THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 映画レビュー・俳優に関することやインターネットや暮らしに役立つことを発信

芸能人になりたい人が知っておいた方がいいこと

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

芸能人になりたい人が知っておいた方がいいこと

こんにちは、M&Oです。

今回は芸能人に憧れを持っている人について書いていきたいと思います。

 

テレビや映画や舞台やミュージカルで活躍する俳優女優、そして音楽の世界で活躍するアーティスト、アニメやゲームで活躍する声優の世界、バラエティ番組の世界で活躍するタレントなど、華々しいイメージを持たれることの多い芸能人。

むしろ華々しいイメージを持たれなければいけないのが芸能人だと思います。

さらに現在はインターネットも昔とは比べ物にならないぐらい大きな影響を持つようになっていて、エンターテインメントの世界でもそれは変わらず、ユーチューバーなどで大活躍して芸能人と同じぐらい、むしろそれ以上の知名度を誇る人もたくさんいます。

幼少期からこれまでの人生で「芸能人に憧れる」といった経験がある人はかなり多いのではないかと思います。

具体的な行動を起こす人となるとグッと減ると思いますが、口に出したことはなくても心の中で「自分も芸能人になりたい」「あの華やかな世界に行きたい」と思ったことがある人はかなり多いと思います。

子供の頃なんて特に無邪気にそんなことを思っていたのではないでしょうか。街中でスカウトされて芸能活動にチャレンジする人が多いのもそういった思いが心の奥底にあったり、昔ちょっとでも思ったことがあるという要因が大きいのではないかと思います。

「自分には無理だろう」と勝手に自分で思い込んでいたり「行動を起こしたところで難しいだろうな」と思っていた背中を押してもらうような感覚なのではないかと思います。

そしてもちろん「絶対に役者になる!」「絶対にアーティストになる!」「声優として活躍する!」と強い意志と希望を持って芸能界にチャレンジしたいと思っている人もたくさんいらっしゃると思います。

一般的に「夢」とカテゴライズされる感じですね。しかしまだ芸能活動をスタートしていない多くの人が陥りやすい状態が「華やかな部分しか見ていない」「華やかな部分しか見ようとしない」ことです。

芸能界というところがそう見せるように努めていますのでそう思われることは芸能界にとっては狙い通りということになるのですが。

お笑い芸人さんの世界だけはかなりの貧乏や下積みが必要と認知されていますが、他に関してはそこまで具体的にどんな苦労があるかなどはあまり公に出ることは少ないと思います。

遅咲きの俳優さんはトーク番組などに出た際にし下積み時代の話をしてくれていますが。

しかし若くして売れている人であろうと天才ともてはやされている人であろうと、確実に努力をしてきています。

テレビなどで見せている顔とは違う面を持っています。昔は若干そういった風潮があったような気がしないでもないですが、現在はイケメンだからとか可愛いからなどだけで「売れる」こともなければ「売れ続ける」ことはありません。

見えないところで頭を悩ませて考えていて、努力もしてきています。わざわざ言わないだけです。なぜ言わないかと言えばそれが当たり前のことであり、また努力しているとか頑張っているといったことが何の評価にもならないことを知っているからです。

結果がすべてだとわかっているからです。役者の例で言えば「頑張っているけどいまいちな演技の役者」と「頑張っている感じはないけど魅力的な演技の役者」がいたら当たり前に後者の「頑張っている感じはないけど魅力的な演技の役者」が起用されます。

これは役者に限らずどの職種でも共通に言えることだと思います。

努力していることが当たり前とされるのです。容姿が端正な人たちが多い芸能界は「何もせずに成功を手にしている」と勘違いされやすい世界のトップレベルだと思います。

絶対そんなことはないのです。売れている人たちがすごいのはそういう頑張りをしながらにニコニコして華々しく見せているところなのです。

f:id:myprivatecomedy:20200606112556j:plain

芸能界のどのジャンルの人も成功している人はしっかり勉強してきている

現場で学ぶのが一番いいという意見をよく耳にしますが、この意見には僕も大いに賛成です。100回のレッスンよりも1回の現場という言葉もあるぐらいです。

ただ現場に参加する機会というのはいきなり得られるものではありません。エキストラとかなら簡単に現場に参加できますが正直言ってエキストラで現場に参加したところで得るものはないでしょう。プレッシャーも責任もないですし。

そんな中で現場に参加できる機会を何もせずに待っていても仕方ありません。なので勉強したりスキルを身につけたりする必要があるのです。

知識だってないよりもあるに越したことはありません。ワークショップに参加するのもいいですし、芸能スクールや養成所で様々なことを幅広く教わることも役に立つでしょう。そういった経験は無駄になることはありません。

あの憧れの俳優はレッスンとかを全然しないでいきなり現場に行って現場でいろんなことを学んだと言っていたから自分もそれでいいと思う人もいるかもしれません。

ご自分がそうしたければそれでいいと思います。相当に輝きを放っていて街を歩けば振り向かれるぐらい端正なルックスの持ち主ならば、そういった道もあるかもしれません。

ただそういった人たちも確実に努力しているし、いきなり現場で学んでいくという苦労を味わっているはずです。そしてそういった人たちは非常に稀です。

勉強したりレッスンしたりすることでつく自信もあります。そんな自信が仕事に繋がることも少なくないでしょう。

何もしないで売れている人はいないです。華々しく見える裏には努力の跡が確実にあります。夢を持つことは素晴らしいことだし、人生を豊かにしてくれるものだと僕は思っています。

そしてやりたいと思ったことはぜひやるべきだと思っています。やりたいことを見つけられて、それをやりたいと思うことがもう1つの才能だと思いますので。

夢を叶えるためにできることから少しづつでもやっていって、いろんな経験をすることがきっと強みになると思います。芸能界は甘い世界ではないともよく言われますが、本気になったらどんな物事でも甘い世界はないと思います。

スポーツの世界なんてもろにそうだと思いますし。道が険しく感じるかもしれませんが、そんなことも楽しめるたらすごく強いと思います。 

                       M&O

www.myprivatecomedy.net