THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

そこまで仲良くないのに相手を下の名前で呼ぶ人たち

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

そこまで仲良くないのに相手を下の名前で呼ぶ人たち

こんばんは、M&Oです。

今回は『人の呼び方』について書いていきたいと思います。

今回は特に人の呼び方の中でも『下の名前で呼ぶ人たち』について書いてきたいと思います。

会社員になるとこういったことって一気に減るのかもしれませんが、小学校から中学校、そして大人になっても皆さんの周りに『下の名前で人を呼ぶ人』というのは多かれ少なかれ存在していたのではないかと思います。僕の周りにもかなりの割合でいました。年齢的に大人になっても芸能界にはそういった人たちが多かったような気もします。

相手が不快でなければ下の名前で呼ぶことは別に悪いことじゃないと思いますので、全然いいとは思うのですが、なかなか人のことを下の名前で呼ぶことができない僕からするといろんな意味で『すごいな』と思ってしまうのです。

これって一つの才能だと思うのです。今回このことについて考えてみた時に自分が下の名前で呼んでいる人たちを思い浮かべてみたのですが、高校時代のサッカー部のメンバーぐらいしか思い浮かばないのです。高校時代のサッカー部のメンバーは不思議とほぼ全員下の名前で呼んでいるのですが、体育会系のノリなのか苦楽を共にした同い年ということからなのか、原因はわからないのですが事実として僕の人生においてはサッカー部の同い年の人間ぐらいしか下の名前で呼び捨していないのです。

あとはこれまでにお付き合いをしてきた女性ぐらいです。これも結果的な偶然なのですが、僕は年上の人とお付き合いをしたことがないので、もしも年上の人とお付き合いをしていたら果たして下の名前で呼び捨てにしていたかどうかはわかりません。

意外と役者時代に下の名前で呼んでいる人って少ないです。下の名前で呼んでいたとしても『くん』とか『ちゃん』を付けています。年下の後輩になると下の名前で呼び捨てという人たちもいますが、もうあだ名が下の名前といった感じの人たちぐらいです。

僕は自分の名前が発音的に呼ばれにくいので、下の名前で呼ばれたことがほとんどありません。下の名前で呼ばれても自分のことだとは思わずにすぐに振り向くことはないだろうなと思うぐらいこれまで下の名前で呼ばれてきていません。これって下の名前で呼ばれる人よりも可愛がられていない感じが正直するんですよね。特に目上の人から名前で呼ばれているか呼ばれていないかというのは若干差を感じてしまっていたこともあったような気がします。むしろ名前で呼ばれたい願望を持って僕は生きてきたような気がします。相当発音しにくいのか恋人からも名前で呼び捨てにされたことってよく考えたらないです。なんだか悲しいですね(笑)

自分が下の名前で呼ばれてきていないせいか、僕は本当に人のことを下の名前で呼び捨てにすることが苦手なのです。なんだか自分が上と思っていると誤解されそうだし、相手に心の中で「そんなに仲良くねーし」と思われないかとか考えてしまったりなんてこともあったり。自分に自信がないのかもしれないですね、俺なんかに呼び捨てにされたら不快に思うんじゃないかとかも無意識に考えてしまっていたのかもしれません。

そんな性格なのでそんなに距離が縮まっていない状態で人のことを下の名前で呼び捨てにできる人って素直に「すごいなぁ」と思ってしまうのです。ただすべての面で認めているというか尊敬しているというわけではないのですが。

f:id:myprivatecomedy:20191122010831j:image

特に女性を名前で呼び捨てにできる人はすごいなと思う

同性でも名前で呼び捨てにできない僕が、異性である女性を名前で呼び捨てにできるはずもなく、振り返ってみると本当にお付き合いした人しか名前で呼んだことがないです。自分にできないことをできる人は基本的に『すごいな』と思う性格なので、これができる人はやっぱりすごいなと思って生きてきました。僕は人との距離がなかなか縮まらない性格を自負しているのですが、こういったところも原因の一つなのかなぁと今この記事を書きながら思っています。遠慮してしまう性格の結果が名前で呼べないところに出ているのではないかと思います。同性異性に関わらず。むしろ年齢関係なく初対面なんて絶対敬語で喋りますし、初対面どころかしばらく敬語で話していることの方が多いです。良かれと思ってというか自分の中の当たり前で生きてきましたが、自ら相手との距離を作ってしまっていることも多くあると思います。そうか、そんなところにも自分が人と仲良くなれない原因があるのか・・・と書きながら納得してしまいました。

すぐに名前で呼べたりタメ口で話せる人ってすごいです。ただそういう人たちを目の当たりにすると心の中で「そんなに仲良くもないだろうに」「馴れ馴れしい人だ」というネガティブな感情が芽生えたりしたことも過去にあったと思います。しかしこれも今思えば自分にできないことをやっている人に対しての妬み嫉みなのかもしれません。かもしれないというか完全に嫉みですね。

僕自身は名前でもし呼び捨てにされても全然腹立たしいことはないのですが、名前で呼ばれて不快になる人って結構いるんですかね。あ、でも自分が認められないような人から名前で呼び捨てにされたらちょっと嫌かもしれません。そう考えると異性から呼び捨てにされて不快になる人って結構いそうですね。そんなこと思い始めたらなおさら名前で呼び捨てなんてできない・・・とてもできない。余談ですが女性で言えば友人の恋人を呼び捨てとかは絶対にできないです。これは当たり前か。

大人になればなるほど他人を名前で呼ぶ機会ってどんどん減っていくと思うので、もう僕は人を名前で呼ぶことってこのままないのかもしれません。

人を名前で呼べない僕からすると、人をすぐに名前で呼べる人は結果的に得していると感じます。相手が不快感を持っているかどうかにさえアンテナを張っていればですが。

                                M&O