THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

俳優はプライベートでも勉強のために演技するのか?

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

俳優はプライベートでも勉強のために演技するのか?

こんばんは、M&Oです。

今回はM&Oの質問コーナーに寄せられてたご質問にお答えしていきます。

今回頂いたご質問はhatihattiさんから頂いたご質問です。

ご質問はこちら

『プライベートでも、勉強だと思って演技したりするものなんでしょうか?』

というご質問を頂きました。ありがとうございます!

それでは早速ご質問にお答えさせて頂きたいと思います。

普段から勉強のために演技をしているかということですが、結論を言うと『していない』です。少なくとも僕はしていなかったです。たぶんしていない人が多いんじゃないかなぁと思います。

それこそまだ役者を始める前の憧れている段階の時はそんなことを考えていたこともあって、アルバイトしている時なんかも『いろんな人を演じてみよう』なんて思いながらやっていた時期もありましたが、実際に本格的に役者業をスタートしてからはあんまりやっていなかったように思います。あ、でも思い返すと『今日はこういう設定でバイト中やってみよう』といのはあったかもしれません。ただいつからかそういうことはやらなくなってしまっていました。たぶん『これあんまり意味ないな』と思ったからだと思います。それよりも自分自身のままで感受性を研ぎ澄ましていろんなことを感じていたほうが意味あるなと思ったのではないかと思います。結局自分自身の経験がとっても大切になる仕事なので、自分がこういう時にどう感じたかとか知らない世界を見て知っていくほうが意味あるなと思いました。

演技のことは意識しているけど、演じているわけではなく演技のためになるように意識しているといった感じです。この言い方は我ながら非常にわかりづらいですね。

例えば人間観察などはかなり昔から習慣になっていました。今でも癖が抜けなくて結構人のことを見てしまいます。電車などに乗っている時も人の立ち方とか座って何をしているかとかその人の人生を勝手に想像したりとか、おもしろい素振りをしている人がいたら『あ、あれ使えるな』とか考えていました。俳優の仕事いうのは基本的には日常を演じることがほとんどなわけですが、実際に自分が生活している上で見掛けた人で面白いと思った素振りがあれば、それは誇張ではなく日常の一部になるわけで、これは取り入れようとか考えていました。個人的には『こういう人いるよね』というキャラクターを演じることが上手い俳優というか、面白い俳優だと思っている部分もあるので、そういった日常で見掛ける人たちは結構貴重な教科書といった感じでした。俳優の西村雅彦さんなんかはそういう日常のちょっと変な素振りとかを演技に取り入れる天才だと思っていて尊敬しています。たぶんすごく人間観察しているんじゃないかなぁと思います。

なので意識して演技していたというのはないです。それよりもいろんな環境に身を置くことで勝手に演技しているものだと思っているので、そのほうが意味があるのかなと思います。人間誰しもその場所や状況に応じて演技しているはずなので。

f:id:myprivatecomedy:20191011213136j:image

俳優じゃなくても人間は常に演技している

その時その時で人間はみんな少なからず演技をしていると思います。かしこまった場所に行けばかしこまった自分を演じている人が多いですし、くだけた場所に行けばくだけた自分を演じているのではないかと思います。同僚と話している自分と社長と話している自分ではきっと全然違う人間になっているという人も多いのではないかと思います。

意識してそうしている場合もあるでしょうし意識していなくてそうなっている場合もあると思いますが、どちらにしても『演じている』と言えば『演じている』ということになるわけです。そしてこれをどんどん考えていくといったいどれが本当の自分なのだろうかと迷宮に入り込んでしますので、あまり突き詰めて考えないほうがいいと思います(笑)思春期に持っていた悩みみたいになってきてしまうので(笑)

ただこういったことというのは完全に経験がもたらしているものだと思います。なので普段意識して演じているということをするよりも、とにかくいろんな場所に顔を出したりしていろんなことを経験するほうが演技のためになるのではないかと思います。アルバイトをしなければならないなら一か所でアルバイトするよりもいろんな場所でアルバイトしてみたほうが芸の肥やしになるのではないかと思います。居心地がいいとついつい一か所で長くやってしまうと思いますが、それよりもいろんなことを経験したほうがきっと成長できるのではと。

演じるってなんなのだろうと考えることも役者をやっていた当時は結構ありましたが、やればやるほど、結局自分という人間が演じるんだよなと感じていました。この身体と声を使って自分が培ってきた経験と想像力で演じるしかないんだよなぁと思ってました。もちろん演じる役のバックボーンとかが頭に入れるわけですが、あんまりそればかりを意識するとどんどんキャラクターの幅が狭まっていってしまうんです。あれ?何か話がズレてきていますね(笑)

質問のお答えとしては、こういった理由からプライベートでは勉強のために演技して過ごしていることはないです。少なくとも僕の場合はそうでした。自然に無意識のうちに演じているだけだったと思います。

こういう感じのお答えとなってしまいましたが、答えになっていることを願っています。そしてご質問ありがとうございました!!

もしよければ質問は随時受け付けておりますので、どんな些細なことでもお気軽にどうぞ!

www.myprivatecomedy.net

                                M&O