THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

映画『泣き虫しょったんの奇跡』ネタバレあらすじキャスト評価 将棋界実話映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画『泣き虫しょったんの奇跡』ネタバレあらすじキャスト評価 将棋界実話映画【概要・キャスト】

おはようございます、M&Oです。

今回のおすすめ映画は『泣き虫しょったんの奇跡』です。

 

松田龍平さん主演、豊田利晃監督で制作された映画『泣き虫しょったんの奇跡』は実在のプロ棋士である瀬川晶司氏の自伝が原作となっています。一度は諦めた夢を再び叶えた男の物語となっています。個人的には昔漫画の『月下の棋士』を読んで以来、将棋は自分は指さないもののとても興味のあるテーマなのです。

それでは『泣き虫しょったんの奇跡』の映画紹介です。

 

映画『泣き虫しょったんの奇跡』は2018年に公開された日本映画です。

上映時間は127分。

原作は瀬川晶司の自伝『泣き虫しょったんの奇跡』。

監督は豊田利晃監督『青い春』『ナインソウルズ』『空中庭園』『モンスターズクラブ』『I'M FLASH!』などを監督しています。個人的にとても好きな監督です。

キャストは

瀬川晶司・・・松田龍平

鈴木悠野・・・野田洋次郎

新藤和正・・・永山絢斗

村田康平・・・染谷将太

山川孝・・・渋川清彦

畑中良一・・・駒木根隆介

清又勝・・・新井浩文

加東大介・・・早乙女太一

冬野渡・・・妻夫木聡

真理子・・・上白石萌音

南咲子・・・石橋静河

山口・・・板尾創路

見知らぬ男性・・・藤原竜也

瀬川靖司・・・大西信滿

池田学・・・奥野瑛太

山中徹・・・遠藤雄弥

中堅棋士・・・山本亨

安田師匠・・・渡辺哲

神田宏充六段・・・神吉宏充

大徳健二・・・久保利明九段

河野秀行五段・・・屋敷伸之九段

久島利明八段・・・豊川孝弘七段

佐山天彦三段・・・青嶋未来五段

中本広恵女流六段・・・谷口由紀女流二段

鹿島澤桂子・・・松たか子

瀬川千香子・・・美保純

工藤一男・・・イッセー尾形

藤田守・・・小林薫

瀬川敏雄・・・國村隼

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20191217214653j:image

映画『泣き虫しょったんの奇跡』あらすじ

小学生の時から目立つ生徒ではなく、自分というものあまり出せない子供だった瀬川晶司(松田龍平)はしょったんというあだ名で呼ばれていました。消極的な生徒でしたがしょったんには夢がありました。大好きな将棋で名人になることでした。しょったんのクラスの担任の鹿島澤桂子(松たか子)はそんなしょったんの夢を心から応援していました。

しょったんの隣の家には鈴木悠野(野田洋次郎)という子供が住んでいて2人はいつも将棋を指して遊んでいました。またしょったんの父親の瀬川敏雄(國村隼)はしょったんに好きなことをやれという教えを説いていて、しょったんと悠野は街の将棋場で大人と混じって将棋を指すようになります。

しょったんと悠野はメキメキと腕を上げ、中学生名人大会に出場します。2人の実力はプロ棋士育成機関である奨励会に入れるほどのものと見られていましたが、悠野は中学生名人になれなければ将棋の道には進まないと決めていました。悠野はしょったんと対戦し敗戦し奨励会には入らずに高校受験の勉強をはじめます。しょったんも優勝は逃してしまいましたが、その後奨励会に合格し、将棋漬けの人生をスタートさせました。

将棋の世界では四段になるとプロ棋士になれるのですが、奨励会には鉄の掟があり、26歳までに四段になれなければ奨励会を退会しなければならないというルールが存在していました。いくら情熱があっても、どれだけの才能があったとしても26歳までに四段になれなければプロ棋士にはなれないという制度です。

しょったんは奨励会に入り三段にまで上り詰めます。しかし四段の壁は高く時間は無情にも過ぎて行きます。奨励会にはプロ棋士を夢見る人間たちが蠢いていて、しょったんは奨励会の仲間たちと交流を深めながら将棋に没頭していきました。

