THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

前園真聖はどうして面白い男へと変貌を遂げたのか タクシー事件が転機

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

日本サッカーのスーパースターだった前園真聖

おはようございます、M&Oです。

今回は元サッカー日本代表・前園真聖さんについて書いていきたいと思います。

サッカー選手時代のことも触れないわけにもいかないので触れさせて頂きますが、テーマはテレビで見せる前園真聖さんの面白さについて書いていきたいと思います。前園真聖さんはなぜこんなに面白い男へと変貌を遂げたのか。ワイドナショーで大いに笑わせてくれている前園真聖さんですが、何をきっかけにぁのキャラクターになったのか、そんなところに触れていきたいと思います。

まず前園真聖さんのサッカー現役時代は若い世代には知らない人も多いでしょう。サッカーに興味のない人などはまったく知らないといった人もきっといらっしゃると思います。声を大にして言いたいと思います。前園真聖さんは現役時代本当にすごかったのです。そしてサッカー選手としての実力ももちろんですが、端正でワイルドなルックスで女性からの人気も絶大だったのです。現在30歳以上の人はテレビCMなどに多数出演していた前園真聖さんを見掛けたことがあるのではないでしょうか。

サッカーの名門鹿児島実業で活躍しその後はJリーグの横浜フリューゲルスに入団しドリブラーとして活躍しました。海外も含め複数のクラブチームを渡り歩いた苦労人でもあります。そして日本代表にも選出されていて、特に記憶に残っているのはブラジルを倒しマイアミの奇跡と言われたアトランタオリンピックです。ブラジルを倒したことで本大会のアトランタでの激闘が有名ですが、実はオリンピック予選を突破してオリンピックへの出場を勝ち取ったことももっと評価されるべきことだと個人的には思っています。当時リアルタイムで観ていましたがまさに激闘を制して勝ち取ったオリンピック出場をいった感じでした。そしてそのチームのキャプテンを務めていたのが前園真聖さんだったのです。タックルを受けて倒されてもすぐに立ち上がる姿に感動を覚えたものです。

そんな前園真聖さんは当時髪も伸ばしていてロン毛の風貌で無精ひげを生やしてかなりもてはやされていました。マスコミに潰されたということも言われていたほど、世間からチヤホヤされ実際にサッカー選手として精細を欠いていきました。当時熱望していた海外移籍が様々な障害のせいで実現できず、そのせいでモチベーションが低下してしまった事も大きかったとは思いますが・・・。

ヴェルディに移籍をした時には結果を出さな変えればならないという短い契約でプレーしていて、前園真聖さんのその時の模様を追っていたテレビ番組があったのですが、正直プライドの高さが伺える発言が多かったのが印象に残っています。そうすることで自分を鼓舞している面ももちろんあったと思いますし、プロはそれぐらいじゃないとやっていけない世界でもあると思いますが、それでも少々愚痴が多いなと思わずにはいられない感じでした。ただ単に尖っていた時期だっただけかもしれませんが、個人的には前園真聖さんに対してそんなイメージもついていました。ただ誤解なきように書いておきますが最後まで好きなサッカー選手の一人でした。ヴェルディにいた頃は試合観戦にも行きましたし。

前園真聖さんは現役を引退後にテレビでも活躍されるようになるのですが、当初はサッカー担当で普通にコメントするという元サッカー選手という印象でした。

そんな中、泥酔して乗ったタクシーで運転手を揉めてしまい、タクシー運転手の人に暴行してしまう事件を起こしてしまいました。

しかし、この事件のあとに時を経て前園真聖さんはテレビでそれ以前以上の輝きを放ちだしたのです。

f:id:myprivatecomedy:20190908231450j:plain

前園真聖を救った松本人志のすごさ

今回のワイドナショーでもタクシー運転手の話題があり、東野幸治さんと松本人志さんにいじられていた前園真聖さんですが、まさにこういったやりとりが前園真聖さんのタレント生命を救ったと心から思います。

この前園真聖さんのタクシー関連のやり取りはかなり昔から繰り広げられていて、この事件以来前園真聖さんは猛省してお酒をまったく飲まなくなっているのですが、そのことに関しても事あるごとに松本人志さんはいじりにかかっていました。その度にスタジオは笑いに包まれていて、テレビの前の僕もいつも笑わせてもらっていました。今でもこのネタは正直大好きです。もちろんタクシー運転手の人が前園真聖さんとしっかり和解してくれたからこその現在の笑いですが、タブーとしてしまっていては今の前園真聖さんは決して生まれていなかったでしょう。松本人志さんは常々笑いにはものすごい力があると仰られていますが、前園真聖さんのケースもまさに笑いの力によって起こったことだと思います。不祥事には触れないようにするのが当たり前の風潮を無視して笑いに変えてくれた松本人志さんの功績は計り知れないと思います。前園真聖さんもめちゃくちゃ感じている部分だと思います。もう頭あがらないと言った感じかもしれません。しかし前園真聖さん自身もすごくて、しっかりと返せるんですよね。いじりに対して絶妙の返しをしてくれてそれによって大きな笑いが毎回生み出されていて、この前園真聖さんの笑いのスキルはサッカーの話題の時にも発揮されていて、いじられることで返しの力が鍛えられて、確実に前園真聖さんのお笑いレベルが上がっているのだと思います。サッカー選手出身とは思えない返しで笑わせてくれています。今となってはかなり稀有な存在になっているのではないでしょうか。ただこれは松本人志さんや東野幸治さんなど活かしてくれる人がいてこそ発揮できる力だと思います。

現役時代も輝いていましたが、どんどん輝きを増している前園真聖さんにこれからも期待していますし、大いに笑わせてほしいなと思います。

                                M&O