THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

芸能スクールや養成所に通うべきか 俳優声優タレント歌手を目指す人へ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

芸能スクールや養成所に通うべきか 俳優声優タレント歌手を目指す人へ

おはようございます、M&Oです。

今回は『芸能スクールや養成所』について書いていきたいと思います。

俳優や声優、タレントや歌手になりたいと思う人は何から始めればいいのか、何をするべきなのかで悩む人もきっと多いのではないかと思います。僕は今は離れていますが曲がりなりにも役者業で生計を立てていましたので、経験を踏まえながら今回は『芸能スクールや養成所』について書いていきたいと思います。

『芸能スクールや養成所』には通うべきなのかどうかと考える人は多いと思います。知り合いに芸能関係の人間がいない場合は何から始めたらいいのか、どうやって始めたらいいのかがわからないといった人たちがほとんどだと思いますので。

結論から言うと『芸能スクールや養成所』に行くことは決して無駄にはならないと思います。しかしそれがその人にとって最良の道であったりベストな選択なのかはわかりません。はっきり言って『芸能スクールや養成所』に行ったところでその人自身がどのような意識を持っているか、そしてその芸能スクールや養成所が果たして意味のあるレッスンや講義を行っているかもピンキリだからです。

しかし俳優や女優、声優、タレントや歌手、エンタメの世界で表現する上で何もしないで成功することはほぼ不可能と言えます。とんでもなくセンスのある人間が稀にいるのですが、大多数の人間はそんなセンスは持ち合わせていません。だからと言って悲観する必要はまったくありません。努力をしてスキルを身に着けることでカバーできるからです。現在第一線で活躍している方々も間違いなく努力をして今の地位を築いているのです。

現在はワークショップなども多く開催されていますので、自分で調べてワークショップに参加してスキルを磨くというのも全然いいと思います。ただまったくの未経験の人がいきなり演技のワークショップに連絡して参加するのはもしかしたらなかなかにハードルが高いかもしれません。

ちなみに僕は芸能スクールにも養成所にも通っていませんでした。芸能事務所に所属する機会があったのでそのまま運よく芸能活動をスタートすることができました。そして事務所が用意するワークショップには通っていました。その後自分でも動いて様々なワークショップにも行きましたが、今思い返してもそういったものに参加して良かったと心から思っています。もちろん行ってみて「あれ?」と思うワークショップもあってそういう場合は次回からは行きませんでしたが。

それでも実際に役者の仕事で生活するようになって、いろんなジャンルのお仕事をしていくうちに自分の勉強不足を嫌というほど味わいました。個人的に痛感したのは、僕は元々映画が好きで役者になったので映像だけをやりたかったのですが、人生は何が起こるかわからないものでやっていくうちに舞台やミュージカルの仕事も頂くようになったのですが、その時にダンスや歌に関してまったく学んできていないことでとっても苦労しました。自分自身が苦労するだけならまだ良いのですが、結果的に現場で迷惑をかけることになるわけで、何度『ダンスとか歌の訓練をしていれば』と思ったかわかりません。アクションなどに関しても同じことが言えます。現場で教えてもらってできてしまう人間も確かにいるのですが、自分がそういう人間じゃないのならもう努力してできるようになるしかないのです。そしてその時に過去に教わっていたりそれなりに訓練をしていた経験があることは非常に大きいのです。なので個人的にはやりたいことに関連するスキルを磨く機会は自分から求めた方がいいと思います。

そして専門的に一つのスキルに特化するといったことも非常に大切なのですが、そこまで深くないにしても幅広く経験を積んでいくことも大切だと思います。芸能スクールや養成所はそういったことを叶えるには非常に適した場所なのではないかと思います。

しかし芸能スクールや養成所に通う上で気をつけなくてはいけないことも存在します。

芸能スクールや養成所に通うならば馴れ合わない強い意志が必要

芸能スクールや養成所に行くにあたって心配なのは有意義な授業・レッスンが行われているかです。ワークショップなどでも同じことが言えますが、講師の質というのは非常に大切です。できれば体験的なものにまず参加することをお勧めします。いきなり安くはないお金を払い込んだりするのはかなりのリスクが伴うと思われますので。できればそれなりの実績がある人がベストです。その人に教わって活躍しているいる人がいるのが一番ですが、なかなかそこの部分ってわからないところなので難しいかもしれないですが。フィーリング的なものも大切にしてほしいです。厳しい人ほどいいとは一概に言えませんが、厳しさの中に楽しさを見出すことができるようになればその後の強みにもなると思いますので厳しい講師に必死に食らいついていくというのはいい経験になると思います。

そして一番気を付けてほしいのは『馴れ合いにならないようにする』ことです。芸能スクールや養成所に行くといわゆる同期といわれるメンバーがたくさんいると思います。その同期のメンバーがとてもストイックで意識が高いのであれば仲良くして深く付き合って全然いいと思うのですが、そんな状況はたぶん滅多にないでしょう。周りの環境というのは思っている以上に重要です。周りの環境が自分にとっての『当たり前』になるからです。ものすごく努力している人と付き合っていればそれが当たり前となり自分も当たり前と思って同じように努力するようになります。ただ逆になぁなぁでやっている人間たちが周りにいるとそのなぁなぁさが自分にとっての当たり前になってしまいます。愚痴ばかり言う集まりに入ってしまいますとせっかく成長できる機会を失ってしまうことも多いです。そんな集団に入ってしまうぐらいならどんな目で見られようが一人でいることをお勧めします。僕は今まで芸能スクールや養成所あがりの人達とも接点がありましたが、妙な連帯感を持っている印象を持っている人たちもいました。そういう人たちはやたらと飲み歩いていたりととてもじゃないですがスキルを磨くために頑張っている感じは受けませんでした。もちろんそういった人たちに芸能の仕事はありませんでした。

決して群れない強い意志を持ってほしいなと思います。せっかく芸能スクールや養成所に通うならその期間は24時間自分のやりたいことを考えるぐらいでいいと思います。好きならそんな状況でも苦にはならないと思います。それを苦に思わない人たちが集まっているのがエンタメの表現の世界です。情熱を忘れずに通ってほしいなと思います。身に着けたスキルはきっと無駄にはなりません。

そしてまずは行動してみることが何より大切です。小さなことでもまずは動き出してみたほうがいいです。夢であったりやりたいことがあるのは素晴らしいことです。そういうものを見つけられることがまず才能であり、それをやりたいと思ったならそれはあなたの個性です。後悔しないようにチャレンジしてほしいなと思います。応援しています。                         M&O