THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブロガー。映画レビューを中心に文字でエンタメを発信中

真面目であることの悩み 真面目が必ずしも正しかったり良いわけではない

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

真面目であることの悩み 真面目が必ずしも正しかったり良いわけではない

こんばんは、M&Oです。

今回は『真面目』ということについて書いていきたいと思います。

 

『真面目な人』と聞いて嫌なイメージを持つ人ってそんなにいないのではないかと思います。むしろ真面目な人と聞けば好印象なイメージを持つことがほとんどだと思います。特に日本ではそういった風潮が特に強いと思いますし、勤勉が美徳とされる傾向がかなり強いと思います。

もちろん真面目であったり勤勉であることは決して悪いことではないのですが、僕としては基本的には悪くないといった感じで、時と場合によるなとも正直思っています。さらに言えば『真面目であること』は非常に楽な道なのではないかと思うのです。

実は存在している真面目のいろいろな形

『あの人は真面目に仕事に打ち込んでいる』『あの子は真面目に部活に精を出している』といった場合、『立派な人だ』と思う人がマジョリティだと思います。

しかし『あの人は真面目にギャンブルをしている』『あの子は真面目に他校の生徒と喧嘩をしている』と言われると今度は逆に『なんてダメな人だ』と思う人がマジョリティだと思います。

しかしですね、どちらも真面目に取り組んでいるのは同じなのです。これはほんの一例で、真面目にYouTubeを観ている人だってたくさんいますし、真面目にゲームをやっている人もたくさんいます。ただ同じ真面目でも真面目に読書をしている人の方が印象はきっといいですし、なんなら何も考えていなくても『真面目に考えているフリ』をしている方が印象が良かったりするわけです。そしてこれも『真面目に考えているフリを真面目にやっている』のです。結果的にこれだって真面目に取り組んでいることの一つなのです。

このように真面目に行う事の対象は無限にあるのです。いい加減ではなく真面目に取り組んでいれば、遊びだろうと勉強だろうと仕事だろうと関係ないのです。しかも今の時代は遊びをマネタイズできるようになっています。しかも個人でそういったことが可能になっているのです。

こうなってくると『真面目の定義』ってもっとわからなくなってきます。元々『真面目とはこういうことだ!』という固定概念のようなものがよくわからないものなんですよね。

f:id:myprivatecomedy:20200111221540p:image

取り組む姿勢が真面目なのか取り組む対象が真面目なのかの違い

いくら何かに真面目に取り組んだところで、真面目に取り組んでいる対象が真面目でなければ、それはほとんどの場合真面目とはとらえられないでしょう。

わかりやすい例で言うと、『真面目にビジネス書を読む』のと『真面目にマンガを読む』のとでは『真面目にマンガを読む』の方は真面目という風には思われません。真面目に一生懸命にマンガを読んでいる人だっているというのに。ヘタをしたらマンガやゲームを真面目にしている時に『真面目に勉強でもしなさい』なんてことを言われかねません。すでに真面目には物事に取り組んでいるというのに。

真面目に人に嫌がらせをしている人もいれば、真面目にどうやってサボろうかを考えている人もいるわけです。

そうなると真面目が素晴らしいというのは間違った考えのような気がしてなりません。

『あいつは真面目で素晴らしい』という事を聞いても真面目に何をやっているかによると思うのです。一概に、簡単に『真面目だから良い』なんて良く言えるなと思いますし、それならあの人もこの人も真面目に何かしらに取り組んでいるよと思ってしまいます。

ただここ最近は真面目だから評価が高いなんてこともだいぶ減っている気がするので、それはいい事なんじゃないかなぁと思います。『真面目さ』なんてポーズでアピールできたりもしますからね。どんなにチャランポランに見えてもしっかり結果を出している方が個人的にはかっこいいと思いますし、何よりどう考えてもその方が良いですよね、雇う側にとってもその方がきっといいでしょうし。

真面目は悪くも恥ずかしくもない

だからと言って変に悪ぶったり不真面目なフリをする必要ももちろんありません。思春期には特に『真面目=ダサイ』と感じる子が多く、それによって悪ぶる子も少なくありません。あくまで僕の時代に関してはですので現代はわかりませんが。

しかし『真面目』って何も悪いことでもダサいことでもないということに大人になると気付くんですよね。むしろ周りに流されずに『真面目』を通していた人ってカッコ良かったなぁと後になって気が付いたりします。

そしてここで言っている真面目とは素行が真面目とか見た目が真面目とかそういうことではなく、何かは人それぞれですが、取り組む姿勢が真面目という意味の真面目です。そう考えると真面目と夢中ってすごく似ているような気がしてきます。ホリエモンは『夢中は無敵』だと言っていましたが、似ているとしたら真面目も無敵という事になります。僕の考える真面目の概念の場合はということですが。

何か夢中になれることを見つけたら、人の目なんて気にせずに真面目に取り組んでしまえばいいと思います。対象が真面目かどうかだって、自分で責任を取れれば自分で決めればいいのです。周囲がバカにするようなことでも真面目に取り組んでいたら形を変える日が来るかもしれないですし、何より自分が楽しめていればそれでいいと思います。

自分なりの真面目さを大切にしていけばいいと思います。

                             M&O

ポジティブ・チェンジ

ポジティブ・チェンジ