THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

『ウニ出とるやないかい!!』が名言になるグランメゾン東京のすごさ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

『ウニ出とるやないかい!!』が名言になるグランメゾン東京のすごさ

おはようございます、M&Oです。

今回はドラマ『グランメゾン東京』について書いていきたいと思います。毎話観終わるたびに記事を書かせて頂いていて先日の放送後もすでに感想の記事を書かせて頂いたのですが、僕も思わず笑ってしまったセリフがまさかのTwitterで話題になるという事態が起きていたのでそのことについて書いていきたいと思います。

そのセリフとはタイトルにもあるように

『ウニ出とるやないかい!!』

というセリフでして(笑)

ドラマ『グランメゾン東京』をご覧になられている人はすでにご存じのことと思いますが、というかドラマを観ていないと面白さがまったくわからないと思いますが、このセリフはグランメゾン東京を目の敵にしているフレンチレストラン『gaku』のオーナーである江藤が言ったセリフなのです。この江藤を演じているのは手塚とおるさんで、もう最初から全開で悪役を演じきってくれているのですが、ただの悪役ではなく姑息な汚い手を使いまくりながらさらに胡散臭い関西弁まで使うという徹底した胡散臭い悪役を徹底して演じてくれています。

この『ウニ出とるやないかい!!』もわざわざ自分の息のかかった料理人をグランメゾン東京に送り込み、わざと仕込みをしないように仕向けさらにプレオープンの日にお客様にコース料理を出している最中にその料理人柿谷に行方をくらませるという「よくそんな作戦を思いつくな」と思ってしまうほどの策士なのです。

グランメゾン東京にはこのプレオープンの日に世界的に有名なグルメ雑誌であるマリクレールダイニングの編集長である冨永愛さん演じるリンダ真知子リシャールが来店していて、酷評となる様に仕込んだ罠だったわけですが、柿谷に作戦を敢行させることでコース料理のうちの一品を出させないようにしようとしていたのでした。そして柿谷がしっかりと悪事を働きグランメゾン東京はピンチに陥りますが、諦めかけた倫子(鈴木京香)の言葉を打ち消すように木村拓哉さん演じる尾花がなんとか間に合わせようとウニの仕込みを始めます。しかし時間的に不可能と思われたところにお客として来ていた玉森裕太さん演じる祥平が助けに入り、なんと間に合わせてしまったのです。フランスで下働きをしていたことで懸命に努力してきた祥平のひたむきな姿勢に感動するシーンで、僕はグランメゾン東京のチームワークにも感動していました。

お店を脱走してきた柿谷から作戦成功と報告を受けていた江藤は悪い笑みを浮かべていたのですが、プレオープンに来ていたお客様が早速Twitterにグランメゾン東京の料理を絶賛しながら写真も投稿。グランメゾン東京の酷評を見つけようとTwitterでサーチしていた江藤はウニ料理がしっかり出ている写真を見て、思わず柿谷に言い放ったのです。

『ウニ出とるやないかい!!』

と(笑)だめだ。書きながら笑ってしまいます(笑)電車でも思い出して笑ってしまったぐらいハマっていまして(笑)

そしてどうやらこのセリフが面白かったのは僕だけではなかったようでTwitterではホットワードというものになるぐらい反響があったようです(笑)

画像を作られていた方がいらっしゃったので拝借させて頂きました!お借りします・・・。

f:id:myprivatecomedy:20191112021500j:image

ドラマ『グランメゾン東京』がいかに愛されているかを実感

この『ウニ出とるやないかい!!』というセリフが話題になってしまうほど、ドラマ『グランメゾン東京』は愛されているんだなぁとしみじみ感じてしまいました。たぶん大してハマるドラマでなければこの江藤のセリフは特に印象に残らず流されていたと思うのです。『私、失敗しないので』のように決めゼリフというわけでは間違ってもないわけですから(笑)

この『ウニ出とるやないかい!!』はストーリーの中でも憎き敵の江藤がぎゃふんと言っているシーンの象徴でもあるので、そのため強く印象に残るセリフになったのだと思います。つまりハマって観ている人が非常に多いという事です。ハマっている度合いが強いほどこのセリフが非常に爽快で思わず笑ってしまうセリフになると思います。しかも感動しているところに飛び込んでくる『ウニ出とるやないかい!!』ですからね(笑)

個人的にはもはや名言になりつつあります(笑)もう『ウニ』というワードでこのセリフが使われることはないと思いますが、他のワードでいいのでこのフレーズはぜひ江藤にまた言ってほしいです。

そしてもちろん手塚とおるさんも俳優として高く評価しなくてはいけません。あそこまで振り切って徹底した悪役を演じるのはかなりの勇気が必要だと思いますし、意地悪そうな空気感もしっかり出していて芸達者であることをしっかりと証明されています。ドラマ『グランメゾン東京』を面白くしてくれている役割を大に担ってくれていて、ドラマにハマっている身としてはとても感謝です。これからも手塚とおるさん演じる江藤から目が離せません。最終的に江藤はどうなるのかも非常に気になるところです。

早く日曜日にならないかな・・・。

                                 M&O