THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

大谷亮平のプロフィール・経歴と『ノーサイドゲーム』での魅力

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

俳優・大谷亮平の経歴 韓国での活動から日本での活動へ

こんばんは、M&Oです。

今回は俳優として活躍している大谷亮平さんについて書いていきたいと思います。

ドラマ『ノーサイドゲーム』で魅力的な演技を披露してくれている大谷亮平さん。

まずは大谷亮平さんの経歴から触れていきたいと思います。

大谷亮平さんは1980年の10月1日生まれ。身長は180cm。

大谷亮平さんの出身は大阪府吹田市です。大学進学を機に上京しアルバイト先の先輩に勧められ芸能活動を開始したとのこと。ご自身で野心を持って芸能活動をスタートしたというわけではないようですね。進められるということはやはりアルバイト先でも目立つ存在だったという事でしょう。

韓国で俳優活動をしていたことで有名な大谷亮平さんですが、日本での芸能活動中に韓国のダンキンドーナツのCMに出演したことがきっかけで、韓国の芸能事務所から誘いを受けて韓国での活動をスタートしたそうです。当時韓国語をまったく話せなかったそうで、韓国に渡り大学に一年間通って韓国語をマスターしたそうなので、かなり努力をされたのだと思います。韓国での現代自動車やSKテレコムなどのCM出演を経て、韓国のドラマ界にも進出します。順調にキャリアを重ねヒット作にも出演し2014年にはグローバル俳優賞を受賞しています。韓国語がまったく話せなったことを考えると凄まじい事ですね。間違いなくかなりの努力家なのだと思います。

そして釜山国際映画祭で日本の大手芸能事務所アミューズのスタッフと出会い、アミューズと契約し日本での活動をスタートします。逆輸入俳優として脚光を浴びます。ディーンフジオカさんと同じ経歴になりますね。そしてディーンフジオカさんもアミューズ所属という事で、お2人とも日本でも売れているわけですが、やっぱりアミューズすごいなぁといった感じです。

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で脚光を浴びた大谷亮平

日本での俳優活動をスタートした大谷亮平さんですが、僕が初めて大谷亮平さんを知ったのは2016年のTBSの新垣結衣さんと星野源さん主演の大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に出演しているのを観た時でした。この時は正直『誰だこの人??』という印象で、はっきり言って演技も微妙だなぁと思ったのが最初の印象でした。この『逃げるは恥だが役に立つ』は間に入る車のCMでドラマの出演者が役柄のままのような感じで出演していたのですが、カメラが相手役の目線になっていてカメラに向かって話しかけるような作りになっていたのですが、この時の大谷亮平さんの演技がかなりぎこちなくて、この時は経歴などもまったく知らなかったですし、見た目の年齢的にも新人という感じでもなかったので、『ずっとモデルをやってきていた人が俳優に転身したのかしら』ぐらいに思っていました。そしてめちゃくちゃ流行った『逃げるは恥だが役に立つ』のエンディングに流れていた恋ダンスですが、恋ダンスの時の大谷亮平さんのぎこちなさが半端じゃなくてですね(笑)確実にダンス苦手だろうという印象を受けました。僕自身がダンス苦手だったので通じるものを感じてしまったのです(笑)振りも完璧に入っていなかったんじゃないかという感じで、オンエアしていいのか?と思ってしまったほどでした。しかしなんだかこの恋ダンスのシーンで僕は逆に好感を持ったのでした。

その後もドラマにゲスト出演をしたりNHKの連続ドラマ小説『まんぷく』が話題になったり、レギュラー出演も重ね着実に日本でのキャリアを積んでいった印象です。映画では個人的には『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』が好きです。

www.myprivatecomedy.net

この頃には大谷亮平さんの演技に対してネガティブな印象はなくなっていました。ただそこまで魅力的な俳優かなと思う部分はあって、特に好きな俳優というわけではありませんでした。

しかしドラマ『ノーサイドゲーム』で僕の大谷亮平さんのイメージは一新されることになります。

f:id:myprivatecomedy:20190902104604j:image

TBSドラマ『ノーサイドゲーム』での大谷亮平がとにかく素晴らしい

大人気となっているドラマ『ノーサイドゲーム』で主演の大泉洋さん演じる君嶋がGMを務めるラグビーチーム・アストロズを率いる監督・柴門琢磨を演じている大谷亮平さん。最初は正直主演が大泉洋さんだし同じアミューズ所属だからその関係で出演したのかなとネガティブな目で見てしまっていたのですが、いざドラマがスタートし大谷亮平さん演じる柴門琢磨が登場すると、完全にハマっていて魅力的でいい意味でかなり驚かされました。一気に僕の中で大谷亮平さんが好きな俳優の仲間入りを果たしてしまいました。こういう男くさい役柄がこんなにハマるとは・・・といった感じで、あくまでドラマを観ていての印象ですが、ご本人もすごくやりやすそうに演じてらっしゃる印象を受けます。そしてアストロズの開幕戦のメンバーを発表する時の演技が特に素晴らしくて大谷亮平さんの演技に僕は泣かされてしまいました。それ以外も毎回素晴らしい演技を見せてくれていて何度も感動させてくれています。

ドラマ『ノーサイドゲーム』もまだまだ楽しみですし、これからの大谷亮平さんの出演作を要チェックしていきたいと思っています。しかし大谷亮平さんの監督・柴門琢磨本当にいいんですよね~。記者会見のシーンも良かったなぁ。

                               M&O