THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

熱い俳優の代表『市原隼人』の魅力と出演映画やドラマ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

個性派俳優・市原隼人の魅力

こんばんは、M&Oです。

今回は俳優として活躍している市原隼人さんについて書いていきたいと思います。

たぶん市原隼人さんを知らないという人はなかなかお目にかかれないのではと思うほど、昔から活躍されている俳優です。

小学校で大手事務所スターダストプロモーションにスカウトされ、かなり早い段階から芸能活動をスタートしている市原隼人さん。

十代の頃は特に端正で愛くるしいルックスで多くの女性ファンを獲得していた印象です。そしてもちろんM&Oの世代なら誰もが知っている俳優で、後ほど出演作にも触れさせて頂きますが、話題のドラマにも数多く出演されていました。

年齢と共に演技の傾向や役柄も変わってきた印象で、近年では男らしい役柄が非常に多いなという印象です。

一時期は若気の至りからかプライベートが取りざたされてしまったこともありましたが、素の市原隼人として出演するトーク番組などではまっすぐな好青年という印象を強く受けます。お会いしたことは一度もありませんが悪いうわさなどはまったく聞いた事がありません。

かなり前になってしまいますが、ダウンタウンなう・本音でハシゴ酒に出演されていましてその時の市原隼人さんはもう本当に面白すぎて、ダウンタウンのお2人も坂上忍さんも山崎アナウンサーもかなり爆笑していました。面白いのが市原隼人さん的には笑えるエピソードとして話していないのに、そのまっすぐさと突き詰めるストイックな性格が周囲の目にはやりすぎに見えてしまい、大真面目に話す市原隼人さんが皆さんツボだったようでした。僕ももちろん大いに笑わせて頂きまして、この回のダウンタウンなう・本音でハシゴ酒は録画を何回観たかわかりません。喧嘩の仲裁に入って警察も来ているのに『この喧嘩僕に預けてもらっていいですか?』と警察に言って喧嘩している見ず知らずの人達を蕎麦屋に連れて行って話し合いをしたり、朝ごはんのために4時に起きて築地まで買い物に行って魚を捌いてなめろうを作ったり、後片付けは食器の洗い物どころかコンロをすべて分解してネジまで洗うと話していました。役作りに関しても話していたのですが、終始笑いの絶えない回となっていたのですが、そんな市原隼人さんの普段の様子を聞いて、ものすごく市原隼人さんの人間性が演技に現れているなぁと強く思いました。もちろんいい意味でです。

メイクさんに迷惑がかからないようにどんなに暑い現場でも汗をかかないように水分を摂らないようにしているとも話していて、これはもう普通にリスペクトしてしまいました。僕は俳優やっていた時ガブガブ飲んでいましたから(笑)僕は謎に顔に汗をかかないので大丈夫ということもありましたが、確かに女優さんでそういう人はいらっしゃいましたが、男優ではあんまり聞いた事がなかったので、『ストイックだなぁ』としみじみ思ってしまいました。そして近年は市原隼人さんの演技にもそのストイックさが現れている気がしてならないのです。他人に迷惑をかけてはいけないと常に思っていると仰られていましたが、過去の経験をしっかり活かしているのだと思います。

それでは俳優・市原隼人さんの出演作に触れていきたいと思います。

f:id:myprivatecomedy:20190829222725j:image

市原隼人の出演映画とドラマ

市原隼人さんはかなりキャリアの長い俳優で出演作も相当ある人なので、今回は個人的に印象に残っている市原隼人さんのドラマや映画について少しコメントしながら書いていきたいと思います。

まず挙げなければいけないのは映画『リリイシュシュのすべて』ではないではないでしょうか。岩井俊二監督のこの映画でどう考えても難しい役柄を体当たりで演じていました。透明感のある雰囲気と役柄が非常にマッチしていた印象です。

そしてこの作品でファンになったであろう人も多いかと思われます。ドラマ『WATER BOYS2』では見事に主演を演じました。やはりこの時もキラキラした雰囲気を存分に発揮していて市原隼人さんを可愛いと感じた人も多かったのではないでしょうか。

演技の実力を評価され人気も得ていた市原隼人さんは映画のフィールドへとシフトしていった感じでしたが、テレビドラマ『ROOKIES』でまたしても類まれな存在感を発揮し、人気実力を兼ね備えた共演者の中でもしっかりと輝きを放ちました。ドラマもヒットし『ROOKIES』はスペシャルドラマを経て映画化もされる人気作品となりました。

以降もドラマと映画の両方で活躍し、俳優としてのキャリアを積み上げていき舞台にも活躍の場を広げていきます。

個人的には映画『陰陽師Ⅱ』の初々しい感じも好きでしたし、マイナーかもしれませんが映画『チェケラッチョ!!』も好きです。どちらも映画館で観ていますし。

ドラマでは単発ドラマですが『君に捧げるエンブレム』もすごく良かったです。『カラマーゾフの兄弟』も熱演が光っていました。

そして大ヒットドラマ『リバース』もとっても良かったです。強がっている役が非常にハマっていました。このドラマは何回観たかわからないです。個人的に藤原竜也さんと市原隼人さんが共演してくれたのが嬉しかったです。

映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』も好きだったなぁ。そして役作りにハイエナの動画を観まくったという映画『無限の住人』もかなり役に入りきっていてすごかったです。『無限の住人』の映画レビューです。

www.myprivatecomedy.net

挙げだしたら止まらないしどんどん出てきてしまいます。やはり市原隼人さんはキャリアも長いしそれだけ話題作に出演しているということなのでしょう。

これからも市原隼人さんは唯一無二の俳優として活躍されることと思います。

                             M&O