THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 映画レビュー・俳優に関することやインターネットや暮らしに役立つことを発信

『グランメゾン東京』最終回を終えて メインキャストの魅力徹底解説

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

『グランメゾン東京』最終回を終えて メインキャストの魅力徹底解説

こんばんは、M&Oです。

いよいよこの月曜日の朝がやってきてしまいました。『グランメゾン東京』の最終回を終えての月曜日の朝がやってきてしまいました。

 

毎週月曜日の朝の記事はドラマ『グランメゾン東京』の記事を書かせて頂くことが恒例となっていたのですが、ついにそれも終わりを迎えることとなりました。

そうです、木村拓哉さん主演ドラマ『グランメゾン東京』がついに終わりを迎えたのです。

はっきり言って悲しいです。正直言って寂しいです。毎週楽しみにしている感覚がなくなることがとても寂しいですし、愛に満ちたグランメゾンメンバーが見られなくなることが何より悲しいです。

しかし、非常に前向きな終わり方をしてくれましたし、ドラマ『グランメゾン東京』のキャラクターたちも前向きに進んでいるラストを見て、そんなことも言っていられないなと思いました。毎回元気をくれるドラマ、それが『グランメゾン東京』でした。たくさん元気をもらって心から感謝です。

さて最終回を観終わってどんな記事を今回書こうかなぁと思ったのですが、これまではある程度のあらすじを感想を交えながら書かせて頂いてきていたのですが、今回は最終回ということで、ドラマ『グランメゾン東京』のメインキャストについて、偉そうに書いていってみようと思いました。

皆さん本当に魅力的だったので書きたい衝動が出てきてしまっているので、衝動を抑えることなく書いていきたいと思います。

f:id:myprivatecomedy:20191230025200j:image

『グランメゾン東京』メインキャストの魅力

尾花夏樹・・・木村拓哉

まずはやはり主演の木村拓哉さんから。料理バカのシェフ・尾花夏樹を演じた木村拓哉さん。非常に魅力的な尾花を作り上げてくださって、少年のような心と強い信念、素直には表現しない(できない)優しさ、ユーモラスな一面、若手料理人が憧れてしまう確かな腕前と人間性、他人に厳しく自分にはもっと厳しく、思いやりに溢れている尾花を作り上げて観る者に大きな感動を与えてくれました。

尾花のストイックな性格は木村拓哉さん本人と通じるところを強く感じましたし、それにより尾花の放つ説得力が半端じゃないものになっていました。そして有言実行するあたりも非常に木村拓哉さんの生き様に重なるというか。尾花夏樹を演じられるのは木村拓哉しかいなかったと言っても全然過言ではないと思います。事実素晴らしい尾花夏樹で魅了してくれました。

早見倫子・・・鈴木京香

第一話で尾花の料理を食べてその時に泣きだしてしまったシーンを観た時に、このドラマに吸い込まれたような気がしています。それぐらいとっても印象に残っているシーンです。そしてそんな倫子さんが尾花やグランメゾン東京のメンバーと時間を過ごすうちにどんどん成長し逞しくなっていって。最終回では堂々たる姿を見せてくれました。倫子さんの自信のない一面や厳しくなる一面、また感動しやすいところ、仲間を大切にするところ、悪気なく毒を吐いてしまうところなど、すべてが人間愛味に溢れていて、鈴木京香さんって女優としてももちろんだけど、きっと人としても魅力的な人なんだろうなと思いながら見てしまっていました。常にあったかい早見倫子を作り上げてくれて感謝しています。

京野陸太郎・・・沢村一樹

沢村一樹さんは実はこれまで僕が観てきた沢村一樹さんの出演作の中で群を抜いて今回の『グランメゾン東京』が良かったという印象なのです。それぐらい京野のシーンで何度も泣いて何度も笑わせてもらいました。個人的には京野の困っている人を放っておけない性格がとても好きでした。芹田のこともすぐにご飯に誘っていたし、芹田がお店をやめると言った時の沢村一樹さんの表情が最高でした。もちろん祥平に対する思いやりも倫子さんに対する思いも、そして尾花に対する並々ならぬ思いも沢村一樹さんが魅力的に表現してくれていて、京野陸太郎主演でスピンオフがあっても面白そうと思うほどでした。個人的には倫子から「ぼんやりした料理」と酷評された後のリアクションがとっても好きです。京野のおかげで尾花や倫子をはじめ他のキャラクターもすごく活きた場面が多かった印象で、このドラマの名バランサーだったと思います。本人も恋愛感情で少しかき回してくれましたが(笑)最後に栞奈にからかわれているところもよかったです(笑)

