THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

芸能事務所にスカウトされる人はどんな人か

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

芸能事務所にスカウトされる人はどんな人か

こんばんは、M&Oです。

今回は芸能界のスカウトについて書いていきたいと思います。

 

 

よく売れている芸能人が『芸能界に入ったきっかけは?』という質問に対して「原宿でスカウトされたのがきっかけです」なんて答えているのを見掛けますが、もちろんそういった人たちは嘘をついているわけではなく本当に芸能事務所にスカウトをされています。中には本当は自分から事務所に履歴書を送ったけれどもスカウトされたことにしている人もいるかもしれませんが、これは大してメリットがないと思われますので『スカウトがきっかけ』と言っている人たちはスカウトされて芸能界に入っている人たちがほとんどです。

芸能界にまったく興味がなかったという人に限ってスカウトをされている印象があるぐらい、『スカウトされた時は興味なくて一回断ったんですよぉ』なんて言葉もよく聞きます。これは真実の人もいればそうではない人もいるでしょう。そこまで強くないにしても少年や少女の時に漠然と憧れを持っている人は少なくないと思いますので、まったく興味なかったという人は稀ではないかと思います。ただあくまで僕の体感ですが、すごく魅力的なイケメンだったり、振り向かれるような美人って結構芸能界に興味がない人が多いような気がします。若いそういった人と知り合うと『スカウトされるでしょう?』とつい訊いてしまいますが、やはり『されたことはあるけどお断りしました』なんて答えが返ってくることも多いです。

ちなみに元役者の僕の芸能界に入ったきっかけは自分で芸能事務所に履歴書を送ってという形でしたが、それまでにスカウトをされたことは一応何度かありました。ただ事務所的に微妙というか怪しげなところあるしといった感じだったので、それなら自分で送ろうといった感じでした。大手事務所からスカウトされたらきっと行っていたと思いますが、残念ながらそれはなかったです。そんなものです、僕のルックスや雰囲気なんて。といきなり自分を卑下してしまいましたが、僕がスカウトとかされていたのって18歳以上になってからだったのですが(東京で遊んだりしたのがそれぐらいの年齢からだったかもしれませんが)今はだいぶ若い子がスカウトされるようになっているみたいですね。

芸能界のスカウトは若年化が進んでいる 永野芽郁のスカウトは小学校3年生

僕の時代のイメージだと20歳いかないぐらいの年頃だったり個人的には25歳ぐらいでもスカウトされていました。ところが今はかなり若い子がスカウトされるのが主流になっているようなのです。親と一緒に買い物をしている時にスカウトされるなんてこともとても多いようで、これは親もちょっと安心ですよね。登録料などと称してお金を取ろうとする怪しい芸能事務所って無数にあるわけですが、親と一緒にいる時にスカウトしてくる芸能事務所って変なところではなさそうな気がします。そしてちゃんとした事務所の人間が『この子売れる!』と思ってスカウトしたとしたら、親が一緒にいた方が好都合かもしれません。どういった事務所でこういう人が所属していなど親に直接説明できて説得もできますし。

いま大活躍している女優の永野芽郁さんを例に出すと、なんとスカウトされたのは小学校3年生の時だそうです。めちゃくちゃ早いですよね。でも今活躍している若い俳優ってこれぐらいの年齢でスカウトされている人が結構多いんですよね。若いけど芸歴は結構長いなんて人もたくさんいます。

少し話がズレますが永野芽郁さんは吉祥寺でスカウトされたそうですが、出身は田無という場所らしく、もし芸能界に入らずにそのまま成長していたら可愛くてかなり有名になっていただろうなと思います。そして噂となって結局スカウトされていたのではないかと思います。戸田恵梨香さんと同じ地元の知り合いがいたのですが、やはり可愛くて超有名だったそうです。他の中学校からもわざわざ見に来るほどだったとか。

