THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブロガー。映画レビューを中心に文字でエンタメを発信中

ユーチューバーを下に見る人はいい部分だけ見て勝手に嫉妬している

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ユーチューバーへを下に見る人はいい部分だけ見て勝手に嫉妬している

こんにちは、M&Oです。

今回は世間の多くの人が持っているユーチューバーという仕事の印象について書いていきたいと思います。

 

今回ユーチューバーに対しての印象が『まだまだこんなに下に見られているんだ』と驚いたので今回の記事を書かせて頂いているのですが、そのきっかけとなった出来事はフジテレビの久代アナウンサーのユーチューバーとの熱愛のネットニュースを見たのがきっかけでした。

『ダウンタウンなう』でその話題にもなったようで、ちょうどネットで再び盛り上がっているようでして、僕はまだ録画したものを観れてはいないのですが、番組の内容よりもネットニュースのコメント欄の方が気になってしまいました。

久代アナウンサーの交際のお相手は『はるくん』という方らしいのですが、僕は恥ずかしばながら存じ上げていませんでしたので今回の件で初めて名前も聞いた感じです。ただ特にユーチューバーの人と付き合うことに驚きもしませんでしたし、もちろん久代アナウンサーに対して幻滅するようなこともまったくありませんでした。

僕の知り合い関係はユーチューバーに詳しい人が結構いるのですが、そういった人たちはこの『はるくん』のことをみんな知っていて、僕としては『やっぱり有名な人なんだなぁ』と思って世間の多くの声とは逆に『たいしたもんだなぁ』というむしろ認める気持ちの方が大きかったです。ところがかなり辛辣な意見をネットで目にすることが多く、『えっ、ユーチューバーに対してまだこんな意見を持っている人が多くいるんだ』とこのことについて驚いてしまいました。

f:id:myprivatecomedy:20191215010909j:image

昔のミュージシャンや芸人、役者のような扱いを受けているユーチューバーという職業

僕はそこまで昭和の時代を生きているわけではないですが、一応昭和の残党だと自分自身は思っています。今回の世間のユーチューバーへの厳しい意見を見て「まるで昔のミュージシャンとか芸人とか役者みたいな扱いを受けている」という印象を感じました。

今でこそ、ミュージシャン、芸人、役者って就職せずに目指していてもそんなに白い目で見られることはなくなっていますが、それこそ終身雇用の時代などは就職していないだけで、社会不適合者のような目で見られ、今の時代よりも明らかに目指すことに覚悟が必要だったと思います。僕の時代では就職せずにやりたいこともないしとりあえずフリーターみたいな人もかなり増えていたので、就職しなくてもそこまで変な目で見られることはなかったように感じます。逆に軽い気持ちで目指す人も増えたのかもしれませんが、それが悪いことだとも思いません。自分で自分の人生の責任を取るなら何ら問題はないと思います。

世間体というものが昔と今では明らかに変化しているように感じています。それなのにユーチューバーに関してはこんなに『ダメな人間』として見られるのかと正直驚きました。いろんな職種においても会社員ではなくフリーランスで働く人たちがこんなに増えている世の中だというのに。

ユーチューバーと交際した久代アナウンサーのことを下げるような意見も多いし、ユーチューバーに対しても『恐ろしく不安定な仕事』『ちゃんとしていたらユーチューバーにならない』『今収入がよくても飽きられたら終わり』などなどユーチューバーなんて話にならないというような意見がとにかく多いのです。

こういった意見を見ていて『ああ、ユーチューバーに対してまだまだこういった意見を持つ人が多い世の中なんだなぁ』と自分との考えのギャップにも驚きました。僕は一切そんなこと思わないからです。

あと、個人的には今回久代アナウンサーがユーチューバーとお付き合いしたことで逆に株が上がるんじゃないかなと思っていたので、まったくそうならなかったことにも驚きました。ユーチューバーのことをそんなにも卑下するのであれば、女性アナウンサーの多くがこれまで選んできた交際相手と比べて世間の思うランクが低いのであれば、打算を感じないところに交換を持たれそうなものなのになと思いました。同じフジテレビの山崎アナウンサーとおばたのおにいさんと、今回の久代アナウンサーとはるくんとでは一体どう違うのでしょうか。結婚しいるしていないの差はありますが。お笑い芸人とユーチューバーって不安定さで言ったら全然変わらないと思うのです。

はるくんという人は現在は年収も結構高いようなので、逆にそこの部分が今回の辛辣な意見が出てくる要因にもなっているのではないかと思います。好きなことをしてお金を稼いでいることに関して、そして観ない人には漠然としたイメージしかないユーチューバーという仕事をしている人に対しての嫉妬心もあるのではないかと思います。

大きな誤解があると思うのですが、ユーチューバーって全然簡単でもなければ楽な仕事でもありません。そして不安定だということに対しても僕はある意味そんなことはないと思っています。