相沢瓶人・・・及川光博

及川光博さん演じる相沢にもとっても泣かされました。ミッチーと言えばスマートな印象が強いですが、パリ時代には技術的に尾花についていけていなかった過去があったりと壁にぶつかりながら乗り越えいく料理人を熱演してくれていました。娘への愛情はもう誰もが涙したことでしょう。そして祥平に対する思い、料理人としての誇りも非常に熱いもの見せてくれていました。相沢ってすごく周囲の人を見ていて、アンテナを張っている人だったと思います。いろんなところで緩和剤になっていてその存在感の貴重さは計り知れないです。そんな相沢を魅力的に演じてくれた及川光博さんに感謝なのですが、僕はグランメゾン東京が三ツ星を取った時の相沢のリアクションで一気に涙腺が崩壊しまして。及川光博さんに最後にやられたなといった感じでもあります。

平古祥平・・・玉森裕太

グランメゾン東京の中で、間違いなく一番多くの人から愛されていた人物が玉森裕太さん演じる平古祥平だったと思います。そんな祥平の姿に芹田が嫉妬している時期もありましたが、結局は芹田も祥平を好きになっているという魅力の持ち主です。そんな愛されまくる祥平にまったく矛盾を感じなかったのは玉森裕太さんが熱演、そして好演してくれたおかげだと思います。十字架を背負って生きてきた祥平、自分の気持ちに従うことを自分で許すことができなかったわけですが、尾花をはじめとした仲間たちに愛されグランメゾンのメンバーになった祥平。丹後からも愛されていたと事を考えると料理の腕前も含めて本当に魅力的な料理人であり人間なのでしょう。

そんな平古祥平を演じた玉森裕太さん、正直めちゃくちゃ良かったです。料理人をやめるかどうかの回では大いに泣かせてくれました。京野が祥平に思いを打ち明けるシーンの玉森裕太さんは涙がどうにも止まらないといった状態になっていて、あんなの見せられて感動しないなんて無理です。尾花からも信頼も厚い祥平を本当に弱さも見せつつ魅力的に演じてくれて感動を与えてくれました。

丹後学・・・尾上菊之助

尾花の良きライバル丹後を演じてくれた尾上菊之助さんですが、正々堂々と尾花と勝負することを望み、また尾花の才能を認めてもいた尾上菊之助さん演じる丹後のファンだった人も多かったのではないでしょうか。僕自身、丹後にすごく魅力を感じていましたし、できることならグランメゾン東京に丹後も来てほしいと思っていました。江藤オーナーが改心したのでその必要はなくなりましたが。尾上菊之助さんの醸し出す雰囲気が丹後の料理に対する真摯な思いに気品の高さを加えていて、尾上菊之助さんの演じる丹後は完全に唯一無二のものだと見ていて思いました。尾上菊之助さんのまとっている空気感があるからこその丹後像でした。個人的には最終回前の江藤オーナーにクビを宣告されて話すシーンが好きです。あの局面で怒りに捉われないあたりが尾上菊之助さんの丹後を強く感じさせてくれました。最終回でも尾花との絡みも最高でしたけど(笑)

芹田公一・・・寛一郎

芹田を演じた寛一郎さんですが、一度記事を書かせてもらったぐらい素晴らしかったです。なんだか自分が若い時に感じたことのある葛藤とかを思い出したりしたぐらい、世間知らずな頃の芹田の抱える葛藤の演技にはものすごくリアリティを感じました。そして立派に急成長していく芹田の姿には皆さんきっと微笑んで観ていたのではないかと思います。たぶん尾花のこと一番好きなのも芹田でしたね(笑)ものまねはもちろん魚料理の前に厨房を去る時に感情を切り替えられていない芹田が可愛かったです。

寛一郎さん本当に素晴らしかったと思います。髪型のみならず表情からオーラまで一気に変えて演じていて素直に「すごいなぁ」と思って観ていました。七光りなんて言われてしまうこともこれからもあると思いますが、間違いなく類まれな演技力を持っている魅力的な俳優だと今回の『グランメゾン東京』で僕は勝手に確信しています。

江藤不三男・・・手塚とおる

くせのあるキャラクターでSNSなどでも話題にあがることの多かったウーニーこと江藤オーナーですが、手塚とおるさんが江藤という役柄を見事に料理したといった感じでしょうか。「ウニ出とるやないかい!」のセリフは手塚とおるさんによって命を与えられたセリフとなり、世の中を席巻しました。尾花のやる3のジェスチャーをウーニーがやればSNSでは画像と共に「お前がやるな!」!と責め立てられる始末。手塚とおるさん演じる江藤オーナーがいかに愛されていたかがよくわかります。そして最終回ではしっかり改心して感動を与えてくれました。卑怯な真似なんかしなくても丹後がいればgakuはいいレストランになります。これからのgakuが楽しみになる終わり方をしてくれました。エセ関西弁の丹後の突っ込み良かったなぁ(笑)最終回にも「一番高いワインやないかい!」で魅せてくれた江藤オーナーに感謝です。なんだかんだでみんなウーニーが大好きなはずです。

