THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

木村拓哉と沢村一樹のサービス精神の旺盛さとユーモアに歓喜

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

木村拓哉と沢村一樹のサービス精神の旺盛さとユーモアに歓喜

こんにちは、M&Oです。

今回は先日放送された『櫻井・有吉THE夜会』について書いていきたいと思います。少し前にもこの『櫻井・有吉THE夜会』については記事を書かせて頂いていたのですが、木村拓哉さんが出演された回について書かせて頂きました。この記事の最後にリンクを貼らせて頂きますのでよかったらご覧ください。

そしてつい先日も木村拓哉さんが沢村一樹さんと『櫻井・有吉THE夜会』に出演されるということでしたので、しっかりと予約録画をして備えました。結果的に予約録画していたのにリアルタイムで観たのですが、備えは大切です。これで繰り返し観れますしね!

最初に本音から言わせて頂きますと、思ったよりも短かったです。もっと長時間観たかったというのが本音ですが、贅沢は言えませんね。しかし実際放送を観た人はおわかり頂けると思いますが、非常に面白くもっと長く観たいと思ってしまうことは罪ではないと思います。それぐらい微笑ましく、大いに笑わせて頂きました。

どこから書いていけないのかという感じなのですが、オーダーメイドのシャツを作るという企画だったのですが、かなり細部までサイズを測ってぴったりのシャツを作って頂けるという事で木村拓哉さんは服を脱いだ状態の背中まで披露してくれました。しかし背中を披露して黄色い声援が上がる47歳ってどういうことなのでしょうか。普通に考えてあり得ないですよね(笑)しかもめちゃくちゃ引き締まっている背中で、男の僕から見ても正直かっこいい背中でした。男は背中で語れとはよく言いますがまさに語れる男の背中という感じでした。背中にも僕は憧れてしまいました。

そして服を脱いだ木村拓哉さんの背中を見て沢村一樹さんのコメントがもう・・・(笑)さすがとしか言いようのない名コメントを残してくれていました。しかも個人的にツボだったのが沢村一樹さんの目線です。目線をズラしてさらに見てまた目線がいってしまいみたいなことを繰り返していて、さすがのユーモアさを見せてくれていました。もう演じている感じ満載で、面白いのと同時に妙に『うまいなぁ』と感心してしまう自分がいました。

そして木村拓哉さんの発案でなんと木村拓哉さんと沢村一樹さんはおそろいのシャツをオーダーメイドで作ってもらうことになりました。色はピンクです。しかしお2人とも言わずもがな絵になる男です。もうめっちゃかっこいいシャツ姿でした。ただですね、いざシャツが出来上がりシャツを着るお2人ですが、木村拓哉さんの着替えが異常に早く、思わず沢村一樹さんが「着替えるの早い!」と言葉にしていました。実際に木村拓哉さんって着替えるの超早いのではないかと思います。これまでいわゆる「早替え」を幾度となく行ってきている経験がここで無意識に自然に活きてしまったのではないかと思います。ジャニーズのコンサートでの早替えってもはや名物と言われているぐらい芸術的なものですからね。僕も舞台やミュージカルで早替えの経験はありますが、個人的には超嫌いです。プレッシャーは半端じゃないからです。遅れたら出トチってしまいますからめっちゃ焦るんです。袖に腕を通したつもりが通ってなかったりとか今思い出しても心臓がドキドキしてしまいます。そんな過酷な早替えという作業をずっと当たり前にやってきていたわけで、そりゃあ着替えるの早いよねと一人でテレビを観ながら納得していました。経験値が違いますから!

そしてこの後も沢村一樹さんが袖のボタンを留めるのに手こずっていると、木村拓哉さんがボタンを留めてあげるという優しさも披露してくれていました。沢村一樹さんは「これドレッシーだから」と仰られていましたが、たぶんですがドレッシーなシャツって布の合わせ方が普通のワイシャツと違っていて留めづらいんですよね、たぶんそのことを仰られているのかなぁと思って観ていました。そしてここでも沢村一樹さんは妙なモードに入り、木村拓哉さんがボタンを留めてあげている間に「胸が手に当たっている」と発言したり大いに笑わせてくれました。

f:id:myprivatecomedy:20191123001937j:image

そしてお揃いのシャツを着たお2人のサービス精神はとどまることを知らず、その後もお笑い芸人風に振舞ったり、最後の番宣にしても木村拓哉さんが沢村一樹さんに何て言えばいいかをレクチャーを受けて慣れていない感じで言ったりと、これでもかと楽しませてくれました。本当に心から木村拓哉さんと沢村一樹さんは名コンビだなと思いました。ドラマ『グランメゾン東京』の尾花・京野コンビももちろん最高であり最強ですが、素の状態の木村拓哉さんと沢村一樹さんも最高のコンビでした。絆の深さを感じずにはいられませんでした。

決してカッコつけることなく観る人を常に楽しませようとする姿勢は多くの人が見習うべき点だと思います。木村拓哉さんは昔からカッコつけているイメージだという人がいらっしゃりそうですが、声を大にして言わせて頂きます。カッコつけるのとカッコがついてしまうのは大きく違います。木村拓哉さんは言うまでもなく後者です。

もっと観たかった「櫻井・有吉THE夜会」の木村拓哉さんと沢村一樹さんのコーナーですが、この日のゲストの長澤まさみさんも好きなので結局全部楽しませて頂きました。ただこうなると『マスカレードホテル』で共演されているので木村拓哉さんと長澤まさみさんの絡みも見たかったなとさらに欲深くなってしまいました。贅沢なこと言ってごめんなさい。

大いに楽しませて頂いて幸せな時間でした!サービス精神に感謝です。

www.myprivatecomedy.net

                             M&O