THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

ドラマでセリフのないその他大勢の人たちはエキストラ?現場での扱いは?

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ドラマでセリフのないその他大勢の人たちはエキストラ?現場での扱いは?

こんばんは、M&Oです。

今回は質問コーナーに寄せられた質問に答えていきたいと思います。

 

ご質問して頂きありがとうございます!まだまだ受け付けておりますので少しでも気になることがある方はこの記事の最後に質問コーナーの記事のリンクを貼らせて頂きますのでお気軽にどうぞ!

それでは早速頂いたご質問を見ていきたいと思います。

今回のご質問はhatihattiさんから頂いたご質問です。過去にもご質問を頂いていて今回もありがとうございます。何度でももちろん大丈夫ですので!むしろありがたいです。

今回まとめていくつかご質問を頂いたのですがかなり長くなってしまいますので、一つずつお答えさせて頂きます。

今回頂いてお答えする質問はこちら。

『M &Oさん、明けましておめでとうございます。何度も質問させていただいている、hatihattiです。
去年はM &Oさんのブログに出会えてとっても楽しい1年でした。今年も楽しみに読ませていただきます、よろしくお願いいたします!
遠慮なく、何回目かの質問をさせていただきます!

M &Oさんのブログを読むようになってから、今まで知らなかった俳優さんたちのお仕事のことが知れて面白く、またいろいろなことが気になるようになってきてしまいました。

まず、脇役の俳優さんたちについてです。
エキストラまではいかないけど、セリフが全然ない「その他大勢」のポジションの方たちは、現場でどんな扱いを受けるのでしょうか?
撮影が終わったら、ちゃんと一人ひとりがよくテレビなどで見る「〇〇さんこれで終わりです」というのを言ってもらえるのでしょうか?それとも、まとめてお疲れ様でしたと言われてしまうのでしょうか。
また、外でのロケでは、そういうその他大勢の人たちは、どこで着替えたりメイクをしたり落としたりするのでしょう?売れてない人はロケバスに乗らず、電車で帰ると聞いたので気になってしまいました…!
それとそもそも、あまりセリフがない脇役は、たとえ新人でも大手の事務所の俳優さんはやらないのでしょうか?!?』

嬉しいお言葉もありがとうございます!

それではご質問に答えていきたいと思います。

 

いわゆる脇役の俳優についてということですが、セリフも全然ない『その他大勢』のポジションの人たちですが、相当なことがない限り、そういった人たちはエキストラです。役者としてのキャリアがあったり俳優が所属している事務所の役者の人たちとは考えにくいので、エキストラ事務所の人たちになると思います。

ただ現在はエキストラ事務所じゃなくてもそういったエキストラの仕事に役者を出す所属者を多く抱えている芸能事務所も多いので、エキストラとして行っている意識はない方も多いかもしれません。後は本当に駆出しの俳優は現場での経験を積むために行ったりすることもあるので、こういったっ人たちも本来はエキストラの人ではありません。

しかし少しシビアなことを言いますと、現場側、制作側からはエキストラと見られている可能性が高いです。一番わかりやすいのが『香盤表』というものなのですが、少し『香盤表』について書いていきたいと思います。

f:id:myprivatecomedy:20200105195856p:image

香盤表に名前が載っていればエキストラではないし現場での扱いも良いものになる

この香盤表というものですが、ドラマだとその日撮影予定の『割本』と呼ばれる台本の一番後ろに書かれていることが多いのですが、その日に撮影するシーンの出演者の名前が全員載っています。入り時間や出演するシーンのナンバーが書かれているのですが、ここに名前が書かれている人が基本的に出演者という事になります。

この香盤表は入り時間順に書かれているので、どんなド新人でも大物俳優の次に現場に入ることになっている場合はその大物俳優の下に名前が書かれます。ちなみに初めての時はやはり嬉しいものでした。すぐに慣れてしまって何も感じなくなってしまいますが。

そしてその他大勢の方々の名前が書かれるほどこの香盤表はスペースがないので、その他大勢のポジションで出演する人たちは名前が載っている事はありません。もしかしたらあるのかもしれませんが僕は見たことがありません。

そしてエキストラの方々はこの香盤表に『EX』と表記されています。『ex』『Ex』とかだったかもしれません。すみません、香盤表を久しく見ていないもので。20人であればEX×20とかそういった形です。なのでその他大勢の場合はエキストラで扱われると考えていいと思います。ただかなり芝居を要求されるその他大勢の場合は役者にお願いするといったケースもあります。

そしてご質問にあった現場での扱いですが、香盤表に名前がある場合は無名の役者であっても申し訳ないぐらいいい扱いを受けます。入り時間に行けば出迎えてくれますし、衣装も靴下からすべて用意されています。ロケであればロケバスで着替えてメイクして出番ギリギリまで待機する形になります。終われば『〇〇さんこれでアップです』みたいなことも全然あります。ただ1話ゲストぐらいの出演だとそこまでされることはないです。監督とかに挨拶して終了です。

その他大勢で出ている人はどこで着替えたりメイクしたりするかということですが、メイクも衣装も自前なので、自分でどうにかするしかありません。女性はご自身でされていると思いますが、男性はメイクしていないと思います。着替えは大人数であればそれ用の部屋が用意されている場合もあると思います。

衣装も自前なので皆さんトランクに何種類も入れて持ってきていて、そこから合う服を指定されてそれを着るといった感じです。なのでその他大勢で出演するというのはなかなかに大変な労力を使うと思います。そしてこういった場合はエンドロールにも名前が出ないことがほとんどなので、そうなると出演というよりかはエキストラということになるかと思います。ドラマよりも映画の方がその他大勢の人たちでもエンドロールに名前が出やすいといったこともあります。

帰りに関しては、香盤表に名前がある場合は渋谷や新宿までロケバスで帰ることもありますが、撮影がまだ続いていて自分だけ撮影が終わった場合は電車で帰ります。地方ロケの場合はもちろん話が違ってきますが。ちなみに朝も渋谷か新宿でロケバスに乗り込んで撮影場所に行くことが多いです。

その他大勢の人たちはまとめてお疲れ様と言われて集合も現地ですし解散も現地です。

大手事務所の新人俳優もその他大勢のポジションで出演するのかという事ですが、養成所などではなくきちんと所属しているのであれば、まず出演することはないと思います。エキストラに出すようなことはしないですし、大手でしたら何かしらバーターもあると思うのでそんなことする必要もありません。

その他大勢の出演はエキストラの区切りが非常に難しく、エキストラであることがほとんどだとは思います。監督がクオリティにこだわる方の場合はその他大勢に芝居のできる役者を集めるような現場もありますが、ギャラは割高になるのでかなり稀かと思います。

 

今回の回答はこんな感じになりました。お答えがお役に立てていれば嬉しいです。他に頂いたご質問にもお答えさせて頂きますので!

ご質問ありがとうございました!

 

ご質問はお気軽に。

www.myprivatecomedy.net

                                     M&O

思い立ったら行動から!