THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

俳優でアルバイトではなく正社員で働いている人はいるのか

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

俳優でアルバイトではなく正社員で働いている人はいるのか

こんばんは、M&Oです。

今回はM&Oの質問コーナーに寄せられたご質問に答えしていきたいと思います。

ご質問ありがとうございます!引き続きご質問受け付けておりますので、少しでも気になることがある方はどんなことでもお気軽にどうぞ!この記事の最後に質問コーナーの記事のリンクを貼らせて頂きます。ただこちらの記事のコメント欄でも全然大丈夫ですので。

それでは今回頂いたご質問にお答えしていきたいと思います。今回は『揺れる思い』さんから頂いたご質問です。

ご質問はこちら

『役者をやっている人で、ほとんどの方はアルバイトをしながらやられているのがほとんどだと思いますが、事務所に所属していて、普段は正社員をやりつつ仕事があったら役者の仕事をする人、っているのでしょうか⁇ 事務所に入ってる方は基本「アルバイト」なのでしょうか⁇』

ご質問ありがとうございます!それでは自分なりにお答えしていきたいと思います。

役者をやっている人でアルバイトをしている人は本当に多いですよね。皆さんがドラマなどでよく見かけるような人でもアルバイトをしている人は意外とたくさんいたりするぐらいです。僕自身も役者時代は本当にたくさんのアルバイトをしていました。後期は運よく役者だけで食べられるようになっていましたが、謙遜でもなんでもなく単に運が良かっただけだと心から思いますし、それがずっと続くとも考えにくかったです。おっさんになっても今みたいにオファーもらえるのかなという不安はずっと持っていました。

アルバイトと正社員に関してですが、結論から言うと正社員をしながら役者をやっている人もいらっしゃると思います。僕はアルバイトしか経験がなくアルバイト先で正社員に誘われても頑なに断ってきましたが、その理由は後述させて頂きます。

正社員として普通に働いている場合は、これははっきり言って役者であるとはとても言えない状態だと思います。職業は会社員で趣味として役者をやっているという感じになると思います。普通に正社員として会社の仕事でほとんどの時間を費やしているということは役者の仕事も全然ないということになると思います。こういった形で芸能事務所に所属している人もいるとは思いますが、事務所も売り出そうとは思わないでしょうしその状態で所属させたままの事務所も個人的にはどうかなと思ってしまいます。正直あまりいい事務所ではないのではないかと思います。ご自分で劇団とかをやっていて年に1、2回公演を行うという人は正社員でも全然可能だと思います。ただこれは完全に趣味でしょうと僕は思ってしまいます。趣味でやるのも全然いいと思いますが。

そしてそれなりに役者の仕事をしている状態で正社員の人がいるかどうかという話しになりますと、これは勤務している会社次第だと思います。芸能事務所的には事務所で所属者を社会保険に入れるわけではないですし、所属と言ってもあくまで仕事を斡旋や紹介をしているという形がほとんどですので、どこかの会社で正社員をしていても問題はないかと思います。ただ確定申告はちゃんとしてねという感じになるかと思います。

ただ週5でフルタイムで会社員としてきっちり働きながらそれなりに役者活動をするというのは不可能だと思います。舞台やミュージカルの仕事に入ってしまえば公演回数の多い作品ならば稽古期間も入れれば2か月以上拘束されることになりますし、映像の仕事にしてもレギュラーで入れれば長丁場になりますし、逆に単発の時はそれなりに急に仕事が入ったりなんてことも多々あります。 ドラマのゲスト出演とか。

そのたびに正社員として働いている会社に穴を開けることは結構まずいのではないかということは正社員の経験がない僕でもわかります。同僚たちはたまったものじゃないでしょう。そしてそうなると責任ある仕事は任せられないことになると思います。なので普通に考えれば正社員をしながら俳優業をやるというのはかなり難しいと思います。しかし時代が時代なので、仕事内容によっては在宅ワークでパソコンで仕事をしっかり行う事は可能ですし、会議などもスカイプでいいといった場合は一気に可能になるかと思います。かなりスキルがある人になるかなぁと思いますが。ただこれからはこういった形も増えていくのではないかとも思っています。正社員=出社しなくてはいけないというルールのようなものも職種よっては薄らいでいるのではないかと思いますし、可能になってきていると思いますので。

もう一つは社長が仲のいい友人とかコネクションがあるとかの形でしょうか。そういった知り合いがいる場合は特別に正社員として雇ってもらって仕事に穴を開けてもいいよという形もあり得るかもしれません。ただ周りの同僚とうまくやっていけるかは謎ですが・・・。

f:id:myprivatecomedy:20191121184937p:image

当時の僕は正社員をしながら役者なんてありえないと思っていた

昔は飲食店でアルバイトをしながら役者をやっていたのですが、飲食店は人不足なこともあり役者をやりながらでいいから正社員になってくれないかなどと言われたことは幾度かありましたが、気持ちが揺らいだことは一回もありませんでした。結果的にやらないで良かったとも思っていますが、自分の中で正社員をやりながら片手間に役者をやって役者として成功するなんてことは絶対無理だろうと思っていました。今もこの気持ちはあるにはあります。

ただ正社員というわけではない場合の方が多いと思いますが、パソコンで様々な仕事ができるようになった今、役者と並行して他の仕事でそれなりにお金を稼ぐことは全然可能になっていますので、こういった形は僕は全然ありなんじゃないかなと思いますし、むしろ推奨したいぐらいです。メリットとしては他の仕事とはいえ自分の時間のマネージメントができる仕事でそれなりに稼げるのであれば、役者のやりたくない仕事をしないで済むからです。アルバイトをしないで役者だけで食べられるというのはその形を目指している人たちからしたら羨ましいものかもしれませんが、生活費を役者だけで稼ぐという事は来た仕事を断ることができなくなってしまうのです。そこでやりたくない仕事をするぐらいならバイトするという人もいると思うのですが、ほとんどの人は役者だけで食べるんだという美学を持っていたりするので、乗り気じゃない仕事でも生活のためにやったりするのです。好きなことを仕事にしているのに望まない仕事をするという贅沢といえば贅沢な悩みが出てきたりするのです。しかし他の仕事で収入を得ていればこういった仕事を断ることができます。僕はそれが大きなメリットだと思います。これからはそういった形の人も増えていくんじゃないかなとも思っています。もちろん実力のある人にしか成り立たない形だとは思いますが。

こういった形であれば役者をやりながら正社員でもいいんじゃないかと思います。サイト制作とかそういったことならできるのではないかと思います。あんまりそっち(一般企業)の職種に詳しくないのでそこらへんは曖昧で申し訳ないです。

今回のご質問の回答はこんな感じになりました!少しでもお役に立てていれば嬉しいです。ご質問ありがとうございました!

ご質問はお気軽に!

www.myprivatecomedy.net

                              M&O