THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

錦戸亮の楽曲『バッジ』に感じるロックと錦戸亮の覚悟

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

錦戸亮の楽曲『バッジ』に感じるロックと錦戸亮の覚悟

こんばんは、M&Oです。

今回はアーティスト錦戸亮について書いていきたいと思います。

 

 

アーティストとして精力的に活動している錦戸亮さん。アップルミュージックに配信されている錦戸亮さんの楽曲を聴かせて頂いているのですが、『ノマド』『バッジ』『ヤキモチ』と3曲を聴かせて頂いておりますが、どの曲も良いです。錦戸亮さんのこだわりややりたかったことが十分すぎるほどに伝わってきます。

今回はその中でも特に『バッジ』という曲について書いていきたいと思います。こんな衝撃を受けたのは久しぶりだと感じるほどに衝撃を受けたので、個人的な感想ですが感じたことを書かせて頂きます。

錦戸亮さんの楽曲『バッジ』ですが、曲調もロックな感じが非常にする曲で乗れる曲であることは間違いないのですが、曲調だけでも好きなのですがそれ以上に僕に衝撃を与えてくれたのは錦戸亮さんの書く歌詞でした。『バッジ』の歌詞が非常に尖っているのです。

錦戸亮の作詞作曲の楽曲『バッジ』に最大限の賛辞を送りたい

この『バッジ』を初めて聴いた時はかなり大きな衝撃を受けました。僕の人生で初めてパンクロックを聴いた時のような、尾崎豊の楽曲に初めて触れた時に匹敵するぐらいの衝撃だったかもしれません。

関ジャニ∞の時どころかジャニーズジュニア時代から錦戸亮さんを知っていることによって、衝撃がさらに大きかったということもあるかもしれませんが、その要素を抜きにしても大きな衝撃でした。そして僕はこの曲がとても大好きです。他の曲ももちろん良いのですが、この『バッジ』は特に好きです。

錦戸亮さんが解き放たれた感じがすごく伝わってくるのです。自分の感じている事、矛盾を感じている事、叫びたかった思い、理不尽に感じる事、許さなくていけない環境にいたけれどもやはり許しきることのできなかった事、そういったものに対する思いを思いのままに歌い上げています。錦戸亮さんのこれまでの歩んできた道を思い浮かべながら聴いてしまう楽曲なのですが、思い浮かべながら聴くと彼の叫びがさらに心に響いてくるのです。

はっきり言ってめちゃくちゃロックです。見た目だけロックぶっているバンドは世の中に溢れていますが、そういったバンドの人たちは錦戸亮さんを見習ってほしいです。そんなことを思ってしまうほどに錦戸亮さん自身、特にこの『バッジ』という楽曲はロックであり、もはやパンクと言っていいと思います。

誰にもどこにも媚びていない、自分のやりたいようにやる、ついてきてくれる人たちだけついてきてくれればいい、曲を聴いて響いた人にわかってくれればいい、万人に受け入れられる音楽を目指すよりも自分の言いたいこと、やりたい音楽をやるといった印象を強く受けました。

知名度のあるアーティストでここまでメディアに対して正直な気持ちを吐露している楽曲を発表しているアーティストを知りません。長渕剛さんが『豚』という曲でメディアに対して一石を投じていましたが、ライブ音源だけでレコーディングなどを行っての正式なリリースはされていないはずです。

アーティスト錦戸亮はもっともっと知られなくてはいけない存在だと思いますし、これまで錦戸亮さんに興味のなかった男性の耳にも届くべき楽曲を発表していると強く感じます。衝撃を受ける人かなり多いのではないでしょうか。もちろんいい意味でです。

尖っているという表現を使わせて頂きましたが、軽はずみな気持ちで尖っているわけではないことはわかっているつもりです。錦戸亮さん楽曲を聴くと彼の覚悟がひしひしと伝わってくるからです。

f:id:myprivatecomedy:20191218003112j:image

ソロアーティストとなった錦戸亮に感じる覚悟

すべての自分の活動、発言、楽曲などがすべて自分に返ってくる状況に身を置いている錦戸亮さんがこのような楽曲をリリースしたことに、僕は彼の並々ならぬ覚悟を感じました。『ヤキモチ』という曲もとても良い曲なのですが、こういった楽曲だけではそこまで今回感じたような覚悟を感じることはなかったかと思います。それぐらい錦戸亮さんが『バッジ』を歌い上げていることに僕は衝撃を受けたのです。

メディアの無責任さに関しても歌い上げられている『バッジ』を聴くと反比例するかのように錦戸亮さんの責任感を感じます。少し言葉が汚くて申し訳ないですが、自分のケツは自分で拭くといったような覚悟がありありと見て取れました。そして僕はそんな男を純粋にかっこいいと感じました。

『自由』には『責任』がつきまとうものだと思います。『自由』を誤解していると『自由』を手にした時に不自由さを感じるものです。しかし錦戸亮さんは責任がのしかかることを十分すぎるほど承知していて、錦戸亮として勝負する大海に出て航海をはじめたのだと改めて思い知らされました。

錦戸亮というアーティストのこれからが非常に楽しみです。ライブではすでに多くの人を魅了しているようですし。とにかくもっと多くの人の耳に彼の楽曲が届いてほしいなと思います。

www.myprivatecomedy.net

                            M&O

NOMAD <初回限定盤A> [CD+DVD]

NOMAD <初回限定盤A> [CD+DVD]

  • アーティスト:錦戸亮
  • 発売日: 2019/12/11
  • メディア: CD