THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

『グランメゾン東京』江藤の「単なる焼き魚じゃないか!」に思わず・・・

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

『グランメゾン東京』江藤の「単なる焼き魚じゃないか!」に思わず・・・

こんばんは、M&Oです。

今回は前回に引き続きましてドラマ『グランメゾン東京』に関して書いていきたいと思います。前回第6話の感想を書かせて頂きまして、大いに感動したことを思いのままに綴らせて頂いたのですが、今回はちょっと違うポイントで『グランメゾン東京』第6話について書いていきたいと思います。

今回は特に手塚とおるさん演じる江藤不三男オーナーに関して書いていきたいと思います(笑)もうこの時点で『(笑)』を付けたくなってしまっている自分がいます。

グランメゾン東京も良きライバル店であるフレンチレストランgakuのオーナーである江藤不三男。gaku自体は尾上菊之助さん演じる丹後学を筆頭に玉森裕太さん演じる祥平も加わって非常に料理に誇りを持っているシェフが料理を提供しているのですが、あくまでオーナーはこの江藤氏なので、江藤オーナーの自分の店のメリットを追求する暴走を丹後といえども止めることはできません。

これまで江藤オーナーはあの手この手でグランメゾン東京の邪魔をしてきていて、その度に尾花を始めとしたグランメゾン東京メンバーはその障害を乗り越えてきていて、いわゆる勧善懲悪のような形が出来上がりつつあるのですが、第6話で芹田のスパイ活動も終焉を迎え、グランメゾン東京のレシピを盗まれる心配はなくなりました。レシピを盗まれたところで何の問題もないことも証明されましたが・・・。

第6話で大感動したことは前回の記事で書かせて頂いたのですが、個人的には『ウニ出とるやないかい!』以来江藤オーナーの一挙手一投足に注目するようになってしまっていまして(笑)そして今回も江藤オーナーの名言が飛び出たのですが、このドラマをご覧になっている他の方々もお気づきだと思うのですが、関西弁が鳴りを潜めていませんか?(笑)

グランメゾン東京からレシピを盗み、大貫勇輔さん演じる柿谷にレシピ通しに鰆を使った魚料理を作らせたのですが、所詮は物真似という事で結果的にひどい出来になってしまっていたのですが、その料理を食べた江藤オーナーのセリフが

『単なる焼き魚じゃないか!』

だったのです。もちろん普通にワードセンスとして面白いですし江藤オーナーが言うと十分「ぷっ!」と噴き出してしまう感じなのですが、しかしここはやはり『ウニ出とるやないかい!』の流れを汲んでほしかった気持ちも正直ありました。超勝手な願望ですがやはり江藤オーナーには

『単なる焼き魚やないかい!』

と言ってほしかったなと・・・。でもこれに関しては意図的に外してきた感じもするんですよね。手塚とおるさんのアイディアか演出的な意図かはわかりませんが、あえての標準語だったのではという気がします。『ウニ出とるやないかい!』が話題になっていたのもきっと知っているでしょうし(笑)関西弁ヴァージョンも撮影しているような気がするというか希望を持ってしまいます。そういえばTwitterでフォロワーさんのグランメゾン東京のtweetを見ていたら江藤オーナーのことを「ウーニー」と呼んだらっしゃる方々がいらっしゃって電車で笑いこらえるの大変でした(笑)いいですね、ウーニー(笑)

江藤オーナーもなんだかんだで愛されているなぁと感じるのですが、そこはやはり手塚とおるさんの演技力の賜物なのではないでしょうか。

f:id:myprivatecomedy:20191125131614j:image

江藤オーナーをどこかユーモラスに見せる手塚とおるの演技

もちろん憎きキャラクターとして君臨していることは間違いなく、非常に卑劣な手を使う人間であり、人を使い捨てにすることをなんとも思わない性格でドラマを盛り上げる役割を十分に果たしてくれています。

手塚とおるさんが江藤の性格を表現しているなぁと感じた少々細かい部分があったのですが、芹田が鰆料理のレシピを書いた「勉強ノート」を江藤に渡した時に江藤は小馬鹿にした感じで「勉強ノート?」と言葉に出します。さらにページをめくると芹田が書いた「世界一のフレンチシェフになる」という大きな文字が目に入るのですが、江藤はこれを見て片方の口角を上げて露骨に嫌悪感を示すんです。江藤のこれまでの振る舞いなどを考えると非常に自然な演技で納得してしまう演技でした。江藤という人間をものすごくリアルに表現されていてすごいなと素直に感じました。上手いからこそ癖のある演技ができるんですよね。

そしてちょっと気になっているのですが、江藤のメイクがなんだか変わった気がするのは僕だけでしょうか?(笑)なんだかまつ毛が前より強調されているというか綺麗系のメイクになっている感じがして。勘違いかな。

手塚とおるさんの細かい面白い芝居もたくさんあって、鰆料理を食べたときの『これは・・・』っていうセリフもなぜかツボですし、祥平発案の魚料理を食べた時の表情と感想もなんだかツボってしまいました(笑)というかちゃんと料理の味を見る力はある人なんですよね。当たり前ですが(笑)

この表情とかたまらないのです(笑)

f:id:myprivatecomedy:20191125131629j:image

これからももちろん楽しみな『グランメゾン東京』。江藤オーナーからも目が離せません!

www.myprivatecomedy.net

                                 M&O