THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブロガー。映画レビューを中心に文字でエンタメを発信中

賃貸の内見はできれば夜の時間帯に行きたい 隣人の騒音などは不在ではわからない

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

賃貸の内見はできれば夜の時間帯に行きたい 隣人の騒音などは不在ではわからない

こんにちは、M&Oです。

今回は『賃貸物件の内見』について書いていきたいと思います。

 

ここ最近このブログでも引っ越す可能性があることを書かせて頂いていたのですが、とうとう良い部屋に出会うことができまして引っ越しが現実味を帯びてきました。審査の結果待ちなので落ちてしまったら元も子もないのですが。

そしていい部屋が見つかったという事で早速不動産屋さんに連絡をして、内見に行って参りました。僕がネットで見つけた目当ての部屋の他にいくつか部屋の候補を出してくれたのですが、どれも惹かれるものはなく(僕が家賃設定をある程度安くしているせいなのですが。固定費は安いに越したことはないので)、元々見たいと思っていた部屋だけでいいかなぁといった心持ちだったのですが、部屋探しの過去の経験でも思い当たるのですが、不動産屋さんって比較させたがりませんか?

たぶんそういったセオリーみたいのがあるのだと思うのですが、狭い部屋を見せてから広めの部屋を見せたり、ちょっとボロい部屋を見せてからリフォームしたばかりの部屋を見せたりといった手法をとることが多いような気がします。確かに効果もあると思いますし。

一度『内見はこの一部屋だけでいいですぅ』と言ったのですが、『他の部屋見ないで本当に大丈夫ですか?』と寂しそうに担当の人が仰られたので、なんだか申し訳なくなってしまったので、その不動産屋さんから近いと思われる一部屋も見ることを希望しました。ただ実際に行って見たら思いのほかいい感じの部屋ではあったので『確かに実際に見てみないとわからないものだなぁ』とは思いました。ただ残念ながら住みたいと思うまではいきませんでしたが。

そしていざ目当ての物件へと内見に行ったのですが、予想通りというか予想以上にいい感じだったので即決めて申し込みをすることにしました。

ただ僕が物件を選ぶ際に懸念していることって実は内見ではいつもわからないんです。

f:id:myprivatecomedy:20200110235822p:image

防音がどれぐらいのレベルなのかは内見ではわからない

僕は音に敏感な体質でして、物音とかがかなり苦手なのです。そんなに神経質な方ではないので、自分が起きている時間帯とか常識的な時間帯にいくらドタバタされても大丈夫ですしイライラしたりもしないのですが、夜中に早朝にそういったことをされるとさすがに困ってしまいます。

何が困るのかと言いますと、僕は物音ですぐに起きてしまうのです。しかも起きてから100パーセントではないですが、かなりの確率でもう一度眠るのが困難になるのです。再び眠るまでかなりの時間を要することがほとんどです。

自分のそんな体質をわかっているので、せめてものできることとして引っ越す時は鉄筋コンクリートの物件を選ぶようにしています。

しかしこの鉄筋コンクリートの物件も部屋と部屋の間の壁はコンクリートではないことが結構あるんです。鉄筋コンクリートの物件なのにめっちゃ壁薄くない!?という部屋に住んでしまったことも過去にありました。できれば内見の時に壁を少し叩いてどんな壁か確かめたいのですが、隣の部屋の住人の方が在宅かもしれないのでなかなかできません。

以前お世話になった不動産屋さんは隣が空き室だったこともあって、となりの部屋に行って電話してくれたり声を出してくれたりしてとてもいい人で、その結果結構音が聞こえることがわかりその部屋は回避することができたのでした。

ただ隣が空き室で試せることなんてそうそうあるものではありません。これはもう住んでみないとわからないのです。

そしてもう一つ、僕としては内見に夜に行かせてほしいのです。

住人たちが帰宅している状態で内見をしたい

内見って基本的に昼間に行われますよね。遅くても18時ぐらいという印象です。照明器具がない部屋は暗くなると見れなくなってしまうのでそういった面でも昼間だったり、もちろん不動産屋さんの営業時間的なものもありますので仕方ないことなのですが、できれば夜に内見させてもらいたいのが本音です。

可能性が上がるというだけの話ではあるのですが、夜に行った方がそのマンションの隣人たちが帰宅している可能性が上がりますし、住人の方々が日常の生活をしている中で内見ができたらいいのになぁって思うのです。内見に行く昼間ってほとんどの人が働いている時間帯だから、基本的にシーンとしている時ばっかりなので、どれぐらい生活の音が聞こえるとか皆目わからないのです。お隣とか上階の人がいたら足音とかテレビの音とかそういったものがどれぐらい聞こえるかも少しはわかるかもしれません。そうすればモラルのない住人がいるかどうかももしかしたらわかるかもしれません。

引っ越しって賭けな部分が大きすぎですよね。近隣住人がどういう人か住んでみないとわからないというのは本当に運だよりだと感じます。どんなに高い初期費用を支払って高い家賃を払っていい物件に住んでも隣や上階がモンスターな住人だったらもアウトです。

きっと条例とかも何時以降はダメとかあったりして難しいのだと思いますが、夜に行った方がそのマンションの雰囲気とか住人の感じが掴める可能性が上がる気がするので、できることなら夜に内見に行きたいなぁとずっと思っています。そんな日が来ることがあるかもしれません。来てほしいと切に願います。

                          M&O