THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

日本のハロウィンなんて大嫌い

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

日本のハロウィンなんて大嫌い

おはようございます、M&Oです。

今回は『ハロウィン』について書いていきたいと思います。なんだかんだで日本にも定着してきているハロウィンという行事。しかし不肖M&O、正直に申しましてすっかり忘れていました。昨日とあるターミナルを夜に歩いている時に「妙な格好した奴が多いなぁ」と思っていて、さらになんだか人混みを歩き慣れていない人たちが平日の割に多いなぁと思って歩いていたのですが、そうかハロウィンだったのですね。テレビをまったく観ずに家を出てスマホでニュースサイトとかも見ていなかったので全然気づかずすっかり忘れていました。

人混みが大嫌いな僕は変にいつもより混まれたらたまったもんじゃないとそそくさと帰宅したのですが、帰宅してからニュースサイトを見てみたら例年通り渋谷は仮装した若者で大騒ぎ状態となっていたようで・・・。

結構同意見の人も多いと思いますのではっきりと書かせて頂きますが、僕はハロウィンが大嫌いです。詳しく言えば『日本のハロウィン』が大嫌いです。では海外のハロウィンは好きなのかと言われればよく知らないというのが正直な答えなのですが、よく知らないなりに子供が家を周ってお菓子をもらうてきな行事であることぐらいは知っています。そんなハロウィンなら全然嫌いじゃありません。そんなの超可愛いと思いますし、僕は子供がいないので喜んでお菓子をたくさんあげて帰すと思います。しかし毎年毎年渋谷でバカ騒ぎしている映像や画像を見るたびに年々『日本のハロウィン』は大嫌いになってきています。荒れている成人式を見ている時と同じぐらい不快感を感じます。いや成人式以上かもしれません。

ちょっと口が悪くなってしまいますが、バカじゃないのと本当に思ってしまいます。年に一回仮装してパーティーをすることに関しては別に否定しません。ささやかに楽しむのは自由です。ただ渋谷に集まる必要あるか?とは強く思います。渋谷だけでなく地元の駅に戻ってきても少しハロウィンに浮かれている若者たちがいましたが、渋谷に比べればかなりの少数なわけですが、それでもちょっとうざいなぁと思ってしまいました。缶ビール持ってたばこ吸っている若者も駅前にいました。普段はいないのに。百害あって一利なしとはこのことだと思うのです。「今日は騒いでも許されるんでしょ?」「騒いでも今日は許される日」みたいになっているのが理解できないです。

こういうことを書くと「ノリが悪いな」と決まって言われるのですが、ノリが悪くて大いに結構です。だって何が楽しいかわからないですから。自分が年取ったから理解できないのではないかとも言われそうですが、昔からこういった盛り上がりはとっても嫌いでした。見方によっては退屈な人間ということになるのかもしれませんが、それでも心の底から楽しんでいないのに流されてやっている人たちよりかはマシだと心から思います。「イエーイ!」みたいなノリが昔から嫌いなんです。そういう人たちを見ていても日本人ってどうしても無理しているように見えてしまうのです。外国人に憧れて真似している感じに見えるというか。これに関しては去年のハロウィンの時に記事を書かせて頂いているので最後にリンクを貼らせて頂きます。パンクという音楽のジャンルを精神的な部分では日本人には体現できなかったように、ハロウィンとかのノリもどうしても無理している感を感じてしまうのです。ワールドカップとかの大騒ぎも同じように感じてしまいます。

そしてこれも全然知らなくてネットニュースで見掛けたのですが、ハロウィンの大騒ぎの対策に税金が投入されたとかで、いやもう何がどうなっているのかといった感じです。

f:id:myprivatecomedy:20191031233556p:image

ハロウィンの大騒ぎのせいで税金を使って対策

アナウンサーのミタパンが災害が続いている日本で人手もお金も必要な時に一億円も税金を投入して警察も警備も強化しなければならない状況が残念と発言したようですが、さすがミタパンです。僕はこの人のことは好きでも嫌いでもないですが、以前からカトパンを始めとしたタレント化した女性アナウンサーたちとは違った印象を受けていたので、さすがだなぁと納得してしまいました。まさに仰る通りだと思います。もちろん自粛するべきだとかそういった意味ではなく、こういう対策が必要になる無法地帯になることがまず問題ですし、一億円の税金を投入することを決めた人もどうなんだろうと思ってしまいます。仮装してバカ騒ぎしている若者から少額でも参加費を取ればいいのにと思いますが、現実問題方法が難しいですかね。ロックのフェスみたいにちょっと田舎の方で会場を用意してそこでならいいですよ、参加費はかかりますが、というのはどうでしょう。そうなったらきっと参加者が激減しそうですね。別に減ってもいいと思いますが。

ハロウィンというものが普及することは別に悪いことじゃないと思うのです。ただこんな毎年毎年問題視される行事になってしまうならいっそ無くなった方がいいのではないかと思います。ハロウィングッズの売り上げで潤っている企業は怒ると思いますが、今の形が異常な形なわけで元さやに納まるというだけでしょう。小さい子供が着る仮装グッズが売れるだけが元の形なわけですし。

どうせならせっかく普及しているのだからTwitterとかInstagramで自宅で仮装した写真を撮ってあげるだけでいいじゃないですか。練り歩く意味もわからないし酔っぱらう意味もわからないし、「イエーイ!」と叫ぶ意味もわからないです。本当に日本のハロウィンは大嫌いです。来年はいったいどんなっことになっているのだろうか。

www.myprivatecomedy.net

                                 M&O