THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

ウーバーイーツ基本報酬引き下げで思う「嫌なら辞めればいいのに」

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ウーバーイーツ基本報酬引き下げで思う「嫌なら辞めればいいのに」

こんばんは、M&Oです。

今回は『ウーバーイーツ』について書いていきたいと思います。

日本でもだいぶ見掛ける機会が増えた飲食宅配代行サービス「ウーバーイーツ」ですが、東京都で働く配達員の基本報酬の引き下げが11月29日に行われ、これに対し配達員で構成される労働組合は「一方的な引き下げだ」と抗議し団体交渉を求めているがウーバー側は拒否しているという事態になっています。

皆さんはウーバーイーツを利用したことがあるでしょうか?僕の周囲でも利用している人たちはかなり多くいます。僕は出前を取るという習慣がまったくないので利用したことがないのですが、ウーバーイーツがかなり浸透しているという印象はかなり強く受けています。街中でもあの黒いボックス型の箱を背中に背負って自転車で疾走している人たちをよく見かけます。ただ正直あんまり良くない印象を受けることも少なくなくて、結構人が多く歩いている歩道を自転車でスピードを出して疾走していたり、地図を見ているのだとは思うのですがスマホを見ながら自転車に乗っていたり、見た目的には清潔感を感じられない人を見掛けたりと、個人的にはそういう感じの配達員を見掛けるたびに「あんまり利用する気にならないなぁ」と思ってしまい、出前を取る習慣がない上にこういう印象を受けることがあるのでこれまでウーバーイーツーを利用したことがありません。

そんなウーバーイーツですが、今回の基本報酬引き下げとそれに対する抗議の記事を読んでみると、配達員は個人事業主扱いなので労働基準法が適用されないということでした。まぁ好きな時に働いて報酬を得ているわけですからそれもそうだともう気持ちが強いのですが、さらに個人的には配達員として働いている人たちが権利を主張し過ぎなのではないかしら?と思ってしまいます。自分が働きたくない時は働かないでいい雇用形態なのに、基本報酬を引き下げられて「困る」と主張しても説得力に欠けるというか。もしも1日のうちの何時間かを必ず拘束されていて、他の仕事をしてはダメですよと決められていて、その状況で「一方的に基本報酬の引き下げ」を行われたら「困る」とc主張するのもわかりますが。いやそれでも個人的には「じゃあ辞めて他のことでお金稼げばいいじゃない」と思ってしまいます。

そして今回のこのウーバーイーツの基本報酬引き下げの記事を見て僕が1番疑問に思ったのは「なぜそこまでしてその仕事を続けたがるのかしら」ということでした。

f:id:myprivatecomedy:20191206135048p:image

みんながその仕事をやらなくなれば雇う側は報酬額を上げざるを得なくなるのではないだろうか

他の仕事に関してもそうなのですが、本当に納得がいかなかったり、抗議をするぐらい「ふざけるなー」という思いを持つぐらいなら、全然辞めた方がいいんじゃないの?と僕は思ってしまいます。もちろんケースバイケースではあると思いますが、特に今回の個人事業主として仕事してきていて、さらに仕事内容を考えた時に「なぜそこまでウーバーイーツで飲食宅配代行サービスの仕事をすることに固執するのか?」という疑問を強く感じてしまいます。

人によってはもしかしたら壮大な目標があって「自転車で配達することがその目標に繋がるから続けたいんです!」という人も中にはいらっしゃるかもしれませんが、そういう人はそんなに多くはないと思うのです。むしろほとんどいないんじゃないかと個人的には思っています。失礼かもしれませんが、僕的には「なぜあの仕事を選んでいるか」も少々疑問に感じているぐらいなので。若い人がお小遣い稼ぎとかならまだわかるのですが、結構な年齢になっている人もよく見掛けます。年齢なんて関係ないのはもちろん承知していますが、配達の料金を少し見ただけでもとても割のいい仕事だとは思えないし、天気にもされるし(雨とか雪の日の配達なんてどう考えても大変です)、コミュニケーション能力を養えるとも思えないし、紫外線を浴びまくるし、雇用形態は個人事業主で何の保証もないし、なにより日本はチップの文化がないのでこういう仕事ってあんまりおいしいと思えないのです。他にやりたいことがあってそれに取り組んでいて空いた時間を効率よく使えるということでやっている人も多いのかもしれませんね。お笑い芸人さんとか役者の卵とかも結構いるのかしら。そういうことならまだわかるのですが、でもそんな人たちは多分あんな抗議とかしないと思うんですよね。「それなら他でバイトしますわ~」ってなって終わりになると思うのです。

今回は関連する記事を読んでいる限りは個人事業主として働いている以上労働基準法が適用されないとのことなので、雇い主からしたら「いやいや、抗議とかしないで引き続き仕事を受けてくれる人に頼むから文句がある人は辞めてくれればいいよ~」という思いなのではないかと思うのです。もしあり得ないぐらいの低い報酬に設定されたらみんなで仕事を受けなくなるだろうし、そうなったら「あ、この金額じゃあまずいんだな、じゃあ金額を上げよう」ということになるのではいかと思います。ストライキとはまた違うイメージです。社員として働いているわけではないですし。

ただ単に他の仕事を探せばいいだけだと思います。特に今回の個人事業主扱いの働き方なのであればなおさらそう思ってしまいます。

最後に少しズレた話しになるのですが、見た目ってやっぱり大切だなぁと思います。もし街中で見掛けるウーバーイーツの配達員の人たちがみんな清潔感あってオシャレでスタイリッシュな感じで、マナー違反もしていない人ばかりだったらだいぶ印象違っていたんだろうなぁと思います。

やりたいことをやっていたり夢を追っている人にとってはアルバイトなのかもしれません。

いつかは僕も「ウーバーイーツ」を利用してみたいと思います。出前取った経験全然ないけど。

                               M&O