THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブロガー。映画レビューを中心に文字でエンタメを発信中

忘年会に行きたくないなら行く必要はないし理由もいらない形が理想

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

忘年会に行きたくないなら行く必要はないし理由もいらない形が理想

こんにちは、M&Oです。

今回は『忘年会』について書いていきたいと思います。

 

会社の忘年会に行きたくない若者が増えているという記事がネットで話題になっていました。かなり思うところがあったので『忘年会』についてどう思っているかについて、また行きたくないという意見についてどう思うかを書いていきたいと思います。

忘年会に行きたくないなら全然行かないでいいじゃないかというのは僕の考えです。これは突き放しているわけではなく行きたくない人をどちらかと言えば擁護している意見です。なぜなら僕が忘年会というものに昔から全然行きたくない人間だったからです。

とは言っても会社員経験がないので説得力に欠けると思われるかもしれませんが、僕が曲がりなりにもいた芸能の世界では忘年会というものがめちゃくちゃ存在していました。仕事でお世話になった会社の忘年会にも呼ばれていましたし、何より所属してる事務所の忘年会もありました。さらに食べれていない時はアルバイトもしていたわけですが、アルバイト先によっては気を遣って頂いてのことなのでしょうが、アルバイトも呼ばれての忘年会があったりもしました。

はっきり言って僕はこういった会が非常に苦手です。ちなみに『打ち上げ』も超嫌いでした。どうにかして出ないで済む方法はないものかとよく考えたものでした。我ながらノリがいい人間ではないのでこういったものを楽しめた試しがありません。「ああ、来てよかった」なんて思ったことは記憶の限りではないです。寂しい人間と思われるかもしれませんが、性格なので仕方ないです。

少人数の飲み会や忘年会であれば全然いいのですが、大所帯であったり「来なくてはいけない」空気感を出されるような飲み会は非常に苦手なのです。苦手というか単純につまらないのです。なぜつまらないと思っているものに自分の人生の時間を使わなくてはいけないのかと考えてしまいます。みんなの前で挨拶とか超嫌いでしたし何の意味があるんだろうぐらいに思っていました。

なので若い人が忘年会に行きたがらないという記事を見て激しく共感したのです。そして会社という組織にいる以上は何か行かない理由を考えなければいけないということも書かれていて、もうそういったこともかわいそうだなぁと心底思いました。

f:id:myprivatecomedy:20191213020721p:image

忘年会に行かない理由で何がいいかを考える時間ももったいない

忘年会に行かない理由として体調不良とかいろんな理由が挙げられていて、中にはユーモアに富んだものもあって面白くもあったのですが、そもそもそんなことを考える理由がもったいないですよね。そしてそんなことに労力を使う事も気の毒です。

会社としては一種のケジメとか区切りといった意味合いや、恒例だからといったことで開催するのだと思うので、忘年会をやるのは全然いいと思うのです。何も「忘年会なんてこの世からなくなってしまえ!!」と思っているわけではありません。居酒屋さんの繁忙期でもありますし、経済的にもきっとあった方がいいでしょう。そして僕自身も仲の良い話してて楽しい人だけが来る忘年会には全然行きます。

会社全体の忘年会に関しては、来たい人だけくればいいというスタンスにするべきだと思います。行かない理由などわざわざ言わないでいい形にするべきだと思うし、行かなかったとしても後でブチブチ言われることのない形にしてほしいなと思います。僕はこういった組織にまったく入っていないので関係ないのですが、行きたくない人が行かねばならないストレスはとってもわかるので他人事じゃないように感じるのです。

普通に「行かない」と答えて終了でいいじゃんと思うのです。「なんで?」という問いかけなんていらないでしょう。特にお酒が飲めない人にとってはこういう会はかなり地獄だったりします。まだまだ上司でお酒を飲ませようとしたりする時代遅れの人間は必ずいるでしょうし。行くもストレス飲むもストレスじゃ本当にかわいそうです。

お酒が好きな人は基本的に行きたいという人も多いと思いますが、どうせ飲むならそういう場である必要はないと考える人も多いのではないかと思います。お酒好きな人が良く言う言葉で「飲みニケーション」という言葉をよく耳にしますが、これに関しても「は?」と思う事があるのです。

お酒を飲まなくても本音を話せる関係を築くことに努力するべき

「飲みニケーション」という言葉を使う人は大抵お酒が好きな人です。そういう場に行くと本音で話せるから有益なんだよと言ってきたりすると思うのですが、どうせならお酒を飲まなくても本音で話せる関係とか環境を作るように頑張るべきなのではないかと思うのです。

お酒を飲むと人が変わって毒を吐いたりする人をこれまで何人も見てきていますが、その状態で発した言動を本音だと捉えるなら結構大問題だと思います。じゃあ普段のこの人はなんなんだってことになりますし、酒の席だから許してやれという風潮もよくわかりません。本音だとしたら流したらだめでしょと思いますし。

それにお酒の力を借りないと本音を言えないというのも飲めない身からするとそれってどうなのかなと思いますし、飲まなかったら言えない本音なら一生言わないでいいよと思ってしまうのです。

忘年会のメリットを考えて絞り出してみた

考えられるメリットとしては、普段職場で話すことのない接点のない人と話す機会があって、話してみたら気が合って楽しかったということはあるんじゃないでしょうか。

あとは、それこそ恋をしている人などは話す機会ができたりする可能性があったりしていいんじゃないでしょうか。

・・・・・。それぐらいしか思いつかない。きっと他にもメリットは一応あるのだとは思います。だから忘年会自体をなくす必要はまったくないのです。ただ行きたい人だけ行くのが当たり前の風潮になればいいのです。本当に一刻も早くそういう感じになるべきだと思います。

というかもしも僕が忘年会の幹事だったら来たくない人に来てほしくないですけどね(笑)

                           M&O