ジャニーズ事務所がまさにといった形ですが、まだまだ若い子供と言える年齢の子の将来像を予想できるってすごいですよね。子供の時から顔って変わるのが普通なわけですが、成長した姿を見据えているわけで、見極める才能は素直にすごいなぁと思ってしまいます。

f:id:myprivatecomedy:20191212170238j:image

芸能界のスカウトはどんな場所でされるものなのか

これはもうほとんどが東京都内になると思います。玉木宏さんは確か名古屋でスカウトされていたはずですが、名古屋とか大阪はまだあるのかもしれませんが、圧倒的に東京が多いの現実でしょう。芸能事務所のほとんどが東京に集結しているわけですし。

そして東京の中でも原宿や渋谷が圧倒的に多いと思います。永野芽郁さんのように吉祥寺などもあるようですが、基本的には若い人が遊びに行く場所で芸能事務所のスカウトマンが原石を探しているといった感じだと思います。藤原竜也さんはスカウトというわけではないですが、ホリプロ主催の舞台『身毒丸』の主役オーディションの誘いを池袋で受けています。

スカウトマンと書きましたが、基本的にはマネージャーがスカウトすることがほとんどだと思います。そしてその方が所属した場合そのままマネジメントもしてもらえるので一番いいのではないかと思います。自分に魅力を感じてくれた人がマネージャーを担当してくれるというのはとってもいいことなので。

賑わっている街でなくてもスカウトされる可能性はもちろんあります。マネージャーが住んでいる街でスカウトされる可能性も十分にあるからです。事務所関係者が仕事に向かっている最中に見掛けて魅力を感じればスカウトもするわけですから、スカウト自体はいつどこでされるかというのは本当にわかりません。芸能事務所だって逸材を必死に探しているわけなので、どこにだってチャンスはあると思います。

しかし、悪質な芸能界のスカウトも存在しているのは確かなので気を付けなくてはいけません。

悪質な芸能界のスカウトには気を付けましょう スカウトされた時の対処法

ちゃんとした芸能事務所ももちろんスカウト活動はしているので、警戒心を強め過ぎてチャンスを棒に振ってほしくはないのですが、悪質なスカウトというのはやはり存在します。例えば何も知らないのをいいことに高額なお金を請求したりするケースです。『登録料がどうしてもかかる』『月々マネジメント代としていくら払ってください』『スカウトしているのでこの費用は免除しますがプロフィール代の何万円はどうしてもかかる』『レッスンは絶対受けてもらうからそのお金は毎月かかります』などあの手この手で浮足立った相手を食い物にしようとします。

そしてこういったところは契約を急がせようとします。そして所属者も全然芸能の仕事をしていない人が多かったりします。スカウトをされた場合は答えを急がず名刺をもらってしっかり考える時間をとりましょう。現在はググればいくらでも情報が出てきます。自分でも調べながら知人に芸能関係の人がいれば恥ずかしがらずに聞いてみたほうがいいと思います。僕はもう離れた身ですが今でもスカウトなどをされた人からは相談されたりしています。

僕の好きな俳優の安藤政信さんは高校生の時に大手事務所のスターダストプロモーションにスカウトされて芸能界入りしているのですが、名刺をもらって名刺の裏を見たら所属者が書いてあってあまりに有名な人ばかりだったので『絶対騙されてる!!』と思ったそうです(笑)特に芸能界に興味がなかったそうですが、母親から『することないんだからやってみたら』と声をかけられ始めたそうです。結果的に唯一無二の俳優になっているわけで、安藤政信さんが好きな僕からしたらスカウトした人に感謝です。

f:id:myprivatecomedy:20190125232910j:plain

若いうちにスカウトされるのが主流になっているようなので、ちゃんとした事務所で少しでも自分自身も興味があるのなら、学生のうちだけ試しに活動してみるというのもありかもしれません。面白いと思ったら続ければいいと思います。やりたくてもできない人がたくさんいる世界ですから、せっかくできる経験はした方が良いのではと思います。ただくれぐれも変な怪しい事務所には気を付けてくださいね。

そして芸能界に興味があるけれどもスカウトされないといった人はスカウトされるのを待つのではなく自分からアクションを起こしましょう。すぐに始められないなら今のうちに学べることを学ぶことも大切です。

こういったところもありますし。

スカウトに関してはスカウトされようと思っていない無欲な人がされている印象なので、スカウトされたいと思っている人は変に意識しない方がいいのかもしれません。

www.myprivatecomedy.net

                             M&O