THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

芸能界のバーター逆バーターとは

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

芸能界のバーター逆バーターとは

こんばんは、M&Oです。

今回はM&Oの質問コーナーに寄せられた質問にお答えさせて頂きます。

ご質問ありがとうございます。いくつか溜まってしまっていますのでなるべく早く順番にお答えさえて頂きます。

そしてご質問本当にありがとうございます!

質問コーナーの記事は最後にリンクを貼るので気になることがちょっとでもある方はぜひお気軽にご質問ください!

それでは今回のご質問にお答えしていきたいと思います。

今回のご質問はカフェラテさんから頂いたご質問です。

『早速質問なんですが、逆バーターってご存知ですか?
バターは良く聞くと思いますが、ちょと前に佐野ひなこちゃんが逆バーターの女王?なんて呼ばれてるとかなんとかの記事を見ました。(探せばあるかも)
いわゆる、後輩のバーターに先輩がってことです。
そんなことあり得るんでしょうか?
例を上げると名前は書きませんが、スターダスト、スイートパワー、ホリプロなどで良く見る印象です。(個人的に)
好きな俳優さんがいるんですけど、その方がゲスト出演されると、決まって主役(またはレギュラー)は同じ事務所の後輩の方が多いんです。
これが、レギュラー同士なら、あーバーターかな?って思うんですけど。
私はバーター自体はなんとも思いません。
逆バーターも、仲がいい、先輩後輩同士なら、後輩のよしみでってこともあると思います。
でも全然接点無くて、例えば、先輩のほうがかつてほどの人気がないとかだったら、ちょと屈辱じゃないかなーと思うんです。
私の印象としては、中年以降てやっぱりどうしても人気が若い頃に比べると落ちるような。もちろん第一線で活躍されてる方もいますが、残念ながら、仕事量を苦に自殺されてる俳優さんもいますし、仕事選んでられないのかなって思います。
もちろん、大きい事務所と小さい事務所では勝手が違うと思いますが。上にあげたスイートパワーなんて寮生活で事務所の関係者や先輩後輩、家族のような繋がりになるイメージです。だから逆バーターもしやすいのかな?
わかる範囲、もちろん想像でも構いません。
お答えいただけたらうれしいです。』

ご質問ありがとうございます!それでは自分なりにお答えしていきたいと思います。

ご存じない方もいらっしゃると思いますので先に『バーター』というものをご説明しますと、いろいろな形があるのですが今回ご質問頂いているバーターは同じ事務所の売れているタレントが出演する映画やドラマやバラエティ番組に、一緒に出演させてもらう事です。抱き合わせといった感じでしょうか。例えば売れてるタレントがいて出演のオファーが来た時に『じゃあうちの〇〇出演させるので、うちの新人の△△も一緒に出演させてください』といった感じです。簡単に説明するとですが。

もうバーターという言葉はかなり前から世間にもだいぶ広まっていて、それはそれでどうかなぁとは思います。本当はそういったカラクリって一般視聴者は知らないでいいというか、知らない方が純粋に楽しめるのではないかと思うので。ただもういろんな事がバレてきてるので仕方ない事だとも思います。黒夢の『BARTER』という曲をご興味ある方は聴いて頂くと、わかりやすいかと思います。音楽業界に関してではありますが意味合いは同じですので。

この『バーター』ですが、実際にあるのかと言われたらめちゃくちゃある事です。僕自身事務所の先輩のバーターで出演したことたくさんあります。そして僕のバーターで後輩が一緒に出演するなんて事もありました。

現場に行って『ああ、この人〇〇のバーターなんだ』とわかる時も結構ありました。やたらいい番手(役)に入ってる知らない人とかはバーターの時が結構多かったイメージです。事務所名聞くと「なるほど」と納得してしまう感じが自然でした。

そうしたら大手事務所のタレントや俳優が有利じゃん!と思われると思いますが、その通りです。ただ一応言っておきたいのは大手事務所は入るのも大変ですし、事務所に所属者がたくさんいる中でバーターでも使ってもらえるように選ばれるのは大変な事です。よく大手事務所だから売れてると言う人がいますが、それはそうなんだけれどもプッシュされることがまず大変ですし、いくらバーターで出演しても現場で良くないと思われれば流石に連続では起用されないでしょう。

そして今回のご質問は『逆バーター』についてとの事なので、こちらも自分の思うところでお答えしていきたいと思います。

f:id:myprivatecomedy:20191023101856j:image

後輩のバーターで出演するのは屈辱なのか

佐野ひなこさんが『逆バーターの女王』と言われているのは知らなかったです。実は僕は逆バーターという言葉自体に馴染みがなかったです。ただ確かにカフェラテさんの仰る通り、後輩が主演で年上の俳優がバーターで脇役や端役なんてことも多々見かけますよね。僕自身も年下の俳優のバーターで出演したことはあります。しかも一度や二度じゃなく(笑)ただ一つしか年齢が違わなかったのと普段から仲の良い関係だったので、特に屈辱とかはなかったです。むしろ直接『おかげで出演させてもらってるよー、ありがとう』ぐらいの事を言っていました。関係が築けているので悔しいとかそういった気持ちがなかったのかなと思いますが、接点のない後輩のバーターで出たとしてもあんまり屈辱感とかは僕の場合は感じなそうです。これは性格的な問題かもしれません。さすがに『情けない』とか『もっと頑張らなきゃ』とかは思いますが、後輩であろうとそのおかげで出演できるならば感謝する感じになると思います。その出演で結果を出せば次に繋がったりが十分あり得るはずなので、チャンスをもらえるというのはとっても大きい事ですから。

そしてカフェラテさんが仰られているように第一線に居続けるというのは本当に難しい事ですし、特に女性人気の高かった俳優などは年齢を経るとどうしても人気は落ちるものです。そうなれば仕事も減りますし、プライドとか言ってられないという事も多々あると思います。

逆バーターというのは関係性が築けている方がやりやすいという事ももちろんでふが、事務所によっては逆バーターで出演する先輩俳優に、出演するかを聞く場合も多いのではと思います。自分のプライドを優先する人はその時に断るのではないでしょうか。仕事がなければプライドなどと言ってられないかもしれませんが。

ちょっと想像してみたのですが、カフェラテさんが仰っているように仲がいい関係に越したことはないと思いますが、中途半端に知り合いぐらいならバーターにしろ逆バーターにしろ全然面識がない方がいいかもしれないと僕は思いました。よく知っていて嫌いな奴のバーターで出するのは嫌だなと思うのでそれならば全然知らない方がいいかなと。逆もまた然りで自分のバーターで後輩や先輩が出演するとしても嫌いな人だったらいい気分はしないので、ぞれならば現場で初めて会うとかの方がいいかもしれません。

ただ仕事がない、仕事が減少してしまっている役者にとって何かに出演するというのはチャンスをもらことと同じなので、そこはどんな形にしろバーターで出演するほうが感謝の気持ちを持たなければいけないと思います。

本当はバーターなんてなくなるのが一番いいのでしょうがたぶんなくなることはないと思います。

今回の質問に関するお答えはこんな感じになりました。少しでもお役に立てていたら嬉しいです。ご質問ありがとうございました!!

質問はまだまだ受け付けておりますので!

www.myprivatecomedy.net

                            M&O