THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブロガー。映画レビューを中心に文字でエンタメを発信中

俳優は精神的に強くないとやっていけない?メンタルの強さは重要?

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

俳優は精神的に強くないとやっていけない?メンタルの強さは重要?

こんばんは、M&Oです。

今回はM&Oの質問コーナーに寄せられた質問にお答えしていきたいと思います。

 

ご質問ありがとうございます!まだまだ質問コーナーへのご質問は受け付けていますので、気になることがある方はお気軽にどうぞ。ジャンル問わず募集していますので!質問募集の記事のリンクをこの記事の最後に貼らせて頂きます。

それでは今回頂いたご質問にお答えしていきたいと思います。

今回のご質問はさっくんから頂いたご質問になります。

頂いたご質問はこちらです。

『こんにちは。いつも拝見しています。質問ではなく相談?になってしまうかもですが(・・;)

私は現在25歳、男です。来年の1月には26歳になります。中学生くらいの時から漠然と「俳優っていいな」と思っていました。おそらく学園ドラマを観て楽しそうと思ったり、綺麗な女優さんと会えたり、歓声を浴びるのが羨ましかったのだと思います笑  私はビジュアル的にもイケメンではなく、パッとしない顔なので、「どうせなれないだろう」と諦めていました。 時が過ぎ、現在においても正直「俳優になりたい」という気持ちが奥底にあるような気がします。実際、3ヶ月間だけ芸能事務所でアルバイトをした事があり、自分より年下の俳優の事を羨ましく思っていた記憶もあります。

私は現在、恥ずかしながらメンタル面の関係で仕事をしておらず、今後どうしていこうか考えている最中でもあります。一つだけ信頼できそうな演技スクール?も見つけましたが金銭的な事もあり、通えるのはまだ先になりそうです。「仕事も、将来的な事を考えると正社員がいいけど、俳優の仕事は正社員だとやりにくいよな…」という気持ちもあります。年齢の事もあります。20代後半からはじめてもその先はあるのか…、メンタル面が強くなくてもやっていえるのか、など悩みはつきないので1度お聞きしようと思いました。 

うまくまとめられず、長文で読み辛い文章になってしまい申し訳ありません。』

ご質問ありがとうございます!それでは個人的な経験と考えからですが、ご質問にお答えしていきたいと思います。

正社員で俳優をやることは可能か?

それでは頂いたご質問に順番にお答えしていきたいと思います。お答えの前に一つ書かせて頂きますが、『現在恥ずかしながらメンタル面の関係で仕事をしておらず』と書かれておられますが、全然恥ずかしいことではないと思います。人それぞれご事情があると思いますし休むことも必要だと僕は思うので。焦って動くよりも堂々と休まれた方が良いと思います。それではご質問にお答えしていきます!

まず正社員で俳優をやることは可能か?ということについてですが、俳優業を本格的にやりたければこれに関しては難しいと思います。正社員として会社に勤めながら俳優をやっている人もいらっしゃいますが、そういった人たちは職業としての俳優ではなく、趣味として俳優をやっている人がほとんどです。厳しいことを言うと自称俳優の方々が多いです。その会社の社長と仲が良くて俳優業を完全に優先で社員として雇うよということであれば話は違いますが(タニマチ的な感じですかね)、普通に会社員として働くとなれば会社内でも責任のある仕事もするでしょうし、いきなり休んだりや長期で休むということは難しいと思います。舞台の稽古などで夜だけ稽古で昼間は働いてといった俳優(趣味)の人もいますが、舞台やミュージカルの規模が大きくなればなるほど稽古なども毎日一日中とかになってくるので、会社員をしながらというのは実質不可能です。

さらに映像作品で撮影などに長期で入ることもあります。一日だけの端役とかなら可能かもしれませんが、映画の撮影で地方に行ったりドラマにレギュラーで入ったりしたらやはり会社員を続けることは不可能だと思います。

そういう状況になったら会社員を辞めればいいと考える人もいますが、会社員をしながらそういう状況になる可能性は極めて低いと僕は思います。僕の周囲で俳優として生活している人たちは生活の時間を役者に関することにできる限り使っていたり、売れてもそういった感じの人ばかりです。時間の使い方が目先のお金よりも自己投資に使うこと優先なのです。僕自身も役者に関することに当時は時間を使っていたと思います。それぐらいやっていたから食えるぐらいまでにはなっていたのかなとは思います。ただもっと売れている人はもっと当たり前に努力しているので、全然足りていなかったと自分を深く省みることもあったりです。そういった思いを僕は持っているので、会社員を俳優をやるというのは個人的には難しいと思います、あくまで趣味でやるということであればできると思いますが。趣味でやるというのも全然ありだと思います。そういったコミュニティとかアマチュア劇団とかもあるみたいですし。

f:id:myprivatecomedy:20191219132409j:image

20代後半から俳優を始めることは可能か?

