THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

落ち込んだりネガティブな気分の時は無理にポジティブになる必要はない

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

ネガティブは別に悪いことではない

こんばんは、M&Oです。

今回は『ネガティブとポジティブ』について書いていきたいと思います。

これは人生で誰もが通る道だと思います。どんなにプラス思考の人間でもマイナスな感情になることはきっとあると思いますし、落ち込んだりネガティブな考えしか浮かばなくなる時は誰にでもあると思います。些細なことから人生に関してなど様々なところで『ネガティブとポジティブ』のせめぎ合いが起きているのではないかと思います。そして当たり前ですが、不肖M&Oにもそういう時はあります。基本的には楽観主義だと思うのでポジティブでいる時間の方が体感的には多いのですが、だとしても突然ネガティブになってしまうことというのはやはりあります。そしてネガティブな感情に支配されると、やる気を失ったり倦怠感に襲われたり、『どーでもーいいやー』という思いに心が支配されてします時もあります。さらに言うと『どうせ俺なんて・・・』みたいな感情になることもあります。

こういったネガティブな感情に支配される事は、世間一般では『ダメな事』『良くない事』として多くの人に認識されていると思います。本屋さんに行って自己啓発コーナーに行けばポジティブシンキングの大切さやポジティブになれる方法、常にポジティブでいられる方法などなど、ポジティブでいることがいかに大切かを書いてある本が所狭しと並んでいます。何が起きてもポジティブに考えられる思考を作る的なものもよく見かけます。確かにポジティブで常にいられるならそんな素晴らしいことはないと思います。確かにその方が人生も楽しく謳歌できるだろうと思いますし、物事がうまくいく機会も多いのではないかと思います。しかし個人的にはですが、人生をずっとポジティブでいることなんてできないと思っています。何かしらネガティブな感情になる出来事が起きてしまうと思いますし、理由もなくネガティブな感情に襲われることだってあるわけです。いくらこう考えればポジティブに考えられると本で読んだところで、そうなれない時もあるのではないかと思います。

でもどうにかしてポジティブにならなければと人は思ってしまうのです。僕自身もそうです。完全に『ポジティブは素晴らい。ネガティブは悪しきもの。』という考えが頭にインプットされているのだと思います。今までは僕はどうにかしてポジティブになろうと努力をしていた時もあって、その度に結局ネガティブなままだったり、変に疲れてしまったりといったことがあったのですが、DaiGoさんの『ポジティブとネガティブ』の話を聞いて考え方が完全に変わりまして、しかもとても納得してしまったのです。ネガティブな感情の時に無理にポジティブになろうとするほど、とてつもないストレスがかかっているという話しを聞いて、激しく共感したのです。

f:id:myprivatecomedy:20190913001733p:image

ネガティブでいいじゃないかと思った途端に気が楽になる

このDaiGoさんの言葉を聞いて本当に目から鱗が落ちたのです。ネガティブな感情の時に感じているストレスよりもポジティブになろうと頑張っている時のストレスの方が大きい、これはまさにその通りだと思ったのです。そして頑張ってポジティブになろうとしてなれなかった時のストレスもかなり計り知れないものになっているのではないかと思います。

僕はこの言葉を聞いてネガティブな時に感じるストレスがなくなったように感じています。なくなることはないと思うけど、だいぶ軽減されるようになった気がするのです。これまでは『ネガティブな自分なんてどうしようもない』『はやくポジティブになってバリバリ活動しなきゃ』なんて思いに駆られていたのですが、この言葉を知ってからはネガティブな自分を受け入れられるようになった気がするのです。そして受け入れられるようになってからはかなり気が楽になったのです。ちょっと変な話ですが、ネガティブを受け入れるとポジティブになれるんです。これはなかなか伝わりづらいかもしれませんが、体験としては本当にそうなんです。ネガティブ=ダメなモノとかネガティブな自分はどうしようもないという考えを一切捨てて、ネガティブも捨てたもんじゃないなと思うと心が楽になって、ポジティブになろうとしていないのに勝手にポジティブになれてしまっているのです。今度もしネガティブになった時があったら一度試してみてほしいです。『ネガティブだなぁ。うん。いいじゃん、ネガティブでも。』と思ってみると不思議と気が晴れてきたりするのです。昔長渕剛さんが辛いと二度泣けば三度目の朝には気が晴れると歌っていましたが、通じるものがあるように感じます。

現在僕は前向きに考えようとか、ポジティブでいようとか意識することはまったくありません。でもそうなった今の方が気分の浮き沈みがなくなったような気がします。ネガティブな感情になってやる気がなくなったりしたらもう開き直ってグデ~としています。雇われている仕事の場合はこれはまずいと思いますが、自宅などでは皆さんできることだと思います。やろうと思っていたこととかもできる限りサボってみていいと思います。グデ~としてたらきっとやりたくなってくると思いますので。

ネガティブになったら受け入れてみる行為、個人的にはおすすめですので是非試してみて欲しいです。ただくれぐれも周りの人に迷惑をかけないようにしてくださいね。八つ当たりとかダメですからね(笑)

                               M&O