THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 映画レビュー・俳優に関することやインターネットや暮らしに役立つことを発信

ドラマ『ハゲしわしわときどき恋』あらすじキャスト感想 ぱるるがめっちゃ踊っていた

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ドラマ『ハゲしわしわときどき恋』あらすじキャスト感想 ぱるるがめっちゃ踊っていた【概要・キャスト】

こんばんは、M&Oです。

今回はドラマ『ハゲしわしわときどき恋』について書いていこうと思います。

 

今回のドラマ『ハゲしわしわときどき恋』ははっきり言ってぱるること島崎遥香さんが出演されていたので鑑賞させて頂いたのですが、思いのほかと言っては失礼ですが、ドラマ自体も十分に楽しめるドラマとなっていて、新年に放送されるドラマとしてもミュージカル調でとても明るいドラマで非常に良かったのではないかと思います。もちろん葛藤など紆余曲折あるストーリーとなっています。そして高齢者の多くなっている現代社会においてリアルな描写でもあったのではないかと個人的には思っています。

 

ドラマ『ハゲしわしわときどき恋』の主なキャストは

桜木マチコ・・・ゆりあんレトリィバァ/草村礼子

海野晴成・・・佐藤寛太/斉木しげる

栗田紅葉・・・加藤諒/春海四方

小日向うらら・・・島崎遥香

となっています。

f:id:myprivatecomedy:20200104210251j:image

ドラマ『ハゲしわしわときどき恋』あらすじ

桜木マチコ(草村礼子)は夫に先立たれケアハウスに入っているものの、生き甲斐もなく興味を示せるものもなく、退屈で面白さを感じない日々を送っていました。他の入所者たちが盛り上がっている時にも冷めた目で離れて見ているような存在でした。

しかしマチコのそんな日々はある入所者の存在で一変します。入所してきたのは海野晴成(斉木しげる)で、マチコはすぐに高校生の時に転入してきた海野君であることに気が付いたのでした。

-50年前-

18歳のマチコ(ゆりあんレトリィバァ)は転校してきた海野晴成(佐藤寛太)に惹かれるも、その恋はうまくいかず、学生運動などもあった時代で様々なことがありマチコと海野君が結ばれることはありませんでした。そんな中で再会を果たした2人。

燃え上がるマチコの恋心でしたが、ケアハウスで働く介護士の小日向うらら(島崎遥香)はこのマチコと海野君の恋が燃え上がることに危機感を覚えていました。うららは過去に勤めていたケアハウスで老人同士で恋に盛り上がっていたおばあちゃんとおじいちゃんが結果的に引き離され、その後その2人があっという間に認知症になってしまっていたのを目のあたりにした過去があったのです。

さらにケアハウスにいる栗田紅葉(春海四方)はマチコの幼馴染でありながらマチコに気が付いてもらえず、50年越しに結ばれることを願ってケアハウスに入居してきていたものの、再び海野晴成が現れて恋のライバルとなってしまい、栗田紅葉(加藤諒)は邪魔はさせないと奮闘を開始します。

ケアハウスで老人たちが安らかに暮らすことをモットーにしてるうららは、海野晴成が入所してきたことで乱れてきたケアハウスを心配し、海野晴彦に退所を促します。うらら自身も何が正解かわからない苦悩を抱えていました。

海野晴彦はケアハウスを出ていきますが、マチコの気持ちを思いやるうららはマチコの車いすを押して海野を追い掛けます。車いすでしか移動ができなかったマチコは立ち上がり海野晴成の元に辿り着くのでした。

ドラマ『ハゲしわしわときどき恋』感想・評価

ミュージカル調に作られたドラマで観ていて飽きることなく展開していきます。ダンスなども昨日今日覚えましたというようなぎこちなさは皆無なので単純に観ていて楽しめる作品となっていました。栗田紅葉を演じた加藤諒さんと春海四方さんが青年期と高齢期を演じているのが個人的にはかなりツボでした(笑)顔の表情とか通じるものがかなりあって、加藤諒さんはいつも通りのような印象なので、春海四方さんが頑張って寄せたのかなぁと勝手に個人的には思っています。ナイスキャスティングですね。

余談ですがもしも知らない人のために一応書きますが、春海四方さんは元々あの『一世風靡セピア』のメンバーですからね。哀川翔さんや柳葉敏郎さん小木茂光さんらとバク転とかしまっくていた人なのです。

ストーリーとしても、意外と言葉に出したり身近に耳にしないけれど、何歳になっても人間って恋心を抱くということを描いていて、僕は非常にリアルなストーリーなのではないかなと感じました。僕はまだそこまで高齢ではないので実体験ではないですが、自分自身年齢を経ても昔と変わらずに恋をしているわけで、きっと高齢者になっても同じように心は恋をすると思うんですよね。なかなかそういったことをテーマにしたドラマってないから、テーマ自体も面白いと感じて観ていました。

そしてこれもリアルな問題だと思うのですが、介護士の抱える葛藤というものも描かれていて、介護士の小日向うららを島崎遥香さんが好演してくれていました。

ぱるること島崎遥香が自然な演技と感情な演技を使いわけて好演

ぱるること島崎遥香さん、とっても良かったと感じました。等身大の役ということもあってか演じている感を全然感じさせない自然な演技を披露してくれました。かと思えばマチコの車いすを押す前の表情は迫力すら感じさせ、マチコに対して叫ぶシーンでは観る者の心を揺さぶる演技を魅せてくれました。

苦悩や葛藤の演技も表情だけで間を持たせられるという女優としての確かな実力も見せつけてくれていました。こういったシーンは特に内面が空っぽだと間が持たなくて滑稽なシーンになりがちなのですが、十分な説得力を魅せてくれていました。

個人的にはマチコが海野晴成にブッフェをあげたことを怒るシーンも好きです(笑)確かにパサパサなもの食べたら喉につっかえますからね(笑)

島崎遥香さん本人が自ら社会経験のためにアルバイトを経験したりと、様々なことを経験している結果が今回のお芝居に非常に表れていたように感じます。元々自然な演技は得意な女優という印象ですが、さらにパワーアップしている印象を強く受けました。

そしてこれは本当に個人的にですが、島崎遥香さんがエンディングでバリバリ踊っているのがなんだかたまらなかったです(笑)結構激しいダンスを踊っていて、AKB時代を知っている人からしたらなんとなく面白かったという気持ちわかってもらえるのではないかと思います。『あのぱるるがめっちゃ踊ってる!!』と思ってしまいました。もちろん踊れるしこれまでたくさん踊ってきたわけですが、極力踊りたくないといった雰囲気を持っていた印象だったので(笑)ただそういう事もすべて含めてとても可愛いと思っています。

しかし本当に色が白いなぁとしみじみ思ってドラマを観てしまいました。着実に女優として成長している島崎遥香さんのこれからの活躍にも本当に期待です。

 

www.myprivatecomedy.net

2020年1月2日放送

2020年1月2日放送

  • 発売日: 2020/01/08
  • メディア: Prime Video
 

                               M&O