THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

中田英寿がYouTubeチャンネル開設!ヒデ世代として嬉しすぎる

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

中田英寿がYouTubeチャンネル開設!ヒデ世代として嬉しすぎる

おはようございます、M&Oです。

今回は中田英寿さんについて書いていきたいと思います。

ネットニュースでも多く取り上げられていたのでご存じの方も多いかと思いますが、中田英寿さんがYouTubeチャンネルを開設し大きな話題になっています。

よくよく考えてみれば中田英寿さんがYouTubeチャンネルを開設したことは何の不思議もないんですよね。思えばサッカー選手としては非常に珍しい時代に自身のサイトを立ち上げて運営していたんですよね。そのサイトを通して自身の気持ちを発信しファンの方々からのメッセージも受け付けていました。当時として非常に珍しいことをいち早くやっていたのが中田英寿さんだったのです。マスコミ嫌いで有名だった中田英寿さんですが、それはメディアによって自分の発言が捻じ曲げられてしまったり、意図していない形で発言が取り扱われたりといった出来事があって、傷つけられたのがきっかけであって決して不親切であったりネガティブな要素でメディアに対して冷たい対応をしていたわけではないのです。その証拠にファンの方々のためにきっちりと自身の言葉を届けられるサイトnakata.netを開設していたわけで、とても真摯な姿勢の曲がったことが大嫌いな人なのです。インターネットを使ってサッカー選手が発信するという当時は珍しかった形をいち早く取り入れていた中田英寿さんがYouTubeチャンネルを開設するという事はなんら不思議ではないと言いますか、むしろ遅すぎることぐらいの印象です。まぁビジネスやチャリティーなどでとても多忙な方なのでなかなか取り組む時間がなかったということもあると思いますが。

そして中田英寿さんのYouTubeチャンネルですが、何がすごいって間違いなく日本規模のものではないということです。中田英寿さんと言えば今でも世界的に有名なプレーヤーで世界の歴史に残るプレーヤーなどでもアジアのサッカー選手としていまでも必ず名前が挙がっているような人です。僕は声を大にして言いたいのですが、日本は中田英寿というプレーヤーを過小評価している気がしてならないのです。もちろんしっかりとリスペクトされて世界への道を切り開いたサッカー選手として扱われてはいますが、もっともっと評価されていいはずの人なのです。一般人よりもプロサッカー選手の方がリスペクトしていると思いますし、その功績を讃えているのではないかと思います。特に僕は1998年のフランスワールドカップや2002年の日韓ワールドカップがドンピシャの世代だったので、いくらレジェンドとして扱われているとはいえ、もっとレジェンドなのに!と思わずにはいられないのです。若干20歳で日本代表の試合を組み立てていたんですよ?日本代表の絶対的存在だった井原選手に対して「井原!遅い!!」と指示を出し、奈良橋選手に対して「わからないな!」と試合中に指示を出していたり、中田選手のスルーパスに追いつけなかった山口選手も、井原選手も奈良橋選手も20歳の中田英寿選手に対して「悪い」と謝っていたほどなのです。これは実力を認められていなかったあり得ない光景なわけで、当時ゲームメイクを担当していた名波選手も中田英寿選手がやりやすいようにサポートしていたそうです。これは名波選手がその方がチームにとって有益だと判断したからに違いないわけです。中田英寿さんも後々、好きにやらせてくれた名波さんの存在は大きかったと発言していました。「サッカーの試合に上下関係を持ち込んでもいいことがない」ということを日本のチームで体現したのが中田英寿さんだったと思います。基本的に年上の人も呼び捨てですからね(笑)前園真聖さんはゾノだし城彰二さんはジョウだし、川口能活さんはヨシカツとテレビ番組などでも呼び捨てで呼んでいました。ただ決して失礼な人と言うわけではなくて、年上の気心の知れていない人に対しては決して敬語を崩さないという礼儀正しい一面もしっかり持っているのです。

1998年のフランスワールドカップでセンセーショナルな世界デビューを果たした中田英寿さんは世界のチームからオファーを受け当時最高峰のリーグであったセリエAのペルージャへ移籍し、ユベントス戦でいきなり得点を叩き込みその名をさらに世界に知らしめ、その後の活躍はもはや書くまでもないと思います。ローマ時代のユベントス戦のゴールは今でも伝説として語り継がれているほどです。言うまでもなく中田英寿さんは現在もローマで英雄として扱われています。

そして実際に中田英寿さんのYouTubeチャンネルを早速見させて頂きましたが、僕にとって嬉しいサプライズがさらにあったのです。

f:id:myprivatecomedy:20191106230940j:image

中田英寿のYouTubeチャンネルに金子達仁が出演している

中田英寿さんのYouTubeチャンネル、最初の動画はセリエAに挑戦したペルージャのことを話しているのですが、インタビュー形式で進行する形になっていたのですが、なんとインタビュアーがスポーツライターでありノンフィクション作家の金子達仁さんだったのです!これは個人的には結構興奮してしまう出来事でして・・・。と言いますのも金子達仁さんの著書を僕は繰り返しどれだけ読んだかわからないぐらい読んでいたのです。中でも中田英寿さんも出場した、ブラジルを撃破したマイアミの奇跡としてあまりに有名なアトランタオリンピックを描いた『28年目のハーフタイム』と1998年のフランスワールドカップ予選を描いた『決戦前夜』が特に好きで、繰り返し読んでいたのです。元々中田英寿さんや川口能活さんと仲の良いライターの人で、お2人の素顔が垣間見えることも嬉しかったのです。

そんな金子達仁さんが中田英寿さんのYouTubeチャンネルでインタビュアーで出演している・・・個人的には感慨深くなんだか感傷にひたってしまいした。

今回公開された動画は思ったよりも短くて「あれ?」と思ってしまいましたが、そのおかげで次回がもう今から楽しみです。しっかりチャンネル登録も済ませました。次の動画も首を長くして待ちたいと思います。

日本語でインタビューしていたけど世界中の人が間違いなく観るはずなので字幕をつけるのかしら?ヒデはせっかく英語もイタリア語も話せるんだからその国ようの動画も撮ったらいいのにと超おせっかいなことも考えてしまいました(笑)

                                M&O