THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

役者を諦める人の年齢や理由とその後の人生

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

役者を諦める人の年齢や理由とは その後の人生とは

こんばんは、M&Oです。

今回は『役者を諦める人の年齢や理由』について書いていきたいと思います。

売れることを夢見て下積みを頑張ってきた人が、役者で成功する夢を持って生きてきた人が役者という道を諦める時とはいったいどんな理由が多いのか。そして大体何歳ぐらいの時に諦める人が多いのか。今回はそんなことについて書いていきたいと思います。

役者の世界は早い人では10代の頃から、遅くても20代でほとんどの人が役者を志します。そこから無我夢中で頑張り続ける人もいれば、フラリフラリとしながらなんとなく惰性で続ける人、一度はそれなりに陽の目を浴びたもののまたアルバイト生活に逆戻りするなど、役者をやっている中でもたくさんのタイプがあるというか、歩み方は十人十色です。劇団などに参加している人は結構な金額の借金を背負う人もいます。

僕自身も役者業は現在行っていません。ただ諦めたのかと言われればそんなこともなく、また始めたくなたったら始めようかしらという思いです。僕は運よく役者の仕事だけで生活させてもらっていたり、いろいろなお仕事もさせてもらったので、理想と現実のギャップにもそれなりに苦しんだというか矛盾を感じたりして、自分自身のモチベーションの低下というのもあったので、また心からやりたい気持ちになってモチベーションが上がったらその時にまた考えればいいかなと思っています。現在はこうやって文字で発信することに楽しさを見出していますし。そんな感じなので僕の場合は悔いを残して諦めたりとか覚悟を決めて役者を諦めたという感じではないので、ドラマティックな感じでは全然ありません。たぶんこのまま役者業を再開せずに一生を終えても後悔はしないだろうなと今は思っています。ひとまず僕のことは置いておいて書かせて頂きますね。

それでは『役者を志している人が役者の道を諦める年齢と理由』に触れていきたいと思います。これは大体お察しがつくと思うのですが、30歳という年齢が大きな節目になっている気がします。何がどうして30歳なのか皆目見当がつかないのですが、30歳までに芽が出なければ辞めると決めている人が僕が出会った中でも多くいました。そして実際に30歳ぐらいで辞めて行った人たちが多くいます。そしてこの30歳ぐらいで辞めていく人たちも様々な経緯を辿っています。アルバイトばかりで役者の仕事を全然できずに辞めて行った者もいれば、仕事は少しはしたけれど年に何回かの人、舞台には立っていたけれどチケットノルマがある舞台で売れなければ自腹を切らなければならない人、劇団を立ち上げて活動していた人、そして中には役者として全然食えていたのに辞めてしまう人もいます。

そしてこういった人たちに対して個人的に思うのは、『全然いいじゃん!』ということです。人生は役者を辞めてももちろん続いていきます。もっと楽しいと思えることに出会う可能性だって大いにあります。たぶん30歳という年齢設定の人が多いのはリスタートできるのは30歳までと漠然と考えているからだと思います。恋人がいる人などは結婚も考えると思いますので、恋人との結婚を優先させるならそれもまた自由です。ちなみに僕は夢を優先させて結婚の機会をことごとく棒に振ってきました(笑)ただ相手の人たちには申し訳ないことをしてきたという思いこそあれ、それに対して後悔はまったくありません。今も一人だけどそれもまた自分の選んだ道です。

辞める理由の一つに親と約束しているという人もいました。継がなければいけない家業がある人もいました。ただこれに関しては売れたら家業継がなかったんかいと突っ込みたくなる時もありましたが(笑)ただこれもやはり個人の自由で周囲がとやかく言うことではまったくありません。稀ですが役者で食えていても家業を継ぐために辞めた人もいましたが、こういう人は素直に「かっこいいなぁ」と感じました。

厳しいことを一つ言うと『早く辞めた方がいいのになぁ』と見ていて思う役者志望の人もやはり結構いました。役者とは自称だけで何も努力していないじゃないかと感じる人もたくさんいましたので、そういう人は早いところ辞めた方がいいのでは?と思って見ていました。最悪役者の仕事がなくても必死に努力をしていたらまだ役者として見られると思いますが、そんなこともない人が自称役者の状態だとそれは『何者でもない』だけですからね。