新藤和正(永山絢斗)、村田康平(染谷将太)、山川孝(渋川清彦)、畑中良一(駒木根隆介)、清又勝(新井浩文)、加東大介(早乙女太一)、冬野渡(妻夫木聡)らと共に奨励会で戦っていくしょったんでしたが、加東大介は自分の才能に見切りをつけ年齢制限を待たずに自ら退会、プロ確実と言われていた冬野渡もプロになるという目標を実現できずに奨励会を去っていきました。そしてしょったん自身も三段のまま少しづつタイムリミットに迫られていました。

年齢制限が迫る恐怖に耐え切れずにしょったんは奨励会の仲間と遊ぶ時間が増えていきました。プレッシャーを遊ぶことでごまかしていました。そしていよいよ最後のチャンスとなる三段リーグが始まりますが、言いようのない恐怖と闘いながらの三段リーグで、しょったんはこの最後のチャンスを逃してしまい奨励会を去らなければならなくなってしまいます。これまで将棋だけを指してきた人生、将棋だけを考えてきた人生でしたが、しょったんはプロ棋士になる夢を絶たれ絶望の淵に立たされました。

何をやっていいかわからないしょったんは実家で無気力な日々を過ごします。兄の瀬川靖司(大西信滿)はそんなしょったんに早く気持ちを切り替えて新たな人生をはじめろと告げますが、父親の敏雄はしょったんに対して「お前が奨励会でどれだけ大変だったかわかっているつもりだ。ゆっくり休め」と言葉を掛けました。

その後しょったんは神奈川大学に二部を受験し合格し将棋と離れた人生を送り始めます。そんな中でしょったんに一番の理解を示していた父親が他界してしまいます。しょったんは父親の亡骸に向かって「本当は父さんが思っていたほど将棋を頑張っていなかったんだ。ごめんよ。」と何度も泣きながら謝りました。

父親の死をきっかけに久しぶりに隣の家に住む幼馴染の悠野を訪ねるしょったん。悠野は普通に一般企業で働く人生を送っていました。久しぶりに悠野と将棋を指し、しょったんは将棋の面白さを思い出していました。勝つためではなく指す将棋はしょったんにとって最高に面白いものでした。悠野と子供の頃に通っていた将棋場に行き将棋を指しアマチュアの大会にも参加し始めました。

しょったんは就職し一般企業で働くサラリーマンになっていました。将棋を楽しめるようになったしょったんは大会に出場しアマチュア名人になっていました。アマチュア名人になるとプロ棋士と戦う機会が与えられ、しょったんは驚異のプロ棋士相手に7割以上勝つという成績を残し、大きく取り上げられていました。会社の同僚は『プロになるのか?』としょったんに尋ねましたが、しょったん年齢制限があるからプロ棋士になることは絶対にできないんだと説明しました。

しかし事態は思わぬ方向に進みます。しょったんがアマチュアの大会で出会った藤田守(小林薫)がしょったんにプロ棋士になる気はないかと真剣に訊いてきたのです。しょったんは制度があるからありえないことですと言い、また「自分がもしも特例でプロ棋士になるようなことがあれば現在奨励会にいる三段の棋士たちが怒り狂うでしょう」と藤田に話しました。それでも藤田はしょったんはプロになるべきだと話し、気が変わったら連絡をくれと自分の連絡先を渡しました。

しょったんはこれからプロ棋士になるなんてありえないと自分に言い聞かせながら帰宅しますが、帰宅して父親の遺影を見たしょったんは「好きなことをやれ」と言っていた父親の言葉を思い出し、意を決して藤田に電話をしました、

藤田は将棋連盟に行きプロに対して7割の勝率を誇るしょったんを特例としてプロにするべきと働きかけますが、長年続いてきた制度を変えるわけにはいかないと相手にされません。しかし、風向きが変わりプロ棋士たちによる投票の結果で特例が認められることになりました。プロに転向する条件は6局の対局の中で3勝をおさめる事でした。

