THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

自転車が歩道を走る問題は車道の自転車ゾーンが狭すぎるのが原因

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

自転車が歩道を走るのは交通ルール違反なんだけれども・・・

おはようございます、M&Oです。

今回は『自転車が歩道を走る』ことについて書いていきたいと思います。

先日自転車が歩道を走ってさらにチリンチリンと鳴らすことについての記事を見て、いろいろと思う事があったので書いていきたいと思います。

以前自転車が歩道を走ることについて記事を書いた事があるのですが、その時は最近は車道に自転車マークが書いてあることが多いけれど、明らかに自転車が走れるだけのスペースがないことについて書かせて頂いていて、最後にその記事のリンクを貼っておくのでもしよかったら見て頂けたらと思います。

まず、自転車が歩道を走ることについてですが、これは交通ルールで禁止されているのならばもちろんダメな事です。ただ歩道を自転車で走っている人を見掛けない日はありませんし、歩道を自転車で走ったことで罰金などを取られたという話も聞いたことがないので交通ルールというよりかは交通マナーという認識の方が強いのだと思います。そもそも一昔前は自転車が車道を走っている方が車を運転している人から『車道を走るなよ』と思われてしまう風潮もあったので、一体いつからこういうことになっているのかは定かではありませんがきっと歩行者と自転車の事故が多かったから今のようになっていったのかなと思います。実際僕の知人からお子さんが自転車にぶつかられて怪我をしたという話も聞いた事がありますし。ただ逆にお子さんが車道を自転車で走っていてトラックと接触してしまったという話しも聞いた事があり、いろんな話を聞けば聞くほど『うーん・・・』と首をひねってしまいます。

これは以前にも記事に書いた事なのですが、自転車が歩道を走らないように現在は多くの場所で歩道のすぐ横に自転車マークが車道に記されていて『自転車はここを走ってね』というマークがあるわけですが、この車道の自転車ゾーンがいたるところで狭すぎる場合が多いのです。その自転車ゾーンを自転車で走っていると完全に車が通り抜けることができなくなる通りもあったりして、自転車の後ろで渋滞が起きているなんてこも全然あります。実際僕の近所の道路は自転車ゾーンが狭くしかもバスがバンバン通る道なので、バスが自転車を追い抜くことができず車道がかなり詰まっているなんてこともよく起きています。ただもちろん自転車に乗っている人は交通ルールに従って自転車ゾーンを走っているわけで何一つ悪くありません。僕は車を運転することは滅多にありませんが、助手席に乗っていて自転車がいて追い抜けない時は『この自転車の人は悪くないんだよなぁ』と毎回心で思ってしまいます。口に出すことも結構あるぐらいです。そしてこの狭い車道の自転車ゾーンを走っているのが高齢者だったり子供だったり、さらに重そうな荷物を積んでいたりすると、もう気が気じゃありません。いつ転倒するのかと心配になり横を通り過ぎるのに結構な覚悟が必要になります。これはかなり個人的な推測ですが、自転車が歩道を走ることによって事故が起きることが多くて『自転車の走行マナーを何とかしろ!』という声が大きくなり、とりあえず車道に自転車マークを書いて自転車ゾーンを作ろう、スペースに関してはそこまで厳しく考えなくていいっしょ!といった感じで車道の自転車ゾーンを作ったような気がしてならないのです。しかも税金を投入して。たまに歩道がかなりひろい場所だと歩道の中に歩行者と自転車のゾーンがあるのですが、これはとっても素晴らしくて何一つ問題が起きない作りだなと感じます。自転車で走っていてもストレスをまったく感じずに走ることができます。すべての場所でこういった作りにできればいいのでしょうが、それはさすがに無理だろうなと思います。歩道をどうやっても広げられない場所なんてたくさんありますし、住人に立ち退きをしてもらったりのかなり大規模な作業になってしまうでしょうし、いったいいつできるんだぐらい先のことになってしまうと思います。

そもそもの話になってしまいますが、みんながマナーとか思いやりを持っていればこんな問題って発生しなくで済むんですよね。基本的なルールがあって意識だけしていれば問題は解決されるのではと思うのです。

f:id:myprivatecomedy:20190926074135p:image

気を遣っている態度を見せてくれれば許せることも増えてくる

例えば歩道を自転車で走らざるをえないことがあった時など、『ごめんなさい~』という感じを出しながら走行していればトラブルや事故はかなり減るのではないかと思います。本来走ってはいけないとなっている場所を走るわけですから当たり前ですが・・・。そういう考えを持っていれば自転車を降りて押したりもするでしょうし、スピードもかなり緩めるのではないかと思います。スピードを出して歩道に突っ込んでくる自転車を見掛けますが、ああいう人たちは論外です。さらに歩行者に対してベルを鳴らして『どけ』的な行為をすることももちろん論外です。そもそも自分が歩道にいてごめんなさいという気持ちがあればこういった行為をするはずがないのです。

自転車に乗っている人が申し訳ない感じを出してくれるのであれば、歩行者の人も少しは温かい目で見てくれるのではないでしょうか。『この人は本当は歩道を走りたくないけど仕方なくは知っているんだな』と思うこともある気がします。軽く会釈をするだけでだいぶ違うと思うのですが・・・。

逆に『絶対ダメだ!!』ということであれば、厳しく取りしまるしかないと思うので、もう罰金などにして取り締まるべきなんじゃないかと思います。ただ車道での事故も増えそうな気がしますが・・・。

今回の自転車ゾーンの狭さもそうですが、車でも絶対に対向車が来たらどうにもならないなという狭い道路でも一方通行じゃなかったりするし、よくわからないことがなかなかに多いですよね。

ただ思いやりとかごめんなさいという気持ちがあれば、だいぶ変わってくるのではないかなぁとは本当に思います。

www.myprivatecomedy.net

                                M&O