THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

錦戸亮のように嘘の報道は否定するべきだと思う 報道の形は変化する

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

錦戸亮のように嘘の報道は否定するべきだと思う 報道の形は変化する

こんばんは、M&Oです。

今回は錦戸亮さんが報道に事務所の移籍や交際などに関して出ていた報道に対して事実ではないと声を上げたことに関して書いていきたいと思います。

錦戸亮さんはジャニーズ事務所を退所して現在はレーベルなども立ち上げてソロ活動を開始しているわけですが、そんな中ですでに様々な報道が出ていて、知名度もあり人気のある人間はやはりいろいろと苦労が絶えないなぁと思い見ていました。そして今回に錦戸亮さんご本人からTwitterで『応援している方々の不安を煽る報道はやめて頂きたい』とつぶやき、そのつぶやきが話題になっていました。

この一件のネットニュースのコメント欄を見ると、正直これまでスキャンダルもあったから自業自得だ的な辛辣な意見も見受けられましたが、そういった意見をコメントしている人達も『やりすぎと感じる報道は確かに多いけれど』ということも書いているコメントが見受けられました。僕は別に一人の人間がどう生きようと自由だと思っているので錦戸亮さんが自業自得だとも思わないですし、逆にこれまでプライベートを報道されてきてしまっていたことが不憫だと感じてしまうのですが、もちろん人によって感じ方は様々だと思います。

今回の錦戸亮さんのTwitterでつぶやくという行動を見て思ったことは、『もっともっとこういうことをやっていくべき』と言う事です。もちろんこれまで他の芸能人の方々も身に覚えのない報道や捻じ曲げられた事実が報道されてしまった時などは声を上げてきたわけです。松本人志さんもTwitterで何度かそういうつぶやきをしていると記憶しています。そう書いていたら今まさに松本人志さんが本日の『ワイドナショー』に関してtweetをされていました(笑)『今日のワイドナショーは録画なのでタイムリーな話題にはあまり触れてなかったですね』的なことをつぶやかれていますが、これはきっとネットニュースで『松本人志ワイドナショーでチュートリアル徳井の話題に触れず』という記事があったのでそのせいではないでしょうか。そういった一般人のコメントの多かったからかもしれませんが。でもこうやって事情をご本人が発信できるというのは素晴らしいことでしかないと思います。

もう今の時代、SNSがこれだけ広まっているわけで、TwitterやInstagramをやっている芸能人もたくさんいらっしゃるわけですから、事実ではないことを報道された時にはもうじゃんじゃん否定するべきだと思うのです。否定だけじゃなく説明が足りていない場合は『これはこういうことですよ』と補足をしていくのもいいと思います。

そうなると事実を報道していたとしても否定する人が出てくるのではないかという意見があるかもしれませんが、どんな内容にしろ証拠があればそれは否定できないでしょう。そもそも論で証拠がないのに、本人に事実確認もしていないのに真実であるかのように報道していることが問題というか、許されていることなのでしょうがそれならば僕たちもそれに対してもっと疑わなければいけないと思います。

しかし芸能人本人が気軽に否定できる場がどんどん普及しているわけなので、報道する側もどんどん嘘が書けなくなると思いますし、下世話なジャンルを扱ってきた媒体はどんどん淘汰されていくのでしょう。もうすでにだいぶ淘汰されている気もします。

しかしそう考えると、一昔前の新聞や雑誌しかなく、タレント自身も気軽に否定することができなかった時代って本当にひどい時代だったと感じます。

f:id:myprivatecomedy:20191027172608j:image

嘘の報道が事実のように扱われることも多かった昔の芸能界

かなり昔に松本人志さんが著書でも書かれていましたが、『私を抱いた松本人志』みたいな感じで週刊誌に報道された時に、抱かれたと言っている女性が見たこともない女性だったと怒っていました。そしてそんなことがたくさん起きていたのだと思います。確かに一緒にいるところを写真にも撮られていなければ松本人志さんにその女性が直接連絡をしてくるようなこともなかったわけで、そう考えると電話番号すら知らないと考えるのが普通です。そして証拠のない中でご本人が否定しているわけですから、事実ではないと考えるのもこれもまた普通だと思います。ただその記事だけを見た人は当時それが本当だと思い込むわけで、よくよく考えるとそんな事あっていいのだろうかと思うぐらいのレベルのことですよね。

事実ではない報道が原因で恋人と別れるなんてケースになった人も少なくないのではないでしょうか。こういう時に『芸能人だから仕方ない』とか有名税だという意見が出ることが多々ありますが、芸能人って決して楽して稼いでいるわけではないし、どっちかと言えば一般企業で働いている人よりもプレッシャーも多ければスキルを磨くのに必死になっている人が多いわけで、そんな人たちが『芸能人だからそれぐらい我慢しろ』というような扱いになるのかが理解できません。楽しそうに見えて好きなことでお金稼いでいることからくる嫉妬なんですかねぇ。だとしたらまさに良い部分しか見ていなんだなぁと思います。

今回の錦戸亮さんのtweetは、自分の身を守るというよりもファンの方々のために呟いたといった感じでしたので、そういったことにもSNSが活用できるというのは素晴らしいことだと思います。

もちろん気軽に発信できる分過ちも起きやすいのがSNSですが、しっかり活用することができれば今回の錦戸亮さんのようにファンの方々に自分の思いを伝えることができる手段としてこれからも大活躍するのではないかと思います。

しかし、否定された報道した側ってこのままスルーして終わりなのかしら。謝ったりしないんですかね。あることないことないこと書いて責任も問われなくてお金もらえるってみんなその仕事やりたくなりますよね(笑)今回の錦戸亮さんの件に限ったことではありませんが。

 

www.myprivatecomedy.net

                              M&O