テレビなどでも取り上げられる中でしょったんはプレッシャーを感じるしょったんはいきなり初戦を落としてしまいます。そんな時に自宅に届いた郵便物の中に小学校の時の担任であった鹿島澤先生からのハガキを見つけます。ハガキにはきっといい道が開かれます。と書かれていました。そして悠野からもパワーをもらうしょったん。共に奨励会を戦ったメンバーも固唾を飲んで応援していました。駅ではしょったんは見知らぬ男(藤原竜也)から声を掛けられ「古い制度に負けないでください。応援してます」と激励されました。

苦戦を強いられるしょったんですが、見事に勝利し条件を満たしプロ棋士になる夢を果たします。しょったんを応援していた全員が歓喜の声を上げました。幼馴染の悠野はしょったんの勝利を見届けると、泣き虫のしょったんを思い微笑みながら「泣くなよ、しょったん」と一人自宅の部屋で言葉を発しました。しかししょったんは泣き虫しょったんらしくすでに涙を流していたのでした。

映画『泣き虫しょったんの奇跡』感想・評価

映画『泣き虫しょったんの奇跡』の率直な感想ですが、めちゃくちゃいい映画です。一度挫折した人間が再起して夢を叶えるという物語ですが。実話というところがまずすごいですし、実話という事もあって綺麗ごとだけではない描写が心をえぐります。

個人的には早乙女太一さん演じる加東や妻夫木聡さん演じる冬野が志半ばで去っていくシーンが特に心を打たれました。そしてしょったんの奨励会時代の最後の三段リーグのシーンで「誰か俺を殺してくれ」と言うほどのプレッシャーの中での戦いも見ていて辛かったです。

そしてストーリーですが、普通にすごいですよね。将棋の歴史って半端なく長いわけで、奨励会の年齢制限などは僕でも知っていたぐらい有名なルールですが、それを特例として認めさせてプロになるって瀬川晶司という棋士は本当に奇跡を起こした男だと思います。映画の中で人の良さが将棋に現れていると言われているしょったんですが、自分が勝つために手段を選ばないということができない男で、正々堂々と戦っているのですが、これは勝手な憶測ですが、プロ棋士による投票が行われた時に特例を認める票が多かったのは、これまでしょったんが行ってきた将棋があったからなのではないかと思いました。

松田龍平さんと豊田利晃監督タッグは『青い春』から大好きなのですが、今回の『泣き虫しょったんの奇跡』もさすがといった感じで最高でした。もうちょっと豊田監督らしい演出が欲しかったなぁと若干思いますが、贅沢は言えません。

松田龍平さんの父親が亡くなった時の演技は本当に観てほしいです。凄まじいです。リアル過ぎて胸が締め付けられました。

父親役の國村隼さんがこの映画で個人的には一番最高でした。そして他のキャストも豊田監督の常連の役者が多く出演していて、あまりに豪華で笑えて来るほどです。藤原竜也さんなんて完全に友情出演なのに普通にクレジットされてます(笑)まだ出てくるのかなと思ってたら普通にワンシーンしか出てなかったからちょっとビビりました(笑)でもこういうのもいいですよね。

妻夫木聡さんもすごく良かったなぁ。決して多くない出番の中で感動と印象を大いに残してくれています。染谷将太さんはずば抜けて役作りの完璧さを感じました。染谷将太さんって作品によって見た目とかじゃなくて全然違った人物に見えるんですよね。まさに内面からの役作りがなせる業だと思います。これこそカメレオン俳優だと思うのです。体重の増減とかじゃないんですよねぇ。

そして松たか子さんですが、あったかくてすごく魅力的な先生でした。好きになってしまいそうになるぐらい魅力的でした。やっぱり上手いなぁと溜め息が出てしまうほどです。

元気になれて感動できて、希望を持てる映画です。本当におすすめ映画です。ぜひ。

映画『泣き虫しょったんの奇跡』

負けっぱなしじゃ、終われない。

泣き虫しょったんの奇跡

泣き虫しょったんの奇跡

  • 発売日: 2019/11/27
  • メディア: Prime Video
 
泣き虫しょったんの奇跡 [Blu-ray]

泣き虫しょったんの奇跡 [Blu-ray]

  • 発売日: 2019/11/27
  • メディア: Blu-ray
 

松田龍平・豊田監督映画はこちらもおすすめ。

www.myprivatecomedy.net

                         M&O

まずは無料でお試し。