来年1月に26歳になるとのことですが、その年齢から俳優を始めることは可能かというご質問ですが、可能だと思います。しかしもちろん大きなハンデは背負っていると思った方がいいと思います。僕が芸能事務所に入って本格的にお金をもらって俳優の仕事をし出したのは大学の在学中で21歳とか22歳の時でしたが、それでもスタートが遅かったなぁと感じることは多々ありました。さらに現実問題芸能活動をスタートする年齢はどんどん低年齢化しています。大手事務所などは小学生や中学校の時にスカウトし、17歳とか18歳ぐらいで売れ出している人も多くいます。

そうだとしても僕は20代後半から始めても可能だと思います。理由としては若くして俳優を志していても、特に何もせずに年だけ取っている人がたくさんいるからです。俳優に役立つ努力もしていなければ仕事もなく、あっても自主的にやっているような自己満のものばかりでプロから見れば趣味の領域のものだったりで、時間だけ経過している人がたくさんいるからです。それこそ正社員で働いていたりアルバイトに精を出していて、時間をそういったことばかりに費やしている人たちです。

20代後半から俳優を始めたとしても、本当に夢中になって懸命に努力したらそいういった人たちを一気にごぼう抜きできると思うからです。もちろん俳優としてある程度の成功を目指すならばそいういった人たちはアウトオブ眼中(死語)でなければならないのですが、そういった人たちを一気に抜き去ることは可能です。本当に何よりも俳優に関することを最優先にして努力をしていれば、20代後半で始めたとしても全然いけると思います。惰性でやっている自称俳優が俳優業に費やしている時間なんてあっという間に抜けるので遅くなったスタート分はすぐに取り戻せると思います。20代後半と言っても質問者様は26歳という若さですし。

ただ売れるかどうかは別問題です。懸命に努力しても売れない人がたくさんいるの芸能界です。それでも努力が足りないと思ったりやり方の試行錯誤が足りなかったりといった風に考えるしかないのですが。だからこそ努力を楽しめる状態じゃないと厳しいと思います。やってみないと楽しいかどうかもなかなかわからないと思いますので、まずはやってみるのがいいと思います。やってみて「違うな」と思ったら無理して続ける必要もないわけですし。

ハンデがあることを自覚して何よりも最優先にして頑張れるならば、スタートが遅くても不可能ではないと思います。

俳優に必要とされるメンタル面の強さにはどういった強さが必要か

俳優にメンタルの強さが必要かとご質問のお答えとしては、一言で言えば必要だと思います。売れる前にもメンタル面の強さが必要ですし、仕事をもらえるようになっても精神的な強さが必要になります。

仕事がない状況で言えば、やはり将来に対して不安を感じる事が多々出てくると思います。これは開き直ることで解消できると個人的には思っているのですが、開き直るまではなかなかに辛いと思います。寝れない夜がたくさんある俳優志望の人も多いと思います。そういった不安を解消するのも努力することしかないのですが。

そしてやっと仕事を得た後には今度は現場でのプレッシャーが待っています。楽しむことが何より大切なのですが、楽しむには慣れも必要ですし真面目な人ほどプレッシャーを感じてしまうことと思います。NGを出す恐怖もありますし、監督や演出家から演技に対してダメ出しをされた場合はその場で演技を修正しなくてはなりません。そしてしっかり修正をできなければ何度でもそのシーンを演じ続けます。共演者に対して申し訳ない気持ちと大勢のスタッフの前でオーケーが出るまで演じ続けます。そういったことは往々にしてあることなのですが、人によってはかなり落ち込んでしまったりもします。

さらに口の悪い監督や演出家も存在するので、ここで書くのも憚られるような言葉も浴びせられます。そういったことを考えると精神的な強さはやはり必要だと思います。気にしない人は本当に気にしないので性格的な部分も大きいのですが。

そして小さいことですが、朝早く起きる現場とかも多くありますし、始発に乗って現場に向かうなんてことも結構あります。朝起きれるかなとかプレッシャーに感じてしまう人もいらっしゃいます。僕もあまりに不安な時は寝ないようにして寝ないで現場に行ったこともあります。電車は寝て乗り過ごしたら大変なので絶対に座らなかったり。

これは冗談ではなく俳優はMである方が向いているとよく言われます。SとかMとよく言うあのMです。マゾヒストということですね。舞台などでは特に自分の演技を否定されることが本当に多いからです。役者を始めた時には特にそんな場面が多々あります。意外と体育会系なのです。蜷川幸雄さんとかも有名ですね。時代は変わってきているのでだいぶ変わりつつあると思いますが、まだまだ残っている習慣ではあると思います。

そういったものに耐えうる精神的な強さは必要かなと思います。僕は高圧的な雰囲気な現場が好きではなかったので、自分が全然言われない現場でも年下の後輩にあたる役者がこっぴどく言われているのを見るのは非常に嫌な気分でした。逆に委縮してしまって逆効果に感じていました。ただ全然何もやってきていないなと思う俳優は言われても仕方ないと思っていましたが。

それではなぜ俳優はそんな状況でも続けられるのかと言えば、それは好きだから以外にないと思います。好きじゃなければ無理に続ける必要ももちろんないと思いますし。

なので精神的な強さが必要かと言われれば必要だと思うのですが、それよりも何よりも好きかどうかが大きいと思います。好きなら楽しめてしまうものだと思いますので!

そして好きかどうかはやってみないとわからないと思います。やってみてどう感じるかをまずは知ってみることを僕はおすすめします。

昔から興味あったことならばまったくやらずにというのは個人的にはもったいないと思います。

 

ご質問ありがとうございました!少しでもお役に立てたら嬉しいです。

質問がある方はこちらにお気軽に!

www.myprivatecomedy.net

                           M&O

夢を持てることも才能です。