THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

オシャレコインランドリーが増えているのはミニマリスト増加の影響か

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

オシャレコインランドリーが増えているのはミニマリスト増加の影響か

おはようございます、M&Oです。

今回は『オシャレなコインランドリー』について書いていきたいと思います。

自宅に洗濯機があって室内乾燥などができる設備がついている家に住んでいる人はあまりご存じないかと思うのですが、実はここ最近街にオシャレなコインランドリーが急増しているのです。

僕の自宅に洗濯機がないことはこれまでもこのブログで書かせて頂いてきているのですが、決して洗濯機を買うお金がないわけではなく不要だと思っているので購入していません。僕は引っ越しが好きなのでなかなかの頻度で引っ越すので、洗濯機などの大きい荷物はできるだけ持ちたくないのです。そしてどんな高価な洗濯機を買おうといつかは壊れる物だと思いますので、そうなった時に処分するのも面倒だしお金もかかるしで、それならばいっそ洗濯機を持たなければいいという結論に達し、気付けばもう何年も洗濯機が自宅にない生活をしています。余談ですが冷蔵庫も持っていません。たださすがに冷蔵庫はあった方が便利なので引っ越す際になるべく冷蔵庫備え付けの部屋を選ぶようにはしています。なければないで問題ないのでしばらく冷蔵庫なしの生活をしていたことも全然あります。他の物に関してもあまり持たない生活を心がけていますので世間でいう『ミニマリスト』というものに僕は当てはまるのかもしれません。多分当てはまると自負はしています。すぐに処分してしまいますし、ここ最近はもはや『買わない』という選択肢を選ぶことがほとんどで結果的に購買意欲もどんどんなくなってきてしまっています。これも寂しい一人暮らしだからできることだとは思いますが。

そんな感じなので洗濯機で自宅で洗濯をすることが皆無なのですが、だからとバスルームで洋服を手洗いをしているわけではありません。週に1,2回コインランドリーに足を運んで洗濯をしているのです。先日も飲み会の席で(僕はお酒飲めないので飲んでいませんが)こういった話になりお話をしたのですが、初めて聞く人はかなり驚かれるんですよね。そして決まって僕が極貧生活を送っていると勘違いするのです。自宅に洗濯機や冷蔵庫がないと貧乏なのではないかと思うのは、これまでの日本の文化として当たり前なのかもしれません。一応書いておきますが昔にそれなりに貧乏時代を経験はしていますが現在はそんなことないと自分では思っています。ちなみに自分で『あの頃は貧乏だったなぁ』と思う時期は自宅に洗濯機ありました。たしかもらいものでしたけど(笑)

買えないんじゃなくていらないから買っていないだけなのですが、下手すると強がりと受け取られてしまいよりお金がない人と思われている感じになります。まぁそう思われても全然いいんですが。会社員とかじゃないからよりそう見られがちなのかもしれません。時代は変わりつつあるというのに。

しかしここ最近物を持たない『ミニマリスト』が急増しているのではないかと感じているのです。そう感じた理由が『コインランドリーの量が増えている』ことと『コインランドリーがやたらとオシャレになっている』ことなのです。

f:id:myprivatecomedy:20191202225013j:image

一見コインランドリーに見えないコインランドリーが増加している

コインランドリーって多くの人がイメージするのは古ぼけた感じで少し狭い感じのいい方は悪いですがちょっとボロい感じのコインランドリーを想像する方が多いのではないでしょうか。実際に昔のコインランドリーってそういう感じだったと思います。僕自身もそういったイメージを持っていました。そしてコインランドリーに来ている人もお金のなさそうな人が来ているといった印象でした。梅雨の時期は乾燥機だけ使いにくる普段コインランドリーを利用しない人も多くいらっしゃいますが、シーズンを通してコインランドリーに来ているのは服装などもお金を持っていなさそうな人が多かった印象です。洗濯機置き場のない部屋に住んでいたり洗濯機を買うのがもったいないといった人が実際に多かったのではないかと思います。個人的にはコインランドリー=青春ぐらいのイメージでした。夢を追っている人が利用しているといった感じの。

しかし今はそんなイメージを払拭するコインランドリーが続々と出てきているのです。コインランドリーを普段利用しない人ってコインランドリーを意識して生きていないと思うので街で見かけたり車で通り過ぎたりしても気にも留めないというか気付かないことが多いと思うのですが、僕ぐらい長年のコインランドリーユーザーになりますと街でコインランドリーを見掛けると異常に反応してしまうのです。「おお、こんなところにあったのか」「えっ?ここ綺麗そうだな」「こんなところに作って需要はあるのだろうか」などなどいろんな感想をその度に持ってしまうのですが、少し前から一見コインランドリーに見えないコインランドリーが出現し始めていて、これまで以上に驚くことが増えてきたのです。

すごくスタイリッシュなのです。デザイナーズマンションのような雰囲気を醸し出しているのです。中にはソファーとかも置いてあったりするのです。そして見るからに清潔な感じもすごくするのです。若い人が使いたくなるような佇まいなのです。僕は洗濯機に入れてスタートしたら基本的にどこかに出掛けてしまうタイプなのですが、このスタイリッシュなコインランドリーならば全然中で待ってもいいなと思います。スマホいじったり本を読んで時間を潰しても全然いいなと。パソコンを持って行って作業したくなりそうな雰囲気なのです。

そしてこのようなコインランドリーが増えてきているという事は、単純に考えて若い人に需要があるからだと思うのです。年配の方向けにスタイリッシュなデザインにするとは考えにくいですし。そしてコインランドリーの利用者が増えてきているわけではないなら新たにどんどんコインランドリーを作ることもないでしょう。きっとリサーチをしてオープンしているはずです。もしかしてミニマリストが増えていて洗濯機を持たない人たちが増えているのではないかとそこで思ったのです。ただ僕の周囲では洗濯機が家にないのって僕ぐらいなんですよね。若い人の知り合いもいるけど体感としてはコインランドリーを使っている人って全然増えていない感じです。まぁ「洗濯って家派?コインランドリー派?」っていう会話を滅多にしないので知らないだけかもしれませんが(笑)

でもこのままミニマリストが増えてコインランドリー利用者が増えてきたら、「洗濯って家派?コインランドリー派?」という会話が街中に溢れるかもしれません。ありえない話ではない気がします。

                                M&O