THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

俳優のオーディションの台本について

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

俳優のオーディションの台本について

こんばんは、M&Oです。

今回は質問コーナーに寄せられたご質問にお答えしていきます。

 

引き続きご質問は受け付けておりますので少しでも興味や気になることがある方はお気軽にどうぞ!この記事の最後に質問コーナーの記事を貼らせて頂きますので。

それでは今回のご質問です。頂いていたコメントで複数の質問を頂いていたので分けて回答させて頂いております。

今回のご質問はこちら。

『M &Oさん、明けましておめでとうございます。何度も質問させていただいている、hatihattiです。
去年はM &Oさんのブログに出会えてとっても楽しい1年でした。今年も楽しみに読ませていただきます、よろしくお願いいたします!
遠慮なく、何回目かの質問をさせていただきます!

M &Oさんのブログを読むようになってから、今まで知らなかった俳優さんたちのお仕事のことが知れて面白く、またいろいろなことが気になるようになってきてしまいました。

オーディションについてです。
ブログで、オーディションの台本は当日渡されることが多いと知り、びっくりしました。あらかじめ渡されるものは少ないのでしょうか。
もしあるとしたら、少ないセリフでも、まるまる1冊台本が渡されるのでしょうか?
そしたら機密保持はどうなるのだろう、などと思ってしまって…!』

ご質問ありがとうございます。hatihattiさんから頂いたご質問でした。

確かにオーディションって受けたことのない人からしたらかなり未知なものですよね。それでは僕の経験などを踏まえながら知っている限りお答えさせて頂きます。

オーディションで用いられる台本ですが、自分の経験だと当日渡されることの方が多かったように思います。もちろん前もって渡される場合もあって、その場合は演じるシーンがやはり比較的長めだったような記憶です。

作品や制作側の意図で台本を事前に渡したり当日に渡したりいろんなパターンがあるのだと思います。ただ当日渡される場合はさすがに読み込む時間を与えられます。ここでセリフを頭に入れられる人は入れてしまう感じです。なるべく台本を離してオーディションに臨みたい人がほとんどですので、控室で結構必死にみんな台本を覚えている感じです。しかし無理やり台本を離して全然セリフが出てこなかったりかなりすっ飛ばして先にいってしまうぐらいなら、台本を見ながら演じた方が全然良いと思います。気を付けなくてはいけないのは顔が台本で隠れたり下ばっかり見ていたりしないようにすることです。台本を地面と平行にするように持てば相手役と目もちゃんと合いますし。

f:id:myprivatecomedy:20200107162108p:image

事前に台本を渡される時は基本的にセリフを覚えて行かなくてはいけない

事前に台本をもらう時はオーディションまでにセリフか完璧に入れていくのが基本的には当たり前になります。暗黙の『もちろんセリフを頭に入れてきてね』という空気感が存在しています。

そしてこの時にキツイのが、いくつかのシーンの台本を渡されることが多いのですが、自分がどのシーンをオーディションでやることになるかはオーディション本番までわからないのです。もしくはすべてのシーンをやらされることもあります。この場合は結構いい評価を受けている時と思われます。

そしてさらには役柄も一つだけではなく『次は~~さんこの役でやって見せてください』なんてことも言われたりします。なので一つの役のセリフを覚えていてももちろんダメです。これに関しては相手のセリフも覚えるべきなので問題はないはずですが。

オーディション前日の夜に台本がメールで届いて寝ないで読み込んでオーディションに行ったなんてことも思い返すと結構ありました。懐かしい。

ただ台本を覚えてなくてオーディションの時に台本を見ていても、光ってる役者やセンスのある役者は結局受かります。やはり一番は『こいつ面白いな』などいかに印象を残すかが重要になってきます。

オーディションを受けた作品やストーリーは絶対に口外してはいけない

ご質問の中で機密保持について書かれていましたが、オーディションを受けた作品に関することは口外してはいけません。ちゃんと機密保持の書類にオーディションの時にサインをします。これはもうCMなども含めて全部そうですね。

なんの作品のオーディションを受けてということを口外して問題になった知り合いはおれまでいないですが、現在は昔よりもSNSなどがかなり発達しているのでそういった事件も起きていそうですね。

そして出演が決まったり、撮影を終えた後などでも情報解禁の指示があるまでは絶対に口外をしてはいけません。フライングして発表してしまう俳優がたまに見かけますが、問題になったり真剣に怒られていると思います。

オーディションで使う台本は抜粋されたもので一冊まるごとではない

少ないセリフでもまるまる一冊台本が渡されるのかというご質問ですが、それはありません。いくつかのシーンの台本を渡されるだけですね。もちろん製本されておらず当日にペラの状態でもらう感じです。事前にもらう場合は昔はFAXでしたが、今はメールでデータを送ってもらって終了ですね。僕はスマホになってからはスマホの画面見てオーディション用の台本を読んでいました。

オーディション用に台本が書かれていることもあって、いざ出演が決まって台本をみたらオーディションでやったシーンがなかったり、大幅に変更されていたりなんてこともありました。

もちろん一部分の台本しか渡されていないにしても機密保持はしっかりしなくてはいけなせん。

 

今回のご質問の回答はこんな感じになりました。お役に立てていればいいのですが。

引き続きご質問は受け付けておりますので、もし良かったらお気軽に!

www.myprivatecomedy.net

                                  M&O

思い立ったら行動!