THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

映画『陰日向に咲く』あらすじキャスト評価 岡田准一主演劇団ひとり原作

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『陰日向に咲く』あらすじキャスト評価 岡田准一主演劇団ひとり原作【概要・キャスト】

おはようございます、M&Oです。

今回のM&Oの絶対おすすめ映画は『陰日向に咲く』です。

『陰日向に咲く』は劇団ひとりさんの小説を岡田准一さんを主演に迎え映画化した索引で、映画化をめぐってかなりの争奪戦になったことでも有名な映画です。実際に映画も感動をしっかり与えてくれる上質な映画になっています。

それでは『陰日向に咲く』の映画紹介です。

映画『陰日向に咲く』は2008年に公開された日本映画です。

上映時間は129分。

原作は劇団ひとりの『陰日向に咲く』

監督は平田雄一郎監督『ツナグ』『僕だけがいない街』『ROOKIES~卒業~』などを監督しています。

出演は

シンヤ・・・岡田准一

鳴子/寿子・・・宮崎あおい(一人二役)

雷太・・・伊藤淳史

ジュピター・・・緒川たまき

ゆうすけ・・・塚本高史

みゃーこ・・・平山あや

劇場オーナー・・・本田博太郎

シンヤの上司・富田・・・北見敏之

プロ野球選手の父・・・山本龍二

アパートの大家・・・根岸季衣

シンヤの母・・・生田智子

ホームレス仲間・・・堀部圭亮

借金取り・・・池内万作

モーゼ・・・西田敏行

リョウタロウ・・・三浦友和

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20191015023431j:image

映画『陰日向に咲く』あらすじ

現在から35年前。東京に観光に来ていた鳴子(宮崎あおい)は浅草で売れない芸人の雷太(伊藤淳史)と出会います。雷太の決して面白いとは言えないネタを見せられる鳴子でしたが一生懸命な雷太に惹かれます。鳴子はその後東京に上京してきて雷太とお笑いコンビを組んで活動します。ストリップ劇場の前座などで漫才を披露していましたが、雷太とのお笑いコンビは解散することになり、以来鳴子と雷太が会う事はなく連絡すら取らなくなりました。

時は現在になります。シンヤ(岡田准一)はバス会社でバスの運転手として働いている青年です。シンヤはある時浅草で寿子(宮崎あおい)という女性と知り合います。寿子は雷太とお笑いコンビを組んでいた鳴子の娘です。シンヤは仕事を持っていて一見まともな青年なのですが、重度のギャンブル依存症でそれにより多額の借金を抱えていました。お金に困っていることは日常茶飯事で、バス会社の所長の富田(北見敏之)から「二度とギャンブルをしない」という条件でお金を貸してもらいますが、その足でパチンコ屋に入ってしまったシンヤは富田から借りたお金を含め全財産を失ってしまいます。呆然としながら帰宅している途中、ストリップ劇場の前で寿子に会います。寿子は母の鳴子がお笑いコンビを組んでいた相方の雷太を探していたのでした。

ホームレス(西田敏行)の男性が通りを歩いています。そのホームレスが歩くと人々は避けて道が開かれます。その様子を見ていたサラリーマンのリョウタロウ(三浦友和)はそのホームレスの様子がモーゼの十戒に見えたことからそのホームレスのことを自分の中で「モーゼ」と名付けます。モーゼに憧れを持ったリョウタロウはホームレスになり社会的地位を捨てるつもりでモーゼに近づきます。モーゼはホームレス新人のリョウタロウに優しく接してくれました。しかし他のホームレスから話を聞くとモーゼは嘘つきで有名とのことでした。

借金の返済が滞っているシンヤのアパートには借金取りが待っていました。シンヤは借金取りから殴られ返済できないなら父親にでも頼めと言われますが頑なにその手段を拒んでいました。

ゆうすけ(塚本高史)はアイドルの追っかけに必死になっていました。目当てのアイドルはみゃーこ(平山あや)というアイドルでしたが、まだまだ売れていないアイドルです。ある時ゆうすけはみゃーこのイベントに行きますが、お客は自分を含めて三人しかいませんでした。みゃーこが傷つかないようにゆうすけは電車の遅延があって他の人たちは来られないらしいとみゃーこに優しい嘘をつきました。ゆうすけはみゃーこがテレビにほんの少しの役で出演した時もせっせと手紙を書いて送っていました。ゆうすけはどうにかしてみゃーこに売れてほしいと思っていました。

母の鳴子を探している寿子は、情報を得ようと鳴子と雷太が出演していたストリップ劇場の元オーナー(本田博太郎)に会い話を聞きました。鳴子と雷太のコンビ解散の原因となったのはジュピターというストリッパーが大きく関わっていたと元オーナーは寿子に教えてくれました。

モーゼたちホームレスが暮らしている公園に一人の探偵が目を光らせています。彼は有名野球選手の川島に雇われている探偵で、川島の父親を捜していてここに辿り着いたのでした。モーゼの暮らしているホームレスのねぐらには川島選手の新聞記事や切り抜きがあり、モーゼが川島の父親であると確定されます。モーゼはホームレスを辞めて川島選手に引き取られることになります。公園で一緒にホームレスとして過ごしたホームレス仲間がモーゼの送別会を開いてくれます。リョウタロウもこのお別れ会に参加していました。送別会が終わりモーゼは川島選手と共に公園をあとにしました。

シンヤは借金返済のメドが経たず悪事に手を染めていました。借金取りからお金を手っ取り早く作る方法としてオレオレ詐欺を勧められていました。シンヤは電話で「ケンイチ?」と言われたためケンイチになりすまして相手の女性と会話をしました。二回目の電話でシンヤはその女性から五十万円を受け取る約束をします。約束の日は花火大会が開催される日となりました。

シンヤはパチンコ屋に行ってパチンコをしてしまい、その姿を所長の富田に見られ真剣に怒られます。バス会社の同僚たちはずっとシンヤのことを心配してくれていてお金も面でもシンヤを救おうと協力してくれていました。シンヤはお金もらった時に会社から出たお金と思っていたのですが、そのお金は同僚たちがカンパを募って集めたお金でした。その金額は50万円でした。シンヤはもう本当にまずいと思い、法律の相談窓口へと行きます。

相談窓口でシンヤは弁護士を紹介されます。現れた弁護士はなんと寿子でした。驚き恥ずかしさも感じたシンヤは急いでその場から逃げますが寿子がシンヤを追いかけてきました。寿子と話をしたシンヤは自分の家族の話を寿子にしたのでした。シンヤの母親は他界していたのですが、亡くなる時に父親が延命措置をしない手配をしていたことを知ってそのことで父親を恨み家を出て父親とはそれっきりだと話しました。借金取りに父親に頼めと言われても拒んでいたのにはこういう背景がありました。シンヤは寿子に対して心ない言葉を浴びせてくれますが、寿子はシンヤが父親と会えるようにとお守りをくれました。

お金を受け取る約束をしている花火大会の日がやってきました。シンヤは女性との待ち合わせ場所に行きますが女性が一向に現れません。シンヤが電話を掛けてみると女性は体調が悪化してしまい行けなくなってしまったとのことでした。そして本当は入院しなければいけないがそんな費用がないということをケンイチに扮しているシンヤに話しました。シンヤはこの女性の話を聞いて力を借りようと父親に電話を掛けます。しかし父親は電話に出ません。シンヤの父親はモーゼに影響されてホームレス生活を送っているリョウタロウでした。

リョウタロウはずっと息子であるシンヤからの連絡を待っていました。しかし待つことに疲れ果ててしまい一切を諦めていたのでした。シンヤが実家に帰ると家族写真がごみ箱に捨てられているのを発見します。シンヤは激高し家の中で暴れまわりました。

シンヤはその女性が住んでいるアパートの大家さんからその女性が亡くなったということを聞きます。その女性の住んでいた部屋へと向かうシンヤ。

寿子は母の鳴子と雷太のコンビが解散する原因となった女性・ジュピターの居場所を入手します。寿子はジュピターが住んでいるというアパートへと向かいました。

シンヤがその女性の部屋に行くと、亡くなっている女性の遺体の前にはモーゼが座っていました。

亡くなった女性とは寿子が探しているジュピターでした。そしてモーゼの正体は雷太だったのでした。モーゼは川島の父親が刑務所に入ってしまったためそのままそのねぐらに住み着いていただけだったのです。モーゼは足が不自由でしたが、このケガはアメリカ兵からジュピターを守った際に負った傷で、ジュピターに対する自分の気持ちにこの時に気付いてしまったモーゼ(雷太)はコンビを解消し鳴子と離れる決意をしたのでした。

寿子がジュピターの部屋に到着しました。探していた雷太と会った寿子は母の鳴子の思いを伝え、浅草で鳴子が待っていることを雷太(モーゼ)に伝えます。モーゼは浅草へと走り鳴子と再会を果たしました。

シンヤはジュピターの残していた手紙を読みます。ジュピターがシンヤのことをケンイチと間違えていましたが、間違えていたのではなくケンイチは二歳で亡くなっていました。ジュピターはシンヤにケンイチを重ねていたのでした。部屋には小銭と千円札をかき集めた跡があり、シンヤは母親が子供に持つ愛情を痛いほどに感じ泣き崩れました。

アイドルのみゃーこは売れっ子アイドルになっていました。みゃーこはずっと応援してくれていたゆうすけに連絡します。実は二人は昔同じ小学校に通っていてゆうすけの初恋の相手がみゃーこだったのです。みゃーこは最初はわかっていなかったのですがそのことに気が付きゆうすけに連絡をしたのでした。ゆうすけもその連絡で初恋の相手がみゃーこであることを知ります。みゃーこはゆうすけをご飯に誘います。しかしゆうすけはそういった関係ではなく、これからも一ファンとしてみゃーこを応援していくことを決めます。

リョウタロウは自宅に帰り、掛かってきたシンヤからの電話に出ます。シンヤは家の前にいました。シンヤは母親と父親にごめんとずっと言いたかったとリョウタロウに伝えます。シンヤとリョウタロウの親子の関係は修復され、二人は久しぶりに記念写真を撮りました。

映画『陰日向に咲く』感想・評価

『陰日向に咲く』ですが、すごくよくできた本で素直に「劇団ひとりさんすごいなぁ」とまず思ってしまいます。数々の会社が映画化を熱望したとのことでしたが、確かにそうなっても不思議ではないと思います。読んだり観たりする分にはいいけれど、実際に自分で書いていたらこんがらがってわけわかんなくなってしまいそうです(笑)

映画ですが、本当に感動できる作品です。この『陰日向に咲く』を観ると人生って捨てたもんじゃないなと思いますし、人との出会いや繫がりって大切だし人生に大きな影響を及ぼすものなのだと改めて実感させられます。

そして出演者の方々がまた素晴らしいです。岡田准一さんはまだまだ今よりも役者としても若さの溢れる演技を披露してくれているのですが、だからこそ胸に響く演技を見せてくれている感じです。岡田准一さんこの『陰日向に咲く』でも相当良いです。

宮崎あおいさんも塚本高史さんも確かな演技力で評価の高い俳優ですが、やはり素晴らしいです。塚本高史さんってもっと評価されてたくさん出演してていい俳優だと思うのです。個人的には過小評価されてしまっているような気がします。

そして重要な役柄とポジションにどっしりと西田敏行さんと三浦友和さんがいらっしゃって、もうナイスキャスティングとして言いようのない存在感を出してくれています。

感動できて心温まるとってもいい映画です。絡み合うストーリーの脚本も秀逸です。

おすすめ映画です。ぜひ。

映画『陰日向に咲く』

ひとりじゃない。

 

岡田准一出演映画はこちらもおすすめ。

www.myprivatecomedy.net

                                M&O