THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

明け方のサイゼリアが無法地帯になっていた

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

明け方のサイゼリアが無法地帯になっていた

こんばんは、M&Oです。

今回は『明け方のサイゼリア 』について書いていきたいと思います。

なんだか小説のタイトルみたいですね、『明け方のサイゼリア 』(笑)もちろんそんな大それたものではなく、先日めちゃくちゃ久しぶりに明け方のサイゼリアに行ったという話しなのですが、結構カルチャーショックと言いますか、驚愕の光景が広がっていたので少し書かせて頂きたいと思います。

サイゼリアは若い時は本当にかなりの頻度で行っていてその安さにとってもお世話になっていたのですが、もうどれぐらい行っていないのだろうかというぐらいしばらく足を運んでいませんでした。

そしてこれもまたいつぶりだろうかというぐらいなのですが、知人と語り合っていましたら終電がなくなりまして、さらに始発がまだ出ない時間に滞在していたお店が閉店になってしまい、始発を待つために目の前にあった営業しているサイゼリアに行く事にしたのです。

余談ですが、3時とかに閉店する居酒屋さんはなぜ5時まで営業してくれないのだろうか。その時間はもはやオーダーも入らなくなるから人件費の方が無駄になるという事なのでしょうか。あの中途半端な時間はなかなかに困るなという感覚も久しぶりでした。

ちなみに結構大きいターミナル駅の居酒屋さんとサイゼリアをはしごしたのですが、サイゼリアの店内がもう想像以上のすごい事になっていたのです。

店員さんが外国人の人たちしかいなかった事はもう他の業態でも慣れてることなので特に驚きもしませんでしたが、僕が驚いたのは他に来店しているお客さんたちの光景でした。金曜日と言うこともあってその時間にしてはなかなかに混んでいたのですが、僕はあそこまで生気のない空間を久しぶりに見ました。いや、というか僕もそこに身を投じたのでかなり久しぶりに生気のない空間に身を投じたと言った方が正しいでしょう。ネガティブであり、マイナスなオーラがこれでもかと漂っていて、占いや運気とか一切気にもしない僕ですがさすがに『運気が落ちそうだな・・・』と思ってしまったほどです。

来店しているお客さんの8割は寝ている感じなのですが、これもまた驚きまして。僕が若い時にファミレスに行っていた頃って、寝るの禁止だった記憶があるんです。寝たら店員さんが起こしに来るなんて光景を結構見ていた気がするのですが、そこのサイゼリアはもう寝てるお客さんばっかりで『ああ、時代は変わるなぁ』と変に感慨深くなってしまいました。しかも寝方がまたすごいと言いますか・・・学生が机に突っ伏して寝るみたいな態勢とかならまだわかるのですが(それでもわからないっちゃわからないですが)、もうソファ席に横になって寝てる感じの人達も結構いて、完全に漫画喫茶じゃないか!と心で突っ込んでいました。そして大変失礼な事を言いますが、そうやって寝てる人達はかなりの確率で清潔感のない感じと言いますか・・・ちょっと近寄り難いなと言う人も多かったです。とにかく負のオーラが立ち込めていた感じでした。

もちろんそうじゃない人達もいて普通にお喋りをしている人達もチラホラいて安心はしましたが。と言っても1割ぐらいのお客さんですが。

その後は気にせずお喋りを楽しんでいたのですが、会計を早く済ませたい店員さんがバタバタと会計をしてくれとテーブルを回って催促を始めたのですが、会計の催促の前にお客さんを起こす事から始めなくてはいけない感じでちょっと大変そうでした。そしてこの会計タイムでもまた『マジかよ』と思う事が起きていまして。

f:id:myprivatecomedy:20191022203925p:image

なぜか会計時に揉めてる人が多かった明け方のサイゼリア

僕は寝てもいないし普通にお喋りしていただけだったので、お会計を催促されてすぐに済ませていたのですが、やはり寝起きのせいなのか腰が重いらしくなかなか動き出さないお客さんがたくさんいました。外国人の店員さんが何度も促しに行っていてなんだか大変そうでした。ただ閉店1時間前に会計をかなり急かすという感じだったので、どっちもどっちという気も少ししましたが。一応昔飲食店でアルバイトしていた身としては早くレジを閉めたいんだろうなぁと思いながらその光景を見ていました。

ちょうど僕の後ろの席の人は眠すぎるようでかなりグロッキーで店員さんもイライラした感じで何度も会計を促していました。これは店員さんがかわいそうでした。そしてレジに会計をしにパラパラとお客さんが集まってきていたのですが、何故だか妙に店員さんと会計について揉めているお客さんが多くて、なんだかこれもなかなか見ない光景だなとしみじみ見てしまいました。これは僕の勝手な推測ですが、多分深夜料金で揉めているんじゃないかしらと感じました。じゃないとかなりの数オーダーミスしてる感じになってしまいますし。

何が言いたいかと言いますと・・・そういったお客さんたちを見ていい反面教師になった気がしました。もっと頑張ろうと思えたのでした。

余裕を持つことは大切だなと。余裕を持つためにいろいろやることやらなきゃなと思いました。

いつでも発見というのはあるものです。

                                 M&O