THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

相手に何かをしてあげたいと取った行動は時に自分のためだったりする

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

相手に何かしてあげたいと取った行動は時に自分のためだったりする

こんばんは、M&Oです。

今回はいくら年齢を経たとしても精神的に成長できない部分ってどうしてもあるなぁということを書いていきたいと思います。

タイトルに書いたように自分が相手のためにと思って取った行動が相手にとっては必ずしも喜ばしいものではないということを痛感する今日この頃と言いますか、こういったことはこれまでの人生でも何度も経験してきているはずなのに人間は同じ過ちを繰り返してしまうものなのだなぁと思ってしまいます。ただ単に僕が人として未熟と言えばそれまでなのですが・・・。

他者に対して良かれと思って取った行動が必ずしもその相手に対して喜ばしいことではなかったり、嬉しいどころか迷惑になってしまうことってあるんだなぁと思うのです。こういった出来事があった時に改めて思うのが「相手のためになんて思っていたけれども結局自分のしていたことって自分のためだったんじゃないか」ということなのです。もちろん状況や関係性などで変わってくるものではあると思います。ただあからさまに「良い行い」とされているようないわゆる「善とされる行為」もひねくれた見方をすると結局は自分のためでもあることがとっても多いと思います。例えば「電車やバスで席を譲る」といった行為などももちろん譲ってほしいなと思っていた人に譲った場合は相手に間違いなく喜ばれる行為なわけですが、相手によっては断る人もいたり、また譲ってほしい相手に席を譲った場合も相手が喜んでくれている時でさえも、譲った自分が少なからずいい気分になったりもするので、味方を変えれば自分のために行った行為とも捉えられるわけです。多分ですが電車などで席を譲った後って多くの人が少なからずいい気分になると思うのです。自ら席を譲っておいて「くそっ!まったくついてないぜ!!」と思う人は滅多にいないのではないでしょうか。そんな心境になるのなら席を譲るという行為をまずしないのではないかと思います。

他にも重たそうな荷物をもってあげたりした場合なども同じようなことが言えると思います。もちろん相手にとって喜ばしい行為だった時は全然いいことだと思いますし、結局自分のためにもなっているという考えはなかなかにひねくれた見方かもしれません。

僕は自分が昔飲食店などでアルバイトをしていたこともあり、買い物をしたりご飯を食べに行ったときは店員さんにお客としていい対応をするように心がけています、心がけているというかもはや習慣になっています。もちろん働いている店員さんがいなければ買いたいものが買えなかったりご飯が食べられないので感謝の気持ちがあるわけですが、その他に自分が店員さんにいい対応をした方が自分も店員さんにいい対応をしてもらえることもわかっています。無愛想な店員さんより愛想のいい店員さんに接客してもらった方が当たり前ですがいい気分になれます。そして自分がいい対応をしたほうが店員さんもいい対応をしてくれる可能性は高くなるわけで、まさに自分のためとも言えるわけです。

ただここまで書いてきた事柄は相手にとって迷惑になる可能性は極めて低いので、例え突き詰めてみると自分のためであっても全然なんら問題はないのです。問題なのは自分は良かれと思っているのに相手にとっては迷惑という場合です。

f:id:myprivatecomedy:20191117211307j:image

自分の好意が迷惑なのではないかと考え始めるとさらに手に負えない

これは例えが難しいのですが、例えば誰かに対して何かしら役に立ちたいと思った場合、こんなことをしたら役に立てるのではないか、こんなものをあげたら喜んでもらえるのではないかなどなど、自分が好意を持った相手に対してそんな気持ちを持つこと自体は別段不思議な事ではないと思います。ちなみにこの好意は恋愛に限った好意ではありません。しかしこの好意による行為は(無意識に韻を踏んでしまった)時として自分のためでしかない場合があるのです。何かを買っていきたいなと思って考えることがもう楽しいことだったり、何かを手伝ったりすることで役に立てていると思い込み内心喜んだり、好意による行為は自分の人生を楽しくしている状況になっていることが時としてあります。

しかし問題はこの好意による行為が相手にとって全然嬉しくないことだったり、むしろ迷惑な事だったりしたら・・・。考えるだけでも恐ろしいことですが、そういったことって時としてあることなのです。好意を持っている人に迷惑を掛けるってもう最悪じゃないですか?何か見返りを期待しているわけではないにしても、自分が良かれと思っていた行為が相手にとって迷惑だったら、その好意による行為は完全に自分の欲を満たすためだけに行っている無神経な行為になってしまいます。そしてそんなことにふと気が付いてしまった時に、あまりの申し訳なさと恥ずかしさで逃げ出したい気持ちになってしまいます。

伝わりにくい話だったら申し訳ないのですが、こういうことって皆さんあんまり経験ないのでしょうか。後で振り返ってみるとあまりに独りよがりだったなぁとしみじみ思ってしまう事ってないでしょうか。別によがっちゃいないのですが。

経験を活かして生きていきたいとは思うので、自分が行う行動は果たして相手の為になっているのか、相手にとって迷惑ではないだろうか、相手のためと思っているのは自分だけで、結局は自分のために行っている行為に過ぎないのではないかなど、吟味して行動を起こしていかなければと思います。そしてこれも突き詰めて考えると、自分が傷ついたり落ち込んだりすることを回避するための行動な気もします。

そんなことを常に考えて生きてももちろん楽しくないので、常に考える必要はないと思いますが、相手にとって好意による行為が迷惑でないかはこれからは意識して生きたいと思います。

                                M&O