THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

ひろゆきの動画を見ると楽しめる上に勉強になるし考え方も参考になる

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

ひろゆきの動画を見ると楽しめる上に勉強になるし考え方も参考になる

おはようございます、M&Oです。

今回はひろゆきこと西村博之氏について書いていきたいと思います。

もうかなり有名人なので説明の必要はないと思いますが、2ちゃんねるの開設者であり、その他のサービスもいろいろと手掛けている人です。現在も会社の取締役などに就任しています。著書も多くホリエモンこと堀江貴文氏との共同著書や、日本の今後をシビアに書いた本なども話題になっています。そしてテレビやネットの討論番組に招かれることも多く、論破名人の異名を取るほど相手を論破することを得意としています。現愛はフランスに生活の拠点を移しています。

僕は先にホリエモンの動画や書籍を観たり読み漁ったりしていて、その流れでひろゆき氏を知っていったという感じでした。2ちゃんねるに関しても僕は役者をやっていた時にパソコンを所有したことがなくパソコンを持ったのは今から約2年前なので、ネット関係には本当に疎くて2ちゃんねるという名前こそ知っていたものの利用したことがありませんでした。かなり辛辣なことが書き込まれているというイメージはありましたが。ひろゆき氏は現在は2ちゃんねるから離れているようですし、現在も僕はこの2ちゃんねるを見たことがありません。なんだか今は5ちゃんねるみたいなのがあったりそこらへんもよくわかっておりません。

ひろゆき氏を知ってからは結構な勢いで妙にハマってしまいまして、書籍や動画などを見るようになり、今でも引き続きチェックしています。ベーシックインカムを提言していることでも有名ですよね。

そしてトーク番組、討論番組で見るひろゆき氏の考え方にはかなり影響を受けていると言いますか、素直に『この人すごいな』という印象を昔も今も持っています。熱くなることは絶対になくて、基本的には事実としてあることで意見を述べていくので、感情論をぶつけた人は議論にならなくなってしまうといった感じなのです。『ひろゆき』で検索すると続けて『論破』と出てくるのですが、見ているとそんな現状にも納得してしまいます。全然見たことないといった人は数ある論破の動画をYouTubeでご覧いただければと思います。

そして僕はこのひろゆき氏の知識の量の多さと、合理的で効率的な考え方に非常に感銘を受けているのです。自然に多大なる影響も受けていると思います。

f:id:myprivatecomedy:20191025003732j:image

常識にとらわれていないからこそできるひろゆきの考え方

こうあるべきだとかこうでなければいけないと言った世の中にある常識をことごとく気にしていないのがひろゆき氏の考え方の一つだと思っていて、その部分はとくに堀江貴文氏と似ている部分だなと思います。そして昔からそのような考え方を持っていたひろゆき氏に時代が追い付いてきたといった感じも僕は受けています。

受験のことや社員として働くことなどについてもよく言及されるのですが、もうすでにひろゆき氏は大学受験の時からどう取り組めばいかに効率よく結果を出せるかなどを考えていて、この時点でとりあえず根性で一生懸命やるんだと考えていた僕などは昔の自分を思い出してカルチャーショックを受けました。頭が悪いということは間違った選択をしてしまうことと話していて、これもめちゃくちゃ身に沁みました。他にも印象に残っている言葉がたくさんあります。

そして何より驚くのが知識の量の多さなのです。僕は最近移動中は基本的にひろゆき氏のYouTubeチャンネルの動画を流して聴いているのですが、ここでも知識の量の多さが半端じゃないと感じさせられます。ちなみにこのYouTubeチャンネルの動画では基本的にひろゆき氏がビールを飲みながら視聴者の質問に答えていくというスタイルが多いのですが、この動画を見ることは楽しい上にめちゃくちゃ勉強になるのです。本当に様々な質問が来て、くだらないことから真面目な相談まであるのですが、わかりやすく例え話を交えながら答えてくれます。そして僕自身思っていたのですが、ある視聴者が『どうしてそんなにいろんなことを知っているのですか?』と質問をされていて、僕も全く同じことを思っていたので『おおっ!』と思わず反応してしまったのですが、この質問に対してひろゆき氏は『知っていることにしか答えていないからです』と答えていて、『いやだからその知っている事が多すぎると思うんです』と思わず心で返答してしまいました。これを聞いて思ったのは結局いろんな情報をインプットしているし気になることは自分でしっかり調べているんですよね。そして調べたうえで自分の考え方もしっかりそこに乗っけるというか・・・。その考え方も聴いていると本当に感情論では全くないんです。だから聴いているとほぼすべてのことに対してこっちは『なるほど』と思ってしまうのです。同じ情報をまっさらな状態で知ったとしても自分であればものすごく浅いところで終わらせてしまうけど、ひろゆき氏の場合はそこから『こうすることによってこういうことが起こってしまうから、本当はこうすることがベストなんだけれども、それを実行に移せない何かがあって、その何かとはこういうことんですよ』というところまで発展しているんです。

そして自分が間違えてしまった時などは質問者さんから指摘されればしっかり『ごめんなさい』って言えてしまうんです。これもとってもすごいことだと思います。

知らないことが多いということは恥ずべき事だという考えは昔よりもだいぶ出てきているのですが、知らないことが多ければ多いほど不利になるというか損をするということも思い知らされるのです。知っていることが多いからこそできる考え方があると非常に勉強になっています。

普通に面白いしかなり勉強になるので、興味がある人はぜひひろゆき氏のYouTubeチャンネルをチェックしてみてください。僕は論理的に物事を考えるという癖がおかげで少しづつですがついてきたような気がしています。ただ正直言うと何より面白いから聴いているのですが(笑)

そして興味を持たなければこのひろゆき氏のことも知らないまま僕は生きていたと思うので、何事もまずはやってみたり触れてみるというのは大切だなと強く思いました。

                                  M&O