THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

パソコンで作業する時にどんなジャンルの音楽を聴くのがベスト?

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

パソコンで作業する時にどのジャンルの音楽を聴くのがベスト?

おはようございます、M&Oです。

今回は『パソコンで作業をする時に音楽は何を聴くか』について書いていきたいと思います。

 

これはまさに十人十色だと思うので皆さんの意見も聞きたいなという思いもかなりあるのですが、まずは僕の現状や個人的なおすすめも書いていきたいと思います。

パソコンの作業と言ってもこれも皆さん様々だと思います。数字を打ち込んでいったり、まさに処理といった感じでこなす感じで特に頭を使わずに作業をしたりと様々な仕事があるかと思います。パソコンでの仕事をあまりやったことがないのでどんな種類のパソコンの作業があるのかがかなり謎なので例を全然出せずにごめんなさい。

そんな僕のパソコンで行う作業はもっぱら『文章を書く』という行為です。こブログを書くという行為以外では正直パソコンを全然使っていません。ブログ運営に付随することは行っていますが、それに関しては時間的に全然費やしていません。ほぼほぼ記事を書くことにパソコンを使用しています。そして一日のかなりの時間をこの作業に使っています。頭でいろいろと考えることも含めてですが。

そしてこの『文章を書く』という作業の最中に僕は音楽を聴くことが多々あります。これは今回はあまり関係ない話ですが、イヤホンの方が集中できる気がするので音楽を聴く時は100パーセントイヤホンで聴きながら作業をしています。僕が作業をしているのが夜中が多いということもあるのですが。

そして僕がブログを執筆している時に聴く音楽は様々なのですが、一つだけ外しているジャンルがあります。それが日本語の歌詞の曲、つまり邦楽なのです。

邦楽を聴きながら文章を書くことができない

日本のアーティストでもすべて英語の歌詞で歌っている人もいるのですが、そういったアーティストは今回は例外となります。日本語の歌詞で歌われている曲に限ってなのですが、僕は邦楽を聴きながら文章を書くことができないのです。

こういう人って僕だけでなく結構いるんじゃないかなぁと思っているのですが、どうなのでしょう。理由ははっきり言って『集中できない』からです。ちなみに僕は基本的に邦楽しか普段聴きません。歌詞に感動できたり共感できたりするかが僕が音楽に求める大きな要素なので、意味をすぐに理解できない洋楽には昔からそこまで興味を持てずに生きていきました。そして邦楽を聴きながら文章を書くことができない大きな理由がそこにあると思っています。

聞き流すことができないのです。『音』として聴くことができないのです。『言葉』として聴いてしまう癖がついてしまっているのだと思います。僕はメロディラインとか正直あまり意識していません。なので完全に言葉として聴いてしまうのです。そうなると文章を書いていると頭がよくわからない状態に陥ってしまいます。実際にそうなってしまったことがあるかは疑問ですが、もしかしたら書いている文章にその時に聴いている曲が少なからず影響してしまっているのではないかと思うのです。そして『我ながら全然集中できていないな』としみじみ思ったりします。集中している状態がどういう状態かも明確にはわかっていませんが、明らかに書くペースも落ちます。これは由々しき事態です。

そうなってくると聴くのは洋楽になってきます。パンクロックバンドをやっていたティーンネイジャーの頃は70年代パンクとかを好んで聴いていましたが、洋楽は好んで聴くことはもうずっとなくて知識もそうとうに我ながら疎いです。しかし何かしら音楽は聴きたいわという事でこのパソコン作業のためだけにiPhoneに入れているわけですが、いかんせん知識がないので昔聴いていたアーティストをついつい入れてしまいまして。

入っている洋楽と言えばセックスピストルズやクラッシュやランシドやちょっとコアなところだとオペレーションアイヴィとかそういったアーティストなのです。個人的には好きなのですがはっきり言ってめちゃくちゃガチャガチャしている音楽たちなのです。パソコンで文章を書いている時に聴く音楽として向いていますかと問われれば正直いって向いていないのです。よく考えたら最近は洋楽も聴きながら作業していません。気が散ってしまっては本末転倒ですよね。

そしてそんな紆余曲折を経て僕が辿り着いたのはクラシックと528Hzだったのです。

f:id:myprivatecomedy:20191211235238j:image

文章を書く時にはクラシックか528Hzが向いている?

一応集中しやすい音楽とか脳にいい音楽とかを調べてみた結果なのですが、どうやらクラシックがいいという情報が多かったので、早速クラシックをiPhoneに入れてみたのです。クラシックの知識も特にあるわけではないので選曲に困ったのですが、どうやらモーツアルトがいいらしいということでモーツァルトを聴くことにしました。映画の『アマデウス』も好きなのでちょうど良かったです。

そして実際にモーツァルトを聴きながら作業してみると、なるほど確かにいいじゃないかという気がしました。心地よさも感じられるのでリラックスできている感じもあるし、集中できている感じがします。雑念が入ってこないといった感じです。個人的には作業中にクラシックを聴くのはかなりおすすめです。現在もかなりの頻度でクラシックを聴きながら執筆作業をしています。

そしてもう一つ個人的におすすめしたいのが528Hzの音なのです。これは知っている人も多いのではないかと思うのですが、ネットで得た情報によると528Hzという音は人間にとって有益な作用をたくさんもたらすらしく、細胞が活性化する、癒しの効果がある、DNAの修復など他にも様々な効果があるようなのです。結構専門家らしき人達の記事もあったので個人的には信ぴょう性がかなりあると思っています。ただ信じるか信じないかはあなた次第です(笑)僕は単純な性格かつ影響をすぐに受ける性格なので、完全に528Hzに関する情報に踊らされかなり昔からお世話になっています。バレリーナのようにネットで得た情報で踊っています。ただ実際に効果を感じているのも事実で、聴いていていい感じの気分になってくるのです。ちなみに僕は思い込みも激しいので、それによって効果を感じやすいという自覚もありますので、おすすめはしますが効果があるかはお約束できません。

この528Hzwoを聴きながら作業するという事もやっているのですが、これもまたいいんです。あんまりイヤホンで大音量だと刺激が強い感じもするのですが、いい感じの音量で聴いているとこれまたリラックス効果と集中力が増しているのを感じます。なので個人的には作業するときにこの528Hzを聴くのもおすすめです。ちなみに僕は寝る前にも流しながら本を読んだりしています。

文章を書く時に向いているのはクラシックか528Hz、この二択なのではないかと個人的には思っています。おすすめです。

実はもう1つおすすめの集中の仕方があるのですが、これを言ったら元も子もないような気がしないでもないのですが、僕は時間に迫られている時などは耳栓をしてブログを書いているのです。

耳栓ってすごいと初めて使ってみて痛感している

最後に少しだけ書かせて頂きますが、僕は耳栓をして作業をする時があるのですが、正直めちゃくちゃ集中できます。耳栓を使った理由は以前住んでいた部屋で騒音が気になることがあったので使い始めたのがきっかけだったのですが、使ってみるとその効果がかなりすごかったのです。100円ショップで売っている耳栓なのですが十分な効果を発揮してくれています。現在は騒音に悩まされることはないのですが、他の音を完全に遮断できるので何か異空間にいる気分になるので重宝していまでも作業する際に使う時は使っています。エアコンの音とかもまったく聞こえないですからね。はっきり言って超集中できます。しかし今回は音楽のお話なので耳栓に関してはこれぐらいにしておきます。

www.myprivatecomedy.net

                            M&O