THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 映画レビュー・俳優に関することやインターネットや暮らしに役立つことを発信

映画館の売店を映画を観ない人も気軽に買えるようにしたら売り上げは上がる?

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画館の売店を映画を観ない人も気軽に買えるようにしたら売り上げは上がる?

こんにちは、M&Oです。

今回は『映画館の売店』について書いていきたいと思います。

 

皆さんは映画館の売店で買い物をしますか?映画鑑賞しながらポップコーンを食べるなんて人もかなり多いのではないかと思います。また、何かを食べないにしても飲み物だけでも買うといった人も多くいらっしゃるのではないかと思います。

映画館の売店コーナーは現代ではコンセッションを呼ばれるものなのですが、ほとんどというかほぼすべての利用者が映画を鑑賞する人だと思います。映画館によってはロビーを開放している映画館なんかは他の利用者もいるかもしれませんが、割合で言えばほぼすべての利用者が映画鑑賞に来ている方々ということになると思います。

『映画館の中にある売店なんだから当たり前だろう。何を言っているんだ。』と思われると思いますが、現状は確かに仰る通りです。映画館のロビーにあるので基本的には映画を観に来た人しか利用しませんし、利用どころか映画を観に来ていないと目にも入らないでしょう。

思うのですが、映画を鑑賞しに来ていない人も買えるような、利用したくなるような売店にしたら、映画館の売店(コンセッション)の現状もかなり変えられるのではないかと思うのです。

映画を観ない人も売店で目当てで訪れるような売店を目指す

名物メニューや珍ししいポップコーンとか、なにか売りになるものを作れれば『売店目当てで映画館に来場する』といった人たちが増えるかもしれません。そうすることによって売店に買い物に来ることが目的だったけれども、ついでに映画でも観て行こうかしらと相乗効果も望めるかもしれません。

タピオカでもオムライスでも新たに発案した商品でもいいわけですが、映画館の売店というよりかは普通のお店として存在していて、映画館の売店も兼ねているといった状態ができれば、お客さんの数もさらに増えて、どうしても高いと言われている映画館の売店の値段も下げることが可能になるかもしれません。

映画館ってかなり大変みたいで、映画館を支えているのは売店の売り上げだという話をよく聞きます。僕は映画館の経営に関わったことはないですが、これまでかなり耳にしてきた情報なので、たぶん本当なのでしょう。

ということはなおさら映画館は売店に力を入れるべきだと思うのです。正直シネコンが普及し出してからイメージを変えようとする努力などで売店(コンセッション)に力を入れているのはわかるのですが、メニュー・価格帯などを考えてももっと斬新なものがあってもいいのになぁと思います。

f:id:myprivatecomedy:20200112222430j:image

売店への集客を増やす事で価格は下げられないだろうか

映画館の売店に対して多くの人が持っているイメージは『高い』ということだと思います。確かに高いと思います。ただ映画館に行く人は結構な映画好きでもない限り頻繁に映画館に足を運ぶことはないと思いますので『たまにだし高くても全然オーケー』ということで買っている人も多いと思います。

またデートで頑張っちゃう男性はいろいろと彼女に驕ったりすると思うのですが、これもたまに映画館に行くからということが大きいと思います。下手したらディズニーランドに行くぐらいの頻度ぐらいしか映画館に行かないという人も全然いらっしゃると思います。まぁディズニーランドに行く頻度も人によって全然違うので変な例えですが。僕が全然行かないのでつい。

こういった『たまにだからいっか』と思い売店を利用する人もいれば、映画館の売店が高いというイメージが強いことから、映画館が禁止をしている『持ち込み』をしてしまう人も多く見受けられます。スーパーやコンビニでジュースやお菓子を買ってきてバッグに入れて持ち込むといったものです。もちろん映画館が禁止しているので禁止なわけですが、これも気持ちがわからなくもないんですよね。映画館で普通に映画を観て1800円。これにポップコーンとジュースを買ってプラス500円とかになると、頻繁に映画館に行く人にとってはかなりの出費です。ただでさえ映画館離れが叫ばれている中でせっかく映画館に足を運んでくれているわけで、持ち込みぐらい少しは仕方ないのかなぁなんて思いも正直あります。場所や映画を提供している映画館が禁止しているわけなので、もちろんダメな事は間違いないのですが、それならば高い商品があってもいいけどもっと安い商品があるべきだと思います。

そのためには映画鑑賞目的以外のお客さんも売店に来るようにして、集客を増やして売り上げを上げるのがいいと思うのです。そうすれば値段も少し下げられるのではないかと。

映画鑑賞目的以外のお客で映画鑑賞目的の人が売店を使いづらくなる?

もしも映画鑑賞目的以外の人たちが映画館の売店を利用し始めて混雑するようになったとしたら、映画鑑賞を目的に映画館に来ている人が売店が異常に混んでしまい迷惑するのではないかということを危惧されるかもしれません。

しかしこれに関しては『表と裏システム』を導入すれば問題はないかと思います。ロビーの表側は映画を鑑賞する人もしない人も利用できる形にして、チケットをもぎった後の劇場への導線に裏側として売店利用できるスペースを確保しておけば映画鑑賞目的の人は裏側から売店を利用すれば問題ないと思います。

人件費はこれまでよりもかかってしまいそうですが、もしもこれぐらいの集客が可能になればそれぐらいは大目に見れるのではないかと思います。というか時代的に売店とか無人になりそうな匂いがかなりしますし。

もしくは売店を通りに面したところに出してしまってもいいかと。ショッピングモール内の映画館であれば通路側に売店をせり出させてしまったり。映画を観る人以外にも売店を利用してもらうことをもっと目指すべきだと思うのです。フレーバーポップコーンとかを安い値段で出せたら中高生の間でバズったりしそうだけど、考えが安易すぎるだろうか。

                                  M&O

まずは無料でお試し。