THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

年末年始に休まず気を緩めないことが周囲との差を生む

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

年末年始に休まず気を緩めないことが周囲との差を生む

こんばんは、M&Oです。

今回は年末年始のお休みについて書いていきたいと思います。

 

お正月という事でのんびりと過ごしていられる方々が多くいらっしゃると思います。せっかくのまとまったお休みということで実家に帰省したり旅行に出掛けたりという人もかなり多くいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん帰省などはある意味義務的な感覚であったり、旅行なども家族サービスの一環として出掛けたりと決して本人の希望で行われているものばかりではないと思います。そういった事情がある方々も含めてということになってしまうのですが、個人的には何か打ち込むものがある人にとって、周囲の人たちが休む時というのはとってもチャンスの時だと昔から思っています。

どんな人にとっても基本的に1年間は同じ日数です。周囲の人たちが休んでいる時に何かを頑張るという事はその分の日数を得したことになります。1週間なら1週間何かを勉強したなら1週間休んでいる人の経験値が0であることに対して、かなり有意義に時間を過ごしていることになります。

誰もがそれなりに稼働している時は自分自身が努力をしても相手が努力していたらそこまでの差は生じないと思います。そうなってくると『努力の量』ではなく『努力の質』が問題になってきます。そして『努力の質』となるとこれはなかなかに簡単に答えの出ない問題になってきたりします。正解が難しい問題だと思いますので。

しかし他のその他大勢が休んでいる時にコツコツと頑張ってしまう事は、単純に『努力の量』であっさり勝つことができるので、実はとっても楽に他者との差をつけられるタイミングなのです。

ここで大切になってくるのは考え方で、自然とどう思うかで自分がどういう考え方の人間かをわかることにもなります。

f:id:myprivatecomedy:20200104174605p:image

『みんな休んでいるから自分も休もう』と思うか『みんな休んでるからチャンスじゃん』と思うか

人間の本質的な部分だと思うのですが、休んだりサボったりすることに罪悪感を覚える人はとっても多いです。しかしこの罪悪感を感じる時の多くが周囲の人が働いたり何かしら動いている時で、自分だけが休んだろサボったりしている時にだけ罪悪感を感じる人が多いのではないでしょうか。

年末年始のお休み、正月のお休みなどは多くの人がゆっくりと休んでいます。スポーツの世界でもトレーニングを休んでいる人も多いのではないかと思います。これに安心感を感じて「みんな休んでいるから自分も休もう」と思うか、自然に『あれみんな休んでるから今って差をつけるチャンスなんじゃない?』と思えるかで大きく差がつくと僕は思っています。

休んでも罪悪感を感じることもないと思うので、心から休める機会なので人によっては貴重な時間の過ごし方ということになると思いますし、ストレスがそれで軽減されるならば十分に有意義な過ごし方であると思います、なのでまったくもって反対はしません。僕も人と食事する時などは心から楽しんでリフレッシュできることがあるのでそういう時はめいっぱい休んで楽しみます。(年末に人とランチに行って楽しかったのでそう思えたのですが、こういった時間って貴重な時間だなぁと改めて思いました)

しかし何かやりたいこと、やるべきことがあるのなら、完全に個人的な考えですが1週間とか休むなんて考えられないです。マジで時間がもったいないなと思ってしまいます。そしてその間に周囲に離されていることを想像するとかなりゾッとします。

これって何にでも当てはまることで受験勉強もスポーツの世界でも俳優とか芸能の世界でも一般企業に勤めているサラリーマンにもとにかくいろんな人たちに当てはまることだと思います。もちろん職種によっては目に見えて何かを頑張るということが菜人たちも多くいらっしゃると思いますが、何かしら関わることに関してのインプットは行えるはずで、そういったものを周りが休んでいる時にやっておくだけでも全然違うはずです。アウトプットは後からでもいいわけなので。

最強なのは『ウズウズして休んでいられない』状態

そして一番いい状態、最強の状態というのは『休んでるのが苦痛なぐらい早く始めたい』と思う事だと思います。なのでこういった年末年始とか世間が休暇の時って自分が現在やっている仕事が好きな事かどうかとか、どれだけ情熱をもってやっているかを確認できるいい機会だとも思います。

仕事始めの日が来てほしくないなぁと思っているのであれば、そんなに情熱を注いでやっている仕事ではないのかと。仕事とは別に副業に情熱を注いでいる場合もあると思いますので、そういった場合は対象が副業で全然いいと思いますが、その副業を早くやりたくてウズウズしてしまう、休んでいるのが辛いという状態にもしもなれたならば、その人はその物事で成功する可能性がかなり高いのではないかと思います。『好き』に勝るものはないと思いますので。そして好きであれば自然と夢中になれるはずなので。

1月の6日から仕事始めの人も多いかと思いますが、その前に自分がウズウズしてくるかどうかを改めて考えてみるのもいいかもしれません。

                                M&O