役者として食べれていたのに辞めていく人達に関しては、これも理由は様々あると思うのですが、大きな理由の一つとしてそれなりに仕事をしたからこそ見えたものがあるというのも大きいと思います。中に入らないと知り得ないことってやはりあるのです。それは事務所の力関係であったりといった部分や、上には上がいる現実を思い知るといったこともあると思います。僕も未熟ながらそういった思いは感じていました。まだそんなにどっぷりと役者のお仕事をしていない状態の『あまり知らない状態』というのがもしかしたら役者をやっていて一番楽しい時期なのかもしれません。しかしこれも本人の立ち回り方ややる気次第で打破できる可能性があることなので、この問題にどう立ち向かうかはその人次第になると思います。事務所の移籍などをしっかり考えて行った知り合いの役者は今もしっかり活躍しています。

そして食えていても辞める人の中には、マンネリを感じたからという人もいれば不安定な生活に疲れたという人もいます。役者のギャラの支払いは月給のサラリーマンとは比較にならないぐらい波がありますからね。僕もこの不安定さには結構疲れていました。貯金の習慣がないのが一番の問題なので自業自得なのですが、事務所に前払いをしてもらう事も少なくなかったです。まさに好きだから続けていられたという感じです。

そして今回言いたいのは、役者を諦める行為が『挫折』にならないようにすることが大切になのではないかという事なのです。

f:id:myprivatecomedy:20191207223105p:image

挫折と感じない諦め方をすることが大切だと思う

『諦める』ことは確かに『挫折』かもしれないけれど、挫折になるかどうかは諦め方に大きく関わってくると思います。個人的に思うのは『やりきった』と思えるかどうかだと思います。『これだけやってダメだったらもうだめだよ!』と思えるぐらいやりきったなら結構すっきり諦めることができるのではないかと思います。もちろん実際には努力に努力を重ねている人は上には上がいるので、本当にやりきったというのは存在しないことかもしれませんが、大切なのは自分がそう思えるかどうかかと。長く続けていると節目節目で自分で選択をしなくてはいけないこともたくさん出てきます。そしてその選択の結果が必ずしも正しくなかったと感じることもあります。たらればを考えるのが人間です。そこで「自分で決めて選択したこと」と思えるかも大切だと思いますし、誰かのせいにしないという事も大切だと思います。

やりきったし自分で決めて選択をしてきた結果『諦めた』ならば、後悔の念って感じずに済むのではないかと思います。そうなれればその後の人生も前向きに生きることができるんじゃないかなぁと僕は思っています。そうしないと再びやりがいのある仕事とか見つけるのって難しいのでははいかと思いますし。それに本気で取り組んできたならばその後の人生でもその経験はきっと活きるでしょうし。個人的には好き勝手にやりたいことをやってきて、これから人並みの幸せを求めるなんて図々しいなという思いもあります。なので後悔もないのですが。自分で選択してこの人生を歩んできたので、もうこの人生を謳歌するしかないのです。その中で自分が楽しいと思えることに夢中になれたら十分幸せなんじゃないかと。夢中になれるものが見つからないことが何より怖いかもしれません。

そして30歳になったら辞める人が多いとは書きましたが、何歳になっても周囲に迷惑さえかけなければ全然続けていいと思います。むしろやりきったと思えるぐらいまで続けた方がいいと思います。

そして逆にこれから役者という夢に向かっていこうとしている人たちは、ぜひまずはチャレンジしてみた方がいいと思います。やってみて初めてわかることがあまりにも多いので。夢を持てること自体がまず才能です。そして行動を起こすことができることも才能です。才能は発揮したほうがいいです。そして夢中になれたら素晴らしい時間を過ごせることでしょう。さらにもしも諦める時がきたら、『やりきった』と思える状態になれていたらさらに素晴らしいのではないかと思います。

                               M&O

動かなければ始まらない。