THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

公園でサッカーをしている高校生にうるさいと包丁男が現れる

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

公園でサッカーをしている高校生にうるさいと包丁男が現れる

おはようございます、M&Oです。

今回は熊本県で包丁を持った男が公園で銃刀法違反容疑で逮捕された事件について書いていきたいと思います。

包丁を持って公園に現れるだけでもかなり物騒で遭遇したくないと思う事件なのですが、その理由がかなり理解し難い理由で驚いてしまいました。

供述によると「うるさいと注意したが言う事を聞かなかったので包丁を持ち出した」と話しているようで、もう本当に世の中どうなってしまっているんだろうと思わずにいられませんでした。

もしかしたらいわゆる不良高校生たちが夜中に公園に集まってサッカーをしたり騒いだりしていたのかなと思ったのですが、どうやら時間は夕方の16時頃だったそうです。もちろん例え夜中だったとしても包丁を持って公園に行くなんてあり得ない事なのですが、夕方16時に公園でサッカーをしていて「うるさい」と注意される事自体がそもそも理解できないです。公園とは騒いで当たり前の場所なのではないかと。というかサッカーをしているってめちゃくちゃ健全だと思うんです。高校生が隠れて煙草を吸っていましたなどならまだわかるのですが、とは言っても高校生が煙草を吸っている事を注意するのに包丁を持って公園に現れるのはあまりに異常で恐ろしすぎますが(笑)公園でサッカーをしていて注意されて、注意を聞かなかったから包丁を持って公園に赴くというのは一体どうしたらそういう発想になるのかが理解できません。私語厳禁の公園なんて誰も近寄らないでしょうし万が一その状態で遊んでいる子たちがいたらそんな光景逆に怖いです。

公園の近くに住むという事はそういう声が聞こえてくるところだと部屋を借りる時にわかりそうなものです。もしかしたら持ち家かもしれませんが・・・。幼稚園や小学校や中学校の近くに住んでいる人が園児や生徒の声や部活動の声がうるさいと文句を言っているのと何も変わらないぐらいの理不尽さだと思います。

包丁を持ってどれぐらいの距離に近づいたのかわかりませんが高校生の子たちはトラウマになってしまったのかもしれません。どう考えてもかなりの恐怖です。ただでさえ公園自体が減っている今の世の中で、せっかくあった公園で遊んでいたら包丁を持った男に注意されるってかわいそうでなりません。そして何事もなくこの異常な行動をした男が逮捕されて本当に良かったと思います。ニュースの記事を読むとその様子に気付いた人が取り押さえたと書かれていたのですが、その人も相当にすごいなと思います。駆け付けた警察官と書かれていなかったのでたぶん一般市民が取り押さえたのではないかと思います。これも何事もなかったからよかったものの一歩間違えればかなり危険な行為なので褒められたものではないし気軽に真似をしてはいけない行為だとは思いますが。

しかし、今回の事件を見て改めて思いましたが、自分が子供の頃と比べて今って本当に子どもが遊べる場所が減っているなと強く感じました。

f:id:myprivatecomedy:20191029001918j:image

昔を美化するわけではないが実際子供の遊び場は減っている

こういうことを書くと自分が年と取ったと妙に実感することになるのであまり書きたくないのですが、僕が子供頃って至る所で友達と遊ぶことができたと思うのです。公園だってそうですし、家の前でも平気でボールを使って遊んでいましたし学校のグラウンドなどももっと自由に入ることができていました。

最近の公園って『ボール遊び禁止』と書いてある看板がある公園もとっても多いんですよね。いろいろなトラブルを未然に防ぐためにこういった処置をしているのだと思いますが、じゃあ一体どこでボール遊びをするのよ!と思ってしまいます。大人ならグラウンドを借りたり市営や区営の体育館などを借りようということになりますが、学校に通う子たちが放課後に遊ぶためにそこまでの労力を使わなければならないのだとすれば不憫で仕方ありません。そんなことしている小学生がいるとは思えないですし、そもそも保護者がいなけれな借りられないでしょう。校庭解放の日しかボールを使って思いっきり遊べないって昔じゃ考えられないことです。

一つの味方としてですが、たぶん許せることが減ってきてしまっているせいだと思うのです。大人が子供に対して「子供のしたことだから仕方ない」と思えることが昔よりも明らかに減ってきているせいもあるのではと思います。公園からボールが出てしまい車に当たってしまうなんてことも昔は正直ありましたし、もちろん良くないことですがそれで大事になるなんてこともなかったように思うのです。もちろん思いっきりベッコリなんてこともなかったからだと思いますが。住宅街の路上でキャッチボールをしているなんて光景もめっきり見なくなった気がします。ボールが人に家の庭に入ってしまってビクビクしながらインターホンを押すなんてことも今はなかなかないのでしょう。

今回は包丁男に関して書こうと思っていましたが、ふとこんなことも考えてしまいました。カミナリオヤジはもう存在していないんだろうなぁと。

                              M&O