THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

映画『ホールドアップダウン』あらすじキャスト評価 V6出演映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『ホールドアップダウン』あらすじキャスト評価 V6出演映画【概要・キャスト】

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対おすすめ映画シリーズは『ホールドアップダウン』です。

V6のメンバーが総出演している映画『ホールドアップダウン』はメンバー全員が出演という事で話題にもなった映画ですが、アイドル映画ではありません。脚本もかなり秀逸で、またV6のメンバーは芝居も達者な人ばかりですので、楽しめる上に非常に見応えのある映画となっています。

それでは『ホールドアップダウン』の映画紹介です。

映画『ホールドアップダウン』は2005年に公開された日本映画です。

監督はSABU監督『弾丸ランナー』『ポストマンブルース』『DRIVE』『ハードラックヒーロー』などを監督しています。脚本力にも定評のある監督です。

出演は

木場正巳・・・坂本昌行

星野勇介・・・長野博

木俣兆次・・・井ノ原快彦

佐川豊・・・三宅健

平松勝・・・森田剛

沢村光一・・・岡田准一

赤井凛子・・・香椎由宇

宮崎響子・・・伊藤歩

巡査長前田・・・古田新太

警察署長・・・森本レオ

バーテンダー・・・伊武雅刀

園田清子・・・高橋ひとみ

金属バットマン・・・日村勇紀

警察官3・・・設楽統

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190906233227j:image

映画『ホールドアップダウン』あらすじ

木俣兆次(井ノ原快彦)と佐川豊(三宅健)はクリスマスイブに強盗を決行しようと考えていました。ターゲットは東京都内の山手信用金庫です。その日はクリスマスイブでした。佐川と木俣はサンタクロースのコスプレをして強盗に入り、持ったきた拳銃で脅し見事に現金を奪う事に成功しました。後は乗ってきた車に戻り逃走するだけです。

しかしそんな命がけの犯行の最中、木俣は山手信用金庫にいた一人の女性を好きになってしまいます。さらに急いで車に戻った時には、木俣と佐川の車は駐車違反によりレッカー移動をされていました。車を失った二人は仕方なく地下鉄への階段を降りていき、たまたまそこにいた弾き語りをしている沢村光一(岡田准一)から小銭を奪い駅のコンロッカーに強奪してきた現金を隠しました。沢村はヒッピーのような風貌をしている路上ミュージシャンでした。突如として沢村が声を張り上げながら佐川と木俣を追いかけてきました。慌てて逃げる二人でしたが、逃げている最中にロッカーのカギを落としてしまいます。沢村は二人を捕まえる事はできなかったものの、ロッカーのカギを拾いました。

ニュースを見て沢村は佐川と木俣が銀行強盗の犯人だと知ります。再び二人を追いかける沢村でしたが、その刹那乗用車に轢かれてしまいます。さらに沢村は轢かれた拍子に拾ったロッカーのカギを飲み込んでしまいました。沢村を轢いた乗用車を運転していたのは刑事の木場正巳(坂本昌行)と星野勇介(長野博)でした。運転していたのは星野の方です。星野は人を轢いてしまったことでテンパっています。木場はそんな星野を見て、星野を脅迫します。轢いた遺体の処分を手伝って隠ぺいする代わりに、お金を払うようにと星野に持ち掛けました。家族もいて事を大きくしたくない星野は木場の提案(脅迫?)に乗るしかありませんでした。

遺体となっていると思っていた沢村を乗せて運転を開始する星野でしたが、死んだと思っていた沢村がいきなり起き上がり星野と木場はパニックになります。星野はそのまま車に衝突してしまう事故を起こします。しかし衝突した車に乗っていたのは指名手配されている通り魔の金属バットマン(日村勇紀)でした。沢村はその隙に車から逃げ出しますが、生きていたなら問題はないと判断した星野と木場は沢村を追わず、棚から牡丹餅といった感じで金属バットマンを逮捕しました。

一台のデコトラが停車しています。デコトラにはマリア様の絵が描かれていて、そのデコトラのそばで懺悔をしている男がいました。男の名は平松勝(森田剛)、クリスチャンの男でした。そんな平松の視界に、気を失って川を流れている沢村が飛び込んできました。沢村は長髪でヒッピーのような風貌をしています。その風貌を見た平松は沢村をイエスキリストだと思い込みます。平松は沢村をとにかく病院へ連れて行こうとします。トラックの荷台に沢村を入れて病院へ向かう平松でしたが、沢村を入れたのは冷凍室で平松は沢村を凍らせてしまいました。沢村が帰らぬ人になってしまったと思った平松は自首するために警察へと向かいます。

