』などについて書いていきたいと思います。

 

センター試験が実施されて、ネットニュースを見ていたら試験中にスマホを取り出して見つかった生徒が成績をすべて無効にされたというニュースがあり、しかも生徒の言い分が『わからない問題を検索しようとした』というもので、あまりに正直な言い分に思わず『おいっ!』と突っ込みたくなりつつも、考えようによってはこれって実生活において、社会人として優秀な人が取る行動なのではないかと思ったのです。

今の時代に何かを暗記する必要って実際ほとんどないと思うのです。記憶力を求められる時って今の時代どんな時なのだろうかと考え込んでしまうほどに、記憶力って必要のないものになってきていると思うのです。

例えば仕事の時に記憶力がいい人は瞬時に答えを出すことが出来ることによって『すごい』といった称賛を浴びることはあるかもしれません。ちなみに僕はなんとも思いませんが。なぜなら大体の物事はググれば答えが出てくるからです。すべてとは言いませんがほとんどはググれば解決することが多いでしょう。

しかも記憶に頼って出す答えよりも新鮮な答えを得ることが出来ますし、曖昧な記憶よりも信憑性も高い答えが得られます。昔であれば文献を漁ってとかやっていた作業なので、時間的にも記憶力がいい人の方が重宝されていたと思いますが、今は調べることに要する時間もさほどかかりません。「うーん、うーん、なんだったっけ」と頭を悩ませている間に検索して答えを出すことが出来てしまうわけです。

凄い初歩的な例えで申し訳ないのですが、例えば「台形の面積ってどうやって求めるんだっけ!?」となった時だって、台形の面積の求め方はググればすぐに出てくるはずです。思い出せない時というかもはや覚える必要はないと言っていいと思うのです。

そうなるといかにうまく検索できるかの方がよっぽど必要なスキルになってきます。

f:id:myprivatecomedy:20200120004233p:image

いかに的確に効率よくググって答えを出せるかが試験になる?

センター試験で「わからない問題を検索しようとした」生徒が見つかって成績を無効にされたという今回のニュースですが、もちろん現在行われているセンター試験では禁止されていることをやってしまったわけですから、アウトです。ルール違反はいけません。

ただ時代としてはすでにこういう時代になっているのだと思います。そして時代に合わせてセンター試験の内容も変わるべきだと思います。

例えばスマートフォンの持ち込みも使用も完全に認めた状態で、もしくはスマホじゃなくてもいいです、ノートパソコンでも本が良いな本でも良くてとにかく自分の好きな調べるためのツールを持ってきていいというルールの中で試験を行うのはどうでしょうか。もちろん試験勉強したい人はしてきてオーケーですし、暗記したい人は前もって暗記してきていいというルールは現在と変わりません。ただ試験中にわからない部分は自分のやり方で調べてオーケーというルールが加えられている状態です。

しかしこのルールだと、試験時間に余裕があるとほとんどの人が高得点をたたき出すことになると思いますので、試験時間を大幅に短くすることが必要になるかと思います。つまりいかに短時間で効率よく信憑性の高い答えを検索して導けるかの試験になってきます。

この方がよっぽど実生活で役立つ力が身につくと思いますし、勉強や研究を行うにしても暗記することに時間を取られなくなっていいこと尽くしな気がしてなりません。

そもそもなぜ暗記したのかの試験をずっとしてきているのだろう

英語にしても単語の意味だってすぐに調べられるし、ある程度の文章ならそのまま訳して表示してくれます。暗記していることによって英会話ができるようになっているのだとしたらメリットとして挙げられると思いますが、受験や試験で使った英語というのは英会話にはあまり役立たないというのはよく聞く話ですよね。

日本史や世界史にしても何がいつ起こったのかなどは調べればすぐにわかるのだから暗記する必要なんて実は一切ないのではないでしょうか。理系の教科はよくわからないけど、元素記号とかも暗記しなくてはいけないものなのだろうか。

なんだか無理やり暗記させられていることが罰ゲームのように感じてきてしまいました。一昔前は暗記したところで二等辺三角形の面積を求める機会なんて学校の勉強以外にないなんて話題がよくされていましたが、もう今となっては暗記すること自体が必要なくなっているのです。それならブラインドタッチやフリック入力をいかにスピーディーにできるかに尽力したほうがよっぽどいいのではないでしょうか。

文字を書く必要もどんどんなくなっていくのではないかとさえ思いますし、時代に合わせて試験の形もどんどん変わっていくべきだと思います。

今回のスマホを取り出して検索しようとしたカンニングは明らかに昭和のカンニングとは違うわけで、発想的には間違っていないんだよなとなんだか妙な気分になってしまうニュースでした。もちろんルール違反なのでダメはダメなのですが。

逆に言えばスマホ一台あれば解けてしまうということになるわけで、それならそれでいいじゃんと思ってしまうのです。

                                  M&O