THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

電車や駅で暴力的になる人が多いことから感じるストレス問題

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

電車や駅で暴力的になる人が多いことから感じるストレス問題

こんばんは、M&Oです。

今回は電車や駅でのストレス問題について書いていきたいと思います。

 

ちょうどネットニュースで元AKB48の宮澤佐江さんが渋谷駅でおじさんに肘鉄を食らったことが取り上げられていて、悲しくて残念なニュースだと感じながら、駅とか電車って本当にそういう人が多くなる場所だなぁと改めて思いました。自分の経験としてもそう感じることが多く、ちょうど僕はこの宮澤佐江さんの記事を見た日と同じ日に同じような目に遭っていたのです。リアルタイムで同じ経験をしていたので尚更他人事とは思えませんでした。

僕はこの日(土曜日)お昼前に出掛ける用事があったために電車に乗っていたのですが、僕の乗る電車って土日もそこそこ乗客がいるんです。もちろんラッシュとまではいきませんがそれなりに人が詰め込まれる状態になります。僕は混んでいる電車が本当に苦手なので「なんで土日にこんなに混むんだ・・・」とげんなりしつつリュックを前に背負って電車に乗っているのですが、まぁそれだけ出掛ける人が多いという事はきっと経済的にはいいことなのでしょう。経済のことはよくわかりませんが多分そういうことなのでしょう。実際お金をいろんなお店で落とすのだと思いますし。そしてそんな感じで電車に揺られていたのですが、日本でも有数のターミナル駅に着いて、僕は乗り換えるために電車を降りようと思ったのですが、僕がいた側とは逆のドアが開きました。いつものことなのですが。こういう時にいつも思うのですが、ターミナル駅という事でかなりの乗客が降りるというのに一旦降りてくれない、導線を塞いでしまっている乗客っているんですよね。自分の行きたい電車内のポジションであったり座りたいなどが主な原因だと思うのですが、そこにいると降りることが不可能になるというのに一旦降りてくれない人っているのです。はっきり言って超迷惑です。今回もそういう人がいまして、毎度のことなのでそこまで気にしていなかったのですが、僕が降りようと移動している時に逆に電車の奥に強引に行こうとしている人がいまして、その人がすれ違いざまに肘でガンッ!と押してきたのです。しかも以外にも女性でした。さすがに心の中で「いやいやいやいや!おかしいでしょ!」と思ったのですが、こういう時は「きっと悲しい人生を送っているんだろうな」と思うようにしているので、その場では腹が立ったりイラっとしたりはなかったのですが、後々ちょっとイライラしてしまいました。こういう感情になってしまうこと自体にも腹が立ちます。肘で攻撃してきたその女性は電車に乗っている間僕の近くにいたわけでもないので、乗車中に何か僕に対してムカつくことがあったとは考えにくいですし、僕は降りる人の波に乗って降りていたので非常識な行動をしたとも思っていません。ズカズカと強引に降りて行ったわけでもないですし。なぜあの女性がそんな行動に出たのかが非常に疑問です。でも電車とか駅とかってそういう疑問を強く感じることがかなり多いんですよね。

以前は駅でいきなり後ろからおじさんに結構な勢いでぶつかられましたし。ショルダータックルみたいな感じだったので明らかに意図的だったように感じました。幸せそうに見えたのか何なのかわからないですが、嫉妬心から出た行動か?とよくわからない思考になってしまいました。それぐらい謎過ぎる行動だったので。

混んできたり遅延している時の電車とか駅って本当に怖いんですよね。たぶん普段そんなことないであろう人たちも気性が荒くなるというか。それだけ信じられないストレスがかかっていることが容易に想像がつきます。普段からストレスを感じている上に電車などで過度なストレスをさらに感じて爆発してしまう感じなのでしょうか。にも関わらずその生活を続けるのが当たり前って結構正気の沙汰ではない気もするのですが、普段ラッシュアワーに乗らない僕の方がマイノリティであり社会的には普通じゃないということになるんですよね。

f:id:myprivatecomedy:20191208122444p:image

満員電車で感じるストレスは戦場にいるのと変わらないという有名な話

満員電車で感じるストレスは戦場で兵士が感じているストレスに匹敵するという研究結果があることはもう有名な話だと思いますが、いつ命を落としてもおかしくない状況に置かれている人と同等のストレスを感じているってもう本当にやばいですよね。しかし変わらない状況がもうどれくらいの期間続いているのだろうか。映画の『カイジ』でカイジを演じる藤原竜也さんが「どいつもこいつも狂ってやがる!」と叫んでいましたが、満員電車に毎日乗り続けている人たちものんびりした国の人から見たらそう思われるのではないでしょうか。しかし『当たり前』というのはやはり怖くて、『当たり前』になるとそういった思いは見事になくなるのだと思います。

ビジネス系の著名人の本や動画で『会社の近くに住め!通勤時間は無駄でしかない』という言葉をよく見かけますが、それでもなかなかそういうことを実践している人は少ないんだろうなと混んでいる電車を見ていると思います。もちろんご家族がいたり会社の徒歩圏内は家賃が高かったりといった問題があるのだと思いますが。独身なら可能なのでしょうが。慣れたら平気なのかもしれませんが、慣れていない僕からしたら満員電車に揺られることで十分にクタクタになってしまいます。

僕は霊感もないし無宗教なのですが、もしも霊能者の人とかオーラが見えるといった感じの人が満員電車に乗ったら結構とんでもないことになるのではないかと思います。たぶん負のオーラが半端じゃなく漂っていますよね。混んでいる電車に乗っていると普段そうでもない人でも意地悪になってそうな気もしますし。

ストレスって本当にバカにできないと思うのです。宮澤佐江さんが肘でガツッ!っとやられたように、僕が肘で押されたように、もっとひどいことが平気で起きていると思います。そして僕は今回僕のことを肘で押してきた人に対して思うのですが、もしも僕がヤバい人でいきなりブチ切れて殴りかかってくるような人だったらどうするつもりなのだろう。後先を考えることは大切です。にも関わらずそんなことをしてしまうというのは、それぐらいストレスが溜まっているのだと思います。『こんなことをしたら後でこういう目に遭うかもしれない』ということはそれなりに成長した子供でも考えると思います。最近は昔の見るからに不良といった感じの人たちが減った分、普通そうに見えて何するかわからない怖さがありますからね。自分の身を守るためにも非常識なことはしない方がいいと思います。しかしそんな考えもなくなってしまうほどストレスを抱えているのでしょう。そう思う事で肘で押してきた人に対する僕自身のイライラは消え去りました。

まだまだ日本の電車の混雑事情は良くならないと思いますので、僕はなるべく電車に乗らないで生きていけるように、頑張らなきゃと思いました。ただ車の運転も煽り運転とかされたら嫌なので、タクシーが一番だなと思います。そのためにはもっと頑張らなきゃなのですっ。東京オリンピックの時とか電車とかやばいことになるのかなぁ。僕は生で観戦したいとかまったくないので、東京オリンピックの時は東京を離れていたいなぁと思います、これも一つの目標にしよう。

                               M&O