THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

スタバに毎日行けるように頑張ろうと思う事は罪ではない

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

スタバに毎日行けるように頑張ろうと思う事は罪ではない

おはようございます、M&Oです。

今回は『スターバックスコーヒー』について書いていきたいと思います。

『スターバックスコーヒー』通称スタバ、もう知らない人はほとんどいないであろう有名なコーヒーのお店ですが、先日かなり久しぶりにスタバに行ってきましたので、その時の感想を書いていきたいと思います。

多分僕がスタバに行きだしたのは20歳ぐらいだったと思うのですが、その時にはもうかなり流行っていて席がないということも結構あったと記憶しています。今も絶大な人気を誇っている事を考えると普通にすごいというかすさまじいですよね。ずっと第一線にいるってなかなかできることではありません。

スターバックスコーヒーの人気の要因として、当たり前ですが『コーヒーが美味しいい』ということが第一に挙げられると思います。そしてフラペチーノなどのメニューもかなりの人気を誇っていて、季節ごとに味というかメニューが変わるというのも人気の一つではないかと思います。

ただですね、個人的な意見ではあるのですが共感してくれる方も多くいらっしゃるのではないかと思うのですが、『スタバは高い』という印象も正直あります。ベローチェとかドトールとかと比べてみるとどうしても高いという印象があります。実際高いのですが。その理由を筆頭になかなか足を運ぶことがないのが僕の正直な実態なのです。恥ずかしながら一人でスタバに行ったことが今思うとは一度もないのです。ちょっと時間が空いてるなぁと予定と予定の間の時間潰しが必要な時も僕はスタバに行ったことはありません。ベローチェとかドトールに入ってしまいます。昔は喫煙者だったのでそのせいも大きいのですが(スタバは喫煙できないので)、一番の理由は料金の問題が大きいです。貧乏性ですみません。飲む前だと「たいして味なんて変わらんさ」とか「俺コーヒーの味なんてどうせわかんないし」といった思いを持ってしまうことも多く、それならば安い方がいいやという気持ちになってしまうのです。たぶんそういった言い訳を作り上げて安く済ませようとしているのですが・・・。

そしてスタバに行かない言い訳としてもう一つ自分で作り上げている事柄が『自分に酔っているお客が多い』という事なのです。『本当にコーヒーの味わかっているのか?』『スタバでコーヒーを飲んでいる俺(私)ってイケてない?と思っているんじゃないのか?』などと思ってしまう節がありまして。完全に貧乏性でスタバに入れない僕の八つ当たりなのですが。そしてさらに気に食わないのがスタバでパソコンをいじっている人のほとんどのパソコンがリンゴのマークがついているパソコンばかりという印象なのです。『絶対スタバでマックをいじっている俺(私)かっこいいと思ってるだろ!』と思ってしまうのです。これも完全に僕の妬み嫉みです。申し訳ないです。マックって使ってみたいなぁと思いつつ使ったことのない僕の嫉みなのですが、そういった言い訳を用意してスタバから自ら足を遠のかせている日々を過ごしていたのです。

恥ずかしながらそんな感じなので、僕がスタバに唯一行くのは人と一緒に行く時のみです。男性とは間違いなくスタバに行くことはないので、女性と一緒に行く時のみなのですが、そんなに頻繁にあることではないのでかなりたまにということになります。そしてその時に久しぶりにスタバのコーヒーを飲むのですが、この時に僕は100パーセントの確率で「う、美味い!!」と感動しているのです。しかしだからと言ってそこから頻繁にスタバに行くのかと問われればそんなことにはならないのです。でも毎日行けるなら行きたいなとは思うのです。

f:id:myprivatecomedy:20191119232955j:image

スタバに行くことをイベントではなく日常にするために

何を大げさなと思う方もいらっしゃると思いますが、僕は大まじめに書いています。僕はなかなかのコーヒー好きです。ただコーヒー好きと言っても豆とかに詳しいわけではないし酸味がどうとかそういったことは全然わかりません。ここで僕の言っているコーヒー好きは飲む量が多いというだけの意味です。正直スーパーで一番安いインスタントコーヒーを常飲しています。スタバのコーヒーは美味しいです。僕は心からそう思います。スターバックスラテがとっても好きなのです。アメリカ映画でよくある光景のように朝はスタバでコーヒーを買って出社なんてことをできるならばしたいです。あんまり出社とかない生活だけれども。しかし今の僕が朝スタバで毎日コーヒーを買っていたらかなり僕の財政を圧迫することになります。僕は周囲の人からお金があると思われている傾向があるのですが、それは僕に物欲が異常になく、食事などにも無頓着なのでお金を使わないからだけなのです。毎朝スタバでコーヒーを買ったらたぶん僕のエンゲル係数はまずいことになることは容易に想像がつきます。

それならば毎日スタバを毎日買えるようになるように頑張ればいいじゃないかと思ったのです。正直生活できるだけのお金があればいいやという考えが強いのですが、スタバの美味しいコーヒーを毎日飲めるように、それをモチベーションの一つにしてもいいじゃないかと思ったのです。毎朝スターバックスラテのベンティを買えるようになればいいのです。そしてスタバの店員さんから陰で「ベンティおじさん」というあだ名をつけられるぐらいになればいいじゃないかと。

僕は今日から「ベンティおじさん」を目指してみようと思います。なんだかんだで、スタバはやっぱり美味しいですもん。

                                M&O