THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

復活を遂げたロックバンド・ゼリ→ YAFUMIがゼリ→で歌う理由

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

復活を遂げたロックバンド・ゼリ→ YAFUMIがゼリ→で歌う理由

こんばんは、M&Oです。

今回はロックバンド・ゼリ→について書いていきたいと思います。

 

 

ゼリ→というパンクロックバンドについては以前に書かせて頂いた記事にメンバー構成や略歴などを書かせて頂いておりますので、よかったらこちらをご覧ください。

www.myprivatecomedy.net

こちらの記事に書かせて頂いているのですが、僕がとてもハマって夢中になったバンドで、思春期に聴いていた僕にとってストレートに突き刺さる歌詞とメロディは僕のその後の生き方に大きな栄光をもたらしました。僕がパンクロックバンドをやっていたのも完全にゼリ→の影響です。そして自分の人生において何度もゼリ→の曲に勇気づけられてきていました。

しかしある事件をきっかけに2008年に解散を余儀なくされてから、それからも聴いてはいたものの段々と遠ざかっていました。ドラムのコーヘイのいない新たなバンド『LAID BACK OCEAN』ももちろん最初の頃は心待ちにしてCDを購入していましたが、ベースにユータローが脱退してからはあまり聴かなくなっていました。たまにYouTubeでチェックする程度でした。あの時の熱量は僕の中から確実に失われていたように思います。

そんなゼリ→がまさかの復活を果たしました。しかし発表された編成はオリジナルメンバーが揃っているわけではなく、なんとボーカルのYAFUMI一人のみでした。『YAFUMI単独反抗』と銘打たれた活動ともなっていました。

文字面だけを見た人たちは僕を含めて拍子抜けしたことと思います。僕はもちろんYAFUMIもとても好きです。歌詞も非常に秀逸で熱さ、激しさ、純粋さ、ユーモア、不器用さと様々な感情が入り混じっている歌詞に僕は何度も共感し勇気づけられてきました。ベースのユータローも特に好きですが、もちろんYAFUMIも好きですしゼリ→を好きになったのも好きでい続けたのもYAFUMIの存在が非常に大きかったです。

f:id:myprivatecomedy:20191214004248j:image

なぜゼリ→は4人での復活を果たせなかったのか

これはオフィシャルのYouTubeで上がっているので書いて問題ないと思いますので書かせて頂きますが、最初は4人でスタジオに入って準備をしていたそうです。当たり前に4人でゼリ→を復活させようとしていたのです。しかし社会のルールとYAFUMIが言っていてそれ以上はわかりませんが、4人でゼリ→を復活させることがどうしてもできなくなってしまったそうです。そこから悩みと葛藤の時間を過ごして、YAFUMIは一人でやると決断を下したそうです。それをメンバーに話したところ、『まぁそれもおれたちらしいかもね』という話しになったそうでした。

これは僕の勝手な憶測ですが、やはりドラムのコーヘイの参加が難しかったのかなと思いました。そしてコーヘイ抜きでドラムだけサポートを入れて3人で復活することは違うと判断したのではないかと思いました。

ゼリ→を復活することを諦めても全然おかしくなかった状況であったと思います。しかしYAFUMIはそれでも、周りの人間に頭を下げてでもゼリ→を復活させたいと強く思い、今回の活動に至りました。

YAFUMIがゼリ→をたった一人でも復活させたかった理由。その理由をライブMCで話しているYAFUMIの映像を見て思わず涙が滲んでしまいました。

YAFUMIが一人でもゼリ→を復活させたかった理由

ゼリ→という存在が大切という思いがまず大きかったのはもちろん、ゼリ→を愛してくれている人たちの止まった時間を動かしたかったということもあったそうです。

そして自分自身がゼリ→を復活させて何を歌えるのか、自分自身も試してみたかったということも話していました。そしてYAFUMIは一番の理由を話してくれました。

解散の原因を作ってしまったコーヘイの止まったままの時間を動かしてやりたかったというのが一番の理由だと話していました。

今回のゼリ→の復活をコーヘイに話した時に、『やる?』と聞いたらコーヘイはすぐに『やる』と答えたそうです。YAFUMIはこのコーヘイの言葉を聞いて素直に「すげーな」と思ったそうです。そしてコーヘイの心が止まったままで何も終わっていないと話していて感じたそうです。

自分たちはゼリ→が解散してから10年間音楽の世界で生きてきて、その中で浄化できていた部分もあったけれど、コーヘイは今一般人として懸命に働いているわけだけど、あいつは何も終わっていないんだなと思ったそうです。そしてコーヘイの中にある時間を動かして終わらせてやること、それがYAFUMIがたった一人でもゼリ→を復活させて歌いたかった理由だそうです。ゼリ→を好きだった人間はこのMCを聞いたら間違いなく感動してしまうと思います。そう思うぐらい僕は強く心に響きました。

そしてYAFUMIは力強くこんな言葉を続けました。『生半可な気持ちでやってんじゃねぇんだよ』と。そしてコーヘイのこと、そして自分たちのことを歌っている『キミのヒビ』という曲になるのですが、これはもう涙なくして聴くことは不可能でした。

何度聴いても感動し心が震えるゼリ→の新曲『キミのヒビ』

こんなに愛と希望に満ちている歌は他に類を見ないと個人的には思っています。もちろんゼリ→の歴史を知っていて、リアルタイムで観てきたからこそそこまで感動するのだと思います。だからこそ当時ゼリ→を好きだった人には絶対聴いてほしいのです。聴き逃してほしくないのです。

www.youtube.com

僕は今回のゼリ→の復活がオリジナルメンバーでないことやユータローがいないことが残念だという記事を過去に書かせて頂いているのですが、こういった背景はあることを知らずに書いていて、その時の自分を恥じたいと思います。

ミニアルバム購入したいと思います。そしてツアーも参戦したいです。

そして、今回のゼリ→復活について、Twitter上で「今回の件俺は無関係です。あまりにもこっちの問い合わせに質問くるのがウザイので名言しておきます。」と呟いたユータローですが、背景を知るとこれも非常にユータローらしいなぁと思いました。

リズム隊としてコーヘイとあうんの呼吸だったユータロー、彼が一番悔しい思いを噛みしめているのかもしれないと思いました。

                            M&O

+×

  • アーティスト:ゼリ→
  • 発売日: 2019/12/18
  • メディア: CD
 
ローヤル・ゼリ→

ローヤル・ゼリ→

  • 発売日: 2019/09/11
  • メディア: MP3 ダウンロード