THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

NGT荻野由佳が映画『決算!忠臣蔵』に出演のニュースに疑問

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

NGT荻野由佳がなぜこのタイミングで映画に出演するのか

おはようございます、M&Oです。

今回はNGTの荻野由佳さんが映画出演をするというニュースについて書いていきたいと思います。

映画『決算!忠臣蔵』に出演するということが発表されたようで、そのネットニュースを見掛けてさすがにスマホをいじる手が止まったので、このニュースに関して思ったことを書いていきたいと思います。

ヤフーニュースの記事で知ったのですが、皆さんご存知の通りヤフーニュースはコメントを書き込むことができるわけですが、ここに書くのも憚れるような辛辣なコメントが次から次へと表示されていました。NGT荻野由佳さんの現状としてはほんの少しでも興味のある人たちの想いがコメント欄に書かれている内容で、興味のない人はスルーしているという状況なのだと思います。ファンの方々もいらっしゃると思うので擁護するコメントも書かれていると思うのですが、ちょっと見ていた感じだと見つけることはできませんでした。

そしてこの映画『決算!忠臣蔵』ですが、主演は堤真一さん、そしてナインティナインの岡村隆史さんが務め、監督は中村義洋監督ということで、これはもう面白くないわけがないという匂いがプンプンしている映画です。

そんな映画にNGTの荻野由佳さんが出演するというのはさすがに驚きました。女優としての実力はまったくわかりませんが、何も問題となっている事件がなかったとしてもかなり異例の大抜擢ということになると思います。集客を見込んでキャスティングされたのか話題性を狙ったのか、はたまたホリプロのプッシュなのか、真実はわかりませんがこの映画に出演するというのはかなりすごいことだなぁと思います。どれぐらい出番があるのかはまったくわからない状態ですが・・・。

そしてさらに驚いたのはNGTと言えば山口真帆さんがファンと名乗る人間から暴行を受けて、そして繋がっていたメンバーがいた事件で世間を賑わせているグループで、さらに荻野由佳さんはその事件で矢面に立っているメンバーの一人で、好感度が現在底まで落ちているメンバーなのです。

ここで頭をよぎったのは、もしかしたらあの事件が起きる前に、表ざたになる前に映画『決算!忠臣蔵』は撮影を終えていたのではないかということでした。どうやら映画『決算!忠臣蔵』の撮影は2019年の1月中旬から2月中旬の1か月間だったようです。そして山口真帆さんの事件は2018年の12月に起きています。うーん・・・微妙です。この段階で映画の製作側がこんなに問題になることはないだろうと思いそのまま撮影に入り続行したのか、事件が明るみに出たタイミングではすでに撮影に入っていたのか。寸前であったとしても正直荻野由佳さんの代わりを務める女優はいくらでも見つかったと思います。撮影に入っている段階でも撮影のペースによりますが別のキャストで撮り直すことも可能だったような気もします。それでも荻野由佳さんを起用しつづけたのは果たしていろいろな意味での話題性を狙ってのことなのか・・・。

f:id:myprivatecomedy:20190914005354j:image

映画『決算!忠臣蔵』の製作側は賢い選択をしたのかもしれない

映画『決算!忠臣蔵』の公式サイトの人物相関図を見ると荻野由佳さんは載っていませんでした。余談ですがすごいキャストですね、あまりの豪華さに普通に驚いてしまいました。しかも演技上手い人ばっかりでこの映画相当面白そうです。

人物相関図には荻野由佳さんは載っていませんでしたが、ポスター的な画像ではしっかりキャストのところに名前が載っています。しかし名前が載っている画像と載っていない画像があります。もしかしたらかなりの端役なのではないかと思ってきました。だとしたら荻野由佳さんの非常に上手い使い方を製作側はしたのではないかと思うのです。現在の状況のままでは荻野由佳さんががっつり出演されている役であれば、それならば観に行かないという人もそれなりにいると思います。しかしちょい役なのであれば話は変わってきそうです。しかしちょい役であろうと今回のようにネットニュースで取り上げられればネガティブな意味合いとはいえ映画に興味を持つ人を増やすことができるわけです。僕なんかも公開間近になったり公開が始まればキャストの豪華さを知ることになっていたと思いますが、荻野由佳さんが出演するという事でどんな映画なのか検索してしまいましたし。そしてまんまと『この映画絶対おもしろいじゃん!』という思いになっています。もしかしたらこういう狙いに見事に僕はハマったのかもしれません。

冷静に考えれば、重要な役どころや大きい役をこのキャスティングの中で荻野由佳さんが演じるはずがありません。女優としての実力は未知ですが、よほどの天才女優でない限り太刀打ちすることはできないであろう豪華キャストです。それなりの役をやるには荷が重すぎるのではないかと考えるのが普通です。たぶん少しの出番なんじゃないかなと思います。しかしそんなに多くはないかもしれませんが荻野由佳さんが出演されるということで映画『決算!忠臣蔵』を知った人たちは間違いなくいるはずですので、効果は十分といった感じなのではないでしょうか。

一応書いておきますが、決して荻野由佳さんをバッシングしているわけではありません。明らかにおかしい方向に進み続けているNGT48の騒動ですが、結局何が真実なのかはいまだに闇の中ですし、確証がないところで悪者にはできません。ただタレントとしての好感度が現在まったくないということは事実で、今回はその点と女優としての実力が未知な点について書いているつもりです。よく起用したなぁと素直に思ったのと、もしかしたらこういう狙いがあったのかなという疑問、そして撮影時期と騒動の被りについて気になったのです。

結果として僕は荻野由佳さんが映画に出演するというネットニュースが気になり、映画『決算!忠臣蔵』を詳しく調べて『この映画絶対観よっ』となったので、荻野由佳さんを起用することで一人観客をゲットすることに成功しているのです。

                               M&O