木場と星野が金属バットマンを連れて警察署に戻ると、銀行強盗の容疑者とされるサンタクロースのコスプレをした男たちが集められていました。佐川と木俣もこの中に混じっていました。そして偶然にも木俣が信用金庫で一目ぼれした女性が佐川と木俣の取り調べを行うことになりました。赤井凛子(香椎由宇)という婦警でした。取り調べが始まりますが、凛子と木俣は共通の趣味で盛り上がります。そこへ木場と星野が入ってきます。木場たちは木俣たちが犯人であると思っていて、一度わざと釈放して尾行して証拠を掴もうと考えますが、話で盛り上がった凛子は何を思ったか木俣たちと共に逃げようとします。

そこへ平松が自首をしようとちょうど警察署を訪れます。平松の乗っていたデコトラは木俣たちの逃走のために奪われてしまいます。デコトラは沢村を乗せたまま走り出してしまいます。平松は沢村をキリストと思い込んでいるので、慌ててパトカーを奪い、自分のデコトラを追いかけました。さらにこのタイミングで金属バットマンも逃走していて、追いかけた木場は拳銃を発砲しますが、なんとその銃弾は警察署長(森本レオ)の頭を撃ち抜いてしまいます。木場は慌てて、星野と共に車に乗り込み木俣たちの運転する平松のデコトラを追いかけました。

平松が追跡の最中にひったくり犯を捕まえてくれという女性と遭遇しひったくり犯の乗っている車に車で体当たりをします。体当たりされたひったくり犯の車は木俣たちの乗るデコトラに衝突しデコトラは停車します。木俣たちは木場と星野に捕まります。衝突された弾みで沢村がデコトラから沢村が滑り出てきます。そして沢村は偶然にも平松の前に出現します。平松は凍った沢村を何とかしなくてはと温泉ついているホテルへと車を向かいました。お湯で溶かそうという作戦です。

木場と星野に奪った大金のありかを聞かれた木俣は、ロッカーに隠したものの鍵は沢村が持っていることを話します。それを聞いた木場は沢村を連れてホテルへ向かった平松を追いかけました。木場は凛子を連れて行きましたが、木俣と佐川はデコトラに手錠でつないで平松を追いかけていました。しかし佐川と木俣は手錠を外すことに成功し、佐川と木俣も平松の向かっているホテルへと急ぎました。

ホテルに到着した平松は沢村を背負ってホテルの中へと進みますが、案内され向かった先はなぜか宴会場でした。宴会場は多くの人でごった返していましたが平松は異様な雰囲気に気付きます。平松が入ったホテルはすでに閉館しているホテルだったのです。従業員やお客などいるわけがなく、中にいたのは幽霊たちだったのです。そこへ木場と星野と凛子、そして木俣と佐川もホテルの中へと入ってきてしまいます。物々しい雰囲気を持っているホテルの中で、全員の思考回路は平静を保てなくなっていきました。

平松と木場と星野と佐川と木俣は殴り合いを始めてしまいます。しかし決着はつかず全員気を失ってしまいます。平松が意識を取り戻し、クリスチャンであるだけに幽霊たちのためにお祈りの言葉を唱えました。するとホテル内にいた幽霊たちは姿を消していきました。

平松は沢村を何とかしようと展望台に運ぼうと試みますが、力尽きた平松は沢村を落としてしまいます。沢村は落下していきますがバスの上に落下します。バスは幽霊たちを乗せているバスでした・・・。

やがて凍った状態から目を覚ました沢村は急激な腹痛に襲われます。用を足した沢村はロッカーのカギを発見しました。沢村はロッカーへと向かいカギを差し込んでロッカーを開けたのでした。

 

その後、木場は金属バットマンに追いかけまわされ、星野は家族と共に平和な時間を過ごしていて、木俣と凛子はなんと挙式を挙げていました。佐川は結ばれた二人を幸せそうに見ていました。平松はひったくりを捕まえてと頼んできた女性と再会し関係を育もうとしていました。

沢村は再び路上で歌っていました。沢村が歌いながら座っているバッグの中には大金が入っているのでした。

映画『ホールドアップダウン』感想・評価

さすがSABU監督といった脚本で、V6のメンバーが見事に絡みあいながらストーリーが展開されていきます。疾走感も溢れる展開であっという間に観終わってしまうといった感じの映画です。つまり文句なく面白いです。

そしてV6のメンバーが皆さん非常に魅力的で、それぞれキャラクターも立っていて重しくて大いに笑わせてもくれます。坂本昌行さんと森田剛さんが特に個人的には好きです。大真面目に演じてくれているからこそ面白いんですよね(笑)そして岡田准一さんですが、ほぼ凍ったままです(笑)こういった部分もシュールで面白くて、でもストーリー的には非常に大切な役どころですからね。

とっても楽しめる映画だし最後は心もなんだかあったかくなる映画です。観たことない人はぜひ一度見て欲しい映画です。

おすすめ映画です。ぜひ。

映画『ホールドアップダウン』

カギを握るのは誰だ!?

 

SABU監督の映画はこちらもおすすめ。

www.myprivatecomedy.net

                             M&O