松井萌絵・・・吉谷彩子

この吉谷彩子という女優さんですが、この『グランメゾン東京』でとっても好きな女優さんになりました。切ない感じとか、居づらい感じとか、気まずい感じとか自信のない感じとかを表現する演技が特に好きでした。そこから一気に満面の笑みを見せてくれたりするのですが、もう卑怯といっていいぐらいのレベルのギャップがとてもよかったです。最終回での尾花との関係性も良かったです。何気に尾花に憎まれ口を言える貴重な若い人材ですからね(笑)尾花がこれからの松井萌絵に大いに期待している感じがよくわかるシーンでしたし、萌絵がそれをわかっている感じもまた素晴らしかったです。

蛯名美優・・・朝倉あき

グラグラメゾンだとかなりメインキャストな感じなのですかね。そこまで出番の多くない中で重要な役どころを演じていたので、結構大変だったのではないかと思います。最後に報われて良かったと見ていて思えるキャラクターを作り上げてくれていました。松井萌絵との和解も良かったですし、ラストシーンでの2人のやりとりは目頭が熱くなってしまいました。最終回前まで結構嫌いな印象だったのですが最終的には全然そんなことなくなってといった感じだったのですが、よく考えたらきっとこれって朝倉あきさんが上手いから観ていてこういう感情になっていたのだと思います。最後に、松井萌絵が突っ込んでいましたが画鋲は確かに古いです(笑)

久住栞奈・・・中村アン

中村アンさんですが、僕実はこれまで中村アンさんって特にいイメージもなければ魅力も感じていなかったのです。以前ドラマで見掛けた時も正直印象に残っていなくて。ただですね、今回の『グランメゾン東京』でガラッと印象が変わってしまいました。むしろちょっとファンになってしまったぐらいです。お父さんのことを話す会が栞奈のメインの回となっていたわけですが非常に素晴らしい演技で感動を与えてくれたわけですが、ネットでも反響もすごかったようで多くの人に感動を与えてくれたようです。個人的な好みの問題かもしれませんが、中村アンさんってちょっとボサボサの髪をかき上げるキャラクターがパブリックイメージになっていると思うのですが、今回のグランメゾン東京みたいにしっかり結んでシャツを着ている感じの方が僕はとっても魅力を感じました。個人的な好みですねきっと、すみません(笑)

リンダ・真知子・リシャール・・・冨永愛

まさにキングオブリンダ、それが冨永愛さんだったのではないでしょうか。この場合キングじゃなくてクイーンオブリンダになるのかしら。リンダはもう冨永愛さん以外考えられない、そんな思いを観る人すべてに与えた完璧なキャスティングと冨永愛さん自身の魅力が詰まったリンダが毎回楽しませてくれました。女性であっても「カッコいい」という形容詞がとてもよく似合う感じで、もちろんそこには半端じゃない綺麗さが確実に存在しているのですが、優雅で上品で端麗で、なおかつカッコいいという印象は冨永愛さんだからこそ与えることが可能な印象だと思います。立ち振る舞いから着こなしから食べ方からフランス語まで、これがリンダだ!と否が応でも感じずにはいられない魅力を放っていました。他の女優さんが演じたらどうしてももっと安っぽくなってしまうだろうなと観ていて思いました。それぐらい冨永愛さんの演じるリンダは高貴でカッコいい女性でした。冨永愛さんって身長とかを抜きにしても歩いているだけでオーラですぐにバレるんだろうなと思います。画面からオーラが漂ってくる感じがしますもん。

ドラマ『グランメゾン東京』に関わった人々に心から感謝

 今回メインキャストの方々についてのみ書かせて頂きましたが他の出演者の方々はもちろんスタッフの方々も、関わったすべての人たちに感謝したいと思います。楽しくて感動できる、毎回来週が楽しみになる貴重な時間を過ごさせて頂きました。

そして座長としてこのドラマを引っ張ってくれた木村拓哉さんにも本当に拍手喝采を送りたいです。

僕にとっては本当に近年稀にみる最高のドラマでした。

また必ずグランメゾン東京のメンバーに会えることを信じていますし、楽しみにしています。まずはスペシャルドラマですかね!!

本当に最高の時間をありがとうございました!

www.myprivatecomedy.net

www.myprivatecomedy.net

                                  M&O

グランメゾン東京 Blu-ray BOX

グランメゾン東京 Blu-ray BOX

  • 発売日: 2020/04/24
  • メディア: Blu-ray