ユーチューバーの活動は過酷だし得たものはその後の人生でも活かせる

僕はYouTubeはやっていないし、ユーチューバーの知り合いもいないので、あくまで見聞きする情報の中での印象ですが、ユーチューバーの仕事って全然楽じゃない印象です。ホリエモンを始めとしたひろゆきさんなど他の著名人も言っていましたが、ユーチューバーの人の労働力ってすごいんですよね。企画も自分で考えて自分で演者となって、そしてその姿を自分で撮影して、動画編集まで自分で行うわけです。ヒカキンさんですら『明日は何を撮影しよう』と頭で常に考えていて休まる時がないと昔話しているのを見たことがあります。

視聴者を増やす努力もしなくてはいけないし、飽きさせない努力もしなくてはいけません。僕は友人から勧められたユーチューバーしか見ていないのでどちらかといえば完全に疎い方なのですが、有名どころのユーチューバーに対しては基本的に尊敬の念を抱いています。日常生活の中で絶えず試行錯誤を繰り返しているわけですし、特に有名になっている人たち、そしてそれをある程度継続している人たちというのは、普通の会社員でいったら四六時中仕事のことを考えているワーカホリックなビジネスマンと変わらない生活をしていると思います。

そして不安定な仕事という意見に対しても、ある程度の結果を残しているユーチューバーならば、もしもユーチューバーで人気が落ちてきたとしてもそれまでに得たノウハウをいくらでも利用することができると思うので、まったく不安定だとは思いません。他人に興味を持たせるためにはどういう方法が有効かとか、登録者数を増やすにはどういうやり方がいいか、そして企画力や動画編集の力まで備わっているわけで、食いっぱぐれることは普通の仕事よりもないんじゃないかとさえ思います。そういう経験をしている人間を欲しがる企業もあると思いますし。

もちろん会社内でバリバリ自分で仕事を考えて生み出している会社員の方々もいざ転職となったら困ることはないと思いますが、言われたことだけこなしている処理的な仕事ばかりしている会社員の人たちの方がよっぽど会社が倒産したりしたら不安定なんじゃないかしらと思ってしまいます。

社会保障とかの意味では確かに不安定化もしれませんが、それはフリーランスの人たち全員に言えることであって、何もユーチューバーの人たちだけではないですし。

そして自分でお金を稼ぐということを経験していることもとても強いのではないかと思います。仕事に対する考え方がその時点で違ってきているわけで。決められた時間だけ拘束されていれば給料がもらえるわけではないわけです。自分で考えてお金を生み出さなければという思考になっていることも、他の仕事をしたとしても強みとなる大きな要素だと思います。

ただ現在は世の中にユーチューバーって本当にたくさんいると思うのですが、僕が尊敬しているのはそれなりに結果を出している人たちだけです。特に考えることをせずに向上心のない人たちもたくさんいらっしゃると思いますので、そういった人たちは特に経験も活かせないんじゃないかと思います。何かに秀でていたらそれなりの結果はついてくるものだと思いますので。

現在ユーチューバーを本気でやっている人は逆に賢い人だと思う

もちろんユーチューバーが流行り出す前から始めていた人たちが何より先見の明もあって賢い人たちだと思いますが、現在有名になっている人のほとんどは賢い人と言えると思います。電車内でイヤホンつけてYouTubeを観ている人って本当に多いです。テレビを観なくてYouTubeばっかり見ているという人も多くなっています。

先日お子様のいる友人と電話で話していたのですが、幼稚園の子供が電話の向こうで「YouTube見ていい~?」と許可を求めていました。そういう時代なんだなぁとこのやりとりを聞いて僕自身痛感しました。

これからさらにそういった時代になっていくことは目に見えているわけで、逆に昔からある仕事のほとんどはAIによって行われることになっていくと言われているわけで、ユーチューバーを卑下する理由が逆に僕にはわかりません。

収入がよくてもいつ下がるかわからないという意見もありましたが、そんなのどの職種でもいえるのではないかと。自分のいる会社が永遠だと思い過ぎだし、自分の立場が永遠だと思っている感じがしてその考え方の方が謎です。

さらに現在破格の収入を得ている人なのであれば、そのお金を使ってまた新たなことも始められるわけですし、すでに有意義なお金を増やす使い方をしている人もいらっしゃると思います。

もちろん人生は人それぞれですし、仕事も自分が良しと思っていることをやれば他人は関係ないと思います。でもだからこそ上も下もないと思います。ユーチューバーの人はほとんどが自分の労力は表に出さず元気な様子を見せているので、楽をして稼いでいるように見えたり、好きなことを好きな時にしているという印象を持たれると思います。そういった部分だけを見ていると嫉妬する気持ちも出てきてしまうのかもしれません。しかしユーチューバーの人たちだって不安に襲われることもあるでしょうし、思うような結果が出ない時期を過ごしてきているはずです。そういうところも踏まえて辛辣な意見を言った方がいいのかなと思いました。

別に僕は「はるくん」を知らないし、今回の出来事があっても『はるくん』のYouTubeを見ていないので、あくまでユーチューバー全体に対して思うところを書かせて頂きました。

そもそもは、誰が誰と付き合おうといいじゃないということなのですが(笑)そして好きになったなら相手がどんな仕事でもいいじゃないと思うのです。その人を選択したのは本人なのですから。

www.myprivatecomedy.net

                                M&O