THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

木村拓哉ソロで歌手活動開始!著名人も見たかった木村拓哉の歌う姿

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

木村拓哉のアルバム発売発表に歓喜の声続出

おはようございます、M&Oです。

今回は先日発表された木村拓哉さんのソロでの歌手活動始動、そしてアルバム発売発表について書いていきたいと思います。

木村拓哉さんが2020年1月8日にオリジナルアルバム『Go with the Flow』をリリースすることが発表されました。木村拓哉さんのファンの方々のみならず様々な人たちがこの知らせに反応し、その存在感の大きさを示しています。

M&Oもこれまで、俳優活動が順調で木村拓哉さんを目にする機会が多いのは嬉しことだけれども、やっぱり歌っている姿も見たいという記事は何度も書かせて頂いていまして、今回のソロでの歌手活動スタートの知らせに歓喜した一人なのです。

そしてさらに驚いたのが、このアルバムに楽曲提供をしているアーティストの方々の豪華さで、B'zの稲葉浩志さんや槇原敬之さん、Uruさん、小山田圭吾さん、ALEXANDROSの川上洋平さん、いきものがかりの水野良樹さん、森山直太朗さん、LOVE PSYCHEDELICOさんなど、実力はもちろん天才肌と呼ばれているアーティストの方たちが集結しています。

そして稲葉浩志さんに至っては、木村拓哉さんの思い切り歌う姿を見たいと思ったと木村拓哉さんご本人にも告げていたということで、木村拓哉さんのカリスマ性や魅力が同業者にも影響を与えていることに感動しました。

どんなアルバムになるのかはもちろんまだ未知の領域ですが、これまでの木村拓哉さんの歌ってきた楽曲を考えるとバラード系もアップテンポもさらにはダンスナンバーなど様々なジャンルの楽曲を歌い上げることができることを証明してきているわけで、否が応でも期待が高まってしまいます。ギターを弾きながら歌う曲にも期待してしまいますし、個人的にはダンスをしながら歌う姿もやはり観たいなぁという欲望もあります。

ライブなどにゲスト出演していた木村拓哉さんですが、グループ活動がなくなってからも歌手としての準備や鍛錬はきっと怠っていなかったと思うのです。これも木村拓哉さんのこれまでの活動から簡単に推測できることで、努力し続けることが当たり前に染みついている人という印象なので、いつそういう場がきてもいいようにと鍛錬を行っていたのではないかと思います。

そして『求められる』ということがやっぱりすごいと思わずにはいられません。多くのファンを持つ木村拓哉さんですが、ファンの方々はもちろん、そこまでファンではないという人たちでさえも、木村拓哉さんの歌っている姿を見たいという人は間違いなく多いと思いますし、来年木村拓哉さんが歌っている姿をテレビなどで見掛けた人はきっと妙にしっくりくる感覚を味わうのではないでしょうか。

ただここまで影響力がある人間には、どうしても批判的な意見も付きまとうでしょう。有名であればあるほど、影響力があればあるほど、称賛する人間もいれば批判する人間もいるものです。木村拓哉さんは若い時からそういった逆風にさらされ続けてきたわけなので、十分過ぎるほど免疫をお持ちだとは思いますが。

批判的な意見を言う人にこれだけは言っておきたいのですが、この年齢になり、俳優としての結果も出していて、富も名声も手に入れている人間が、さらに新しいことにチャレンジすることのすごさを考えてみてほしいなと思います。今自分が新しいことにチャレンジする気力がありますか?と問いたいです。ものすごいパワーの必要なことなのです。しかも撮影などで多忙な中で木村拓哉さんはチャレンジを続けているのです。

f:id:myprivatecomedy:20190930082358j:image

著名人にも愛される木村拓哉の礼儀正しさ

木村拓哉さんと言えば昔から撮影現場でスタッフの荷物を運んだりすることでも有名ですが、礼儀正しさも業界内で有名で最近ではサンドウィッチマンさんが木村拓哉さんにキチンとした挨拶をされたことを話していて話題になっていました。

俳優の寺島進さんもプライベートで歯医者か何かに行った時に、ビルのエレベーターに乗り込んだ時にマスクとサングラス(帽子だったかも?)をした人間と遭遇したらしいのですが、その人間が瞬時にマスクやサングラスを取って、それが木村拓哉さんで、『おはようございます!』と挨拶をしてきたことに驚いたとテレビで話していました。

ライブでバックダンサーをしていた知人の話でも対等に話をしてきてくれて、良くなるためにはとアドバイスを求めてきたりと向上心の塊のような人だったと聞きました。

結局そういうことの積み重ねが現在の仕事に繋がっているんだと木村拓哉さんを見ていると痛感します。人気と実力を兼ね備えた人がこういった気持ちを失くさないというのはどんな仕事の人間でも見習うべき部分だと思いますし、自然とリスペクトしてしまいます。木村拓哉さんほどの人がそういったことをする際には打算的なものが一切ないわけで。仕事がない人がそういった行動をするともしかしたら仕事が欲しくて気に入られたくてなどと考えることもできますが、人気絶頂の頃も礼儀正しかったということは完全に人間性として礼儀を重んじているのだと思います。現在だって仕事に困っているなんてことは微塵もないわけですし。ただスターの宿命かロケでちょっとポケットに手を入れただけでも叩かれてしまうんですけどね(笑)

www.myprivatecomedy.net

これだけ仕事があるという事は一緒に仕事をしたいと望んでいる人達が大勢いるという事に間違いないわけで、それが人間的な魅力の何よりの証明になっていると思います。

木村拓哉さんのソロアルバム、大いに期待したいと思います。

www.myprivatecomedy.net

                                M&O