THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

木村拓哉の長女がフルートで確かな腕前 子供は親の背中を見て育つのお手本

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

木村拓哉の長女がフルートで確かな腕前 子供は親の背中を見て育つのお手本

こんばんは、M&Oです。

今回は木村拓哉さんと工藤静香さんの長女がフルートで高く評価されていることについて書いていきたいと思います。

木村拓哉さんの長女はkoki,さんと違って芸能界デビューしているわけではないので敢えてお名前などは書きませんが、やはりスターの子供という事でどうしても注目を集めてしまっています。

今回僕自身も芸能人として活動しているわけではない長女さんのことについて書いていいものかと悩んだのですが、思ったこと感じたことがあったので書かせて頂くことにしました。

率直に言いますと環境は人の意識に絶対に影響するものだと以前から思っていたのですが、まさにそれを体現してるなということです。

ここで言う『環境』とは裕福であるとかものに恵まれているとかそういうことではなく、あくまで『意識』という意味での環境です。

僕の個人的な意見としては、人は生きていくうえで身近にいる人たちから受ける影響というのはとっても大きいと考えていまして。例えば自分の周囲にストイックに物事に取り組むことが当たり前の人が揃っていたら、ストイックに物事に取り組むことが当たり前になり、逆に周囲に無気力に生きている人たちが揃っていたら、無気力に生きることが当たり前になってしまうと思っています。もちろん自分の意思次第で生き方は変わってくると思いますが、そういった場合は居心地の悪さを感じて自らその環境を離れると思います。つまり自分の『意識』は周囲からの影響をもろに受けるものだと思っています。自分の周りに同じようなモチベーションの人が多いのもそういったことからだと思っていて、だからこそ付き合う人というのはしっかり見極めるないといけないなと思うのです。

少し自分の考えを書かせていただきましたが、木村拓哉さんの長女がフルートで実質日本一という高い評価を受けているという記事を見て、「ああやっぱりそうなんだな」と思ったのです。koki,さんにしても今回記事に取り上げられていた長女さんにしても、もう『当たり前』の水準が非常に高いのではないかと思ったのです。物事に取り組むことの意識の『当たり前』のラインが非常に高いところにあるんだろうなと。そしてこれは紛れもなく父親である木村拓哉さんが身近にいてその影響をもろに受けていることからくるものだと思います。もちろん母親の工藤静香さんも然りですが、特に木村拓哉さんを見て育ったということが非常に大きいのではないかと感じずにはいられませんでした。

 

f:id:myprivatecomedy:20191012205745j:image

ストイックな木村拓哉を父親に持つことで受ける影響の大きさ

木村拓哉さんといえばみなさんいろんなイメージをお持ちだと思いますが、僕はこれまでもそういった記事を書かせてきて頂いているのですが、非常にストックな人という印象を強く持っています。さらにその努力の姿を他人に見せたりアピールしたりすることなく「簡単そうにやってのけてしまう」人という印象です。完全に陰で努力をしているだろうなと強く感じますし、ストイックに真摯に作品に取り組む姿勢などは業界の方々の話でもこれまでたくさん出てきています。

koki,さんにしても長女さんにしても、そんな木村拓哉さんを物心ついた時から目にしてきているわけで、そうなると仕事に取り組む姿勢は木村拓哉さんぐらいにストイックに打ち込むことが『当たり前』になるわけです。サラリーマンの人を引き合いに出して申し訳ないですが、会社に行ってとりあえず仕事をこなしていれば給料がもらえる人たちを見て育っていないので、『物事に取り組む姿勢の当たり前』の水準が非常に高いものになっている可能性は多分にあると考えられます。(サラリーマンでも誇りとやりがいを持って取り組んでいる人はもちろんいて、あくまで一部の人という意味です)

これまでkoki,さんの記事も書かせて頂いていますが、インスタグラムなどを見ていても非常にストイックです。一番身近な人が仕事に対してストイックなため自然とそういうものだと思っているのではないかと思うのです。そして今回の長女さんのフルートの高評価の記事を見て、これはもう完全に親の背中を見て育った影響の現れなのだと思いました。何かに取り組むときに「これぐらいでいいや」と思う事のない思考になっているのだと思います。木村拓哉さんが自宅で家族の前でどれだけ努力する姿を見せているかはわかりませんが、僕のイメージではそこでもそんな見せてなさそうな気がするのですが、そうなるとさらに「頑張っているところは人に見せるものじゃない」という思考にまでなっていくのではと思います。

子供は親の背中を見て育つという言葉はこれまで生きてきて何度も耳にしてきましたが、これほどまでにしっくり来たのは初めてで、長女さんは芸能人ではないので記事を書いていいものか迷いましたが、思わず書かせていただきました。

若い時からこういった考え方が身についているって、koki,さんももちろんですがこれから先どこまで行くことになるんだろうと思ってしまいます。何をするにしても結果を出す人になりそうですし、末恐ろしいなと思います。

木村拓哉さんはこれからも真摯でストイックなままでしょうし、これからお子様たちはその背中を見てさらに影響を受けていくのだと思います。

www.myprivatecomedy.net